フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月28日 (金)

早くも秋の装い

     ―亀さんちの室内装飾―

台風15、16号が去ってから、関東地方は、最高気温が25℃以下の日が連続し、10月中下旬の気候になっています。先日までの猛暑が嘘のようです。

そのせいか、亀さんちの室内装飾も、いつの間にか、夏の装飾から“お月見”の装飾に変わっていました。

今年の中秋の名月(旧暦の8月15日)は、9月27日ですから、少し早いような気もしますが、天候を考えると、おかしくはないような気もします。

15082801p105081915082802p1050818まず、玄関では、“お月見”と題する伊予一刀彫の南雲人形と兎の餅つきの手拭い額が迎えてくれます。

15082803p1050815間の出窓には、陶製人形「九谷焼のお月見兎」が飾られています。この人形は、金沢の陶芸家吉岡一美さんの作品です。

15082804p1050806_215082805p1050814その両脇には、奥さんが作った縮緬細工の兎が飾ってあります。

15082806p1050824また、和室の和箪笥の上にも、縮緬細工のお月見兎が飾られています。

15082807p1050828そして、床の間には、奥さんの刺繍の先生の秋の野原の刺繍画が飾られています。

まだ、秋の装飾のすべてが飾られているわけではありませんが、秋の深まりに合わせて、亀さんちの室内も秋一色になっていくでしょう。(記入者:亀さん)

2015年8月22日 (土)

手打そば「長谷川」

  ―蕎麦屋めぐり7・天つゆと蕎麦つゆ―

虎ノ門・西新橋界隈の蕎麦屋めぐりもそろそろ終盤を迎えてきた。

15081901dsc_0031この日は、手打そば「長谷川」にしました。

店の名前と暖簾は、いかにも、“手打そば”屋さんらしいのですが、店員さんのユニホームが蕎麦屋さんらしくないと感じたので、行かなかったのですが、そんな先入観で決めるのは変だと思ったので、一度入ることにしました。

天せいろを食べようと思ったのですが、店頭の看板では、穴子天となっていたので、“残念!えび天なら良いのに…”と思って、店内に入りました。

すると、メニューでは、えび天と穴子天の2種類あることが分かったので、えび天せいろにしました。

15081902dsc_0031出てきたえび天せいろを見て、亀さんは感激しました。

天せいろのつゆが、蕎麦つゆと天つゆの2種類があり、天ぷら用の塩まで付いているのです。

天せいろのつゆには、①蕎麦つゆだけ、②天つゆだけ、③天つゆと蕎麦つゆの2種類の店があり、長谷川のように、2種類のつゆを出す店は、少なくなりました。

やはり、蕎麦つゆを付けた天ぷらは、美味くないですし、天つゆを付けた蕎麦は美味くありませんよね。(記入者:亀さん)

2015年8月14日 (金)

3組の子供夫婦と孫5人のお盆

       ―お盆の帰省―

150813011p1050790お盆の頃になると、色々な人から、「お盆には、広島に帰省するんですか?」と質問されます。

しかし、亀さんは広島出身ですが、父母が亡くなってからは、広島に帰省することはありません。

むしろ、埼玉の亀さんちが、3人の子供一家の帰省先となっているので、家を離れることができません。

今年も大阪から娘一家が例年通り帰省してきており、14日には、県内に住んでいる長男一家と次男一家もやって来て、子供3人、その配偶者3人、そして孫5人の賑やかな夕食となりそうです。

なお、冒頭の写真と下の写真は、亀さんの奥さんが小学生の孫にさっそく買い与えたラキューで作ったヘリコプター、レーダー付き偵察機、レーシングカー、ジープです。(記入者:亀さん)

(参考)ラキューのHP:http://www.laq.co.jp/150813022p1050794


150813033p1050795


150813044p1050798


2015年8月 9日 (日)

子供のバス料金が変?

―川崎などではIC運賃よりも現金運賃が安い!―

15080801dsc_0040先日、川崎市で小田急バスに乗りました。

15080802dsc_0038よく見ると、乗り口の縁に、バス料金が書いてありましたが、小児料金が変です。

消費税が引き上げ以来、PASUMOなどIC運賃の方が現金運賃よりも安いのが一般的です。

ところが、表示では、小児はPASUMOなどIC運賃(103円)よりも現金運賃が50円と安いのです。

150808043dsc_0033ところが、バス乗り場の案内看板の料金表は上の通りで、小児の現金運賃は110円、IC運賃は103円と書いてあります。

そこで、バスの運転手さんに尋ねてみました。“子供の運賃は、IC運賃よりも現金の方が安いんですか?”と。

その運転手さんは、“川崎や横浜では、夏休みやゴールデンウィークなどには、子供のバス料金が50円のワンコインになるんですよ。”と答えられ、小田急だけでなく、市営バスなど他のバスも、そういう制度を採用していること説明して下さいました(注)。

150808054dsc_0037因みに、料金箱には、「こども運賃 現金 50円」とはっきり書いてありました。(記入者:亀さん)

(注)小学校の休日に小児運賃が割引になるバス:http://homepage1.nifty.com/egota_dp/train/bus_shoni_waribiki.htm

2015年8月 4日 (火)

手打ちそばの「友庵」(蕎麦屋めぐり・6)

    ―産地を明示、和風な佇まい

15080200dsc_0025蕎麦屋めぐりをしていると、手打ちそば屋さんの案内看板が歩道に出してありました。

「本日の蕎麦」が“産地・北海道深川市多度志、品種・キタワセ”であることを明示しており、“美味い蕎麦”であることを期待させます。

15080201dsc_0026路地を入ると、慎ましやかな外装の、いかにも”蕎麦屋さん”といった佇まいの「友庵」がありました。

15080207dsc_0028お品書を見ると、色々と趣向を凝らした蕎麦がありました。

15080203dsc_003615080204dsc_003515080205dsc_0034亀さんは親子つけ汁そばを、一緒に行った人たちは、それぞれ、おろしそば、大もりを食べました。(注)

15080206dsc_0032大もりは、見た目には、山盛りで食べきれないように見えますが、友庵のざるは上のように凸型ですから、大丈夫でした。

(参考)にも書かれているように、友庵の店主は、白金の利庵で修業された後に新丸ビル内のそば屋の料理長を経て独立されただけあって、こだわりのある手打ちそばを美味しく食べました。(記入者:亀さん)

(注)親子つけ汁そば、おろしそばは普通もりです。

(参考)友庵:http://sobaweb.com/report/tokyo/post_171.htmlhttp://blog.goo.ne.jp/toshiharu2214/e/9271e34da3813a27c3925a046acbfccahttp://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13122453/

2015年8月 2日 (日)

亀さんちの夏の装い

      ―花火と金魚など―

梅雨が明けて、35℃以上の猛暑日が連続して、クーラーのかけっ放しです。

気温が下がった日もありましたが、湿度の高い真夏日(30℃以上)で、熱中症対策のため、小まめに水分の補充が欠かせません。

亀さんの家の中の装飾も、“涼しさ”を感じさせるものに変わっています。

15080101p105076615080102p1050773まず、玄関では、「花火」と題する伊予一刀彫の南雲人形と花火の手拭い額が客を迎えます。

15080107p105078015080109p105078315080108p1050782_2リビングの出窓には、ちりめん細工の金魚や金魚の吊るし飾りなどが飾られています。

15080110p1050784リビングの壁には、アンリ・マティスの金魚のアートポスターが飾られています。

15080105p105077815080106p1050786和室にも、ちりめん細工の金魚や金魚の図柄の陶器を書いた絵が飾られています。

15080103p1050774さらに、二階の上がる階段のところには、朝顔のつるし飾りが飾られています。

15080111p1050788


トイレの中にも、金魚の刺繍が飾られています。
(記入者:亀さん)

2015年8月 1日 (土)

同じ大坂屋砂場?(蕎麦屋めぐり・5)

    ―美味い桜えび天せいろ―

15073101dsc_00297月7日のブログで、虎ノ門大坂屋砂場本店(→ココをクリック!)を紹介しましたが、同じ大坂屋砂場が西新橋にもあります。

そこで、その砂場にも行ってみることにしました。

150731022dsc_0030店頭の看板には、「名代大坂屋砂場」と書いてあり、店内には「砂場虎ノ門店」と書いた掲示がしてあるので、混乱します。

所在地から言えば、西新橋1丁目ですし、「砂場 虎ノ門店」で検索すると「虎ノ門大坂屋砂場本店」が表示され、「砂場 西新橋店」で検索するとここの砂場が出てきますが、「虎ノ門大坂屋砂場本店」も混在しています。

“紛らわしいなあ!”と思って調べてみると、経営者が同じようです。そのせいか、メニューも値段も両店とも同じでした。

15073103dsc_0026虎ノ門大坂屋砂場本店では白海老天せいろ(1650円)で昼食としては少々高かったので、今回は桜えび天せいろ(1300円)にしました。

蕎麦は喉越しがあっさりとしたコシがあり、また、桜えびの天種は大きく丸く、サクサクに揚げられており、とても美味しかったですよ。(記入者:亀さん)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »