フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カープと原爆 | トップページ | 竹泉・三色もり »

2015年7月11日 (土)

鴨そば・塚田農場

          ―蕎麦屋めぐり・2

15070801p1050745蕎麦屋めぐりの第2回は、“鴨そば・塚田農場”です。

職場の人が“鴨せいろが美味しい店がありますよ!”と言われるので、行ってみました。

15070804p1050741その店は、山形の最上鴨を売りにしている店で、蕎麦だけでなく、鴨カレーライスも人気のようでした(写真をクリックすると、メニューが分かりますよ!)

15070802p105073915070803p1050740職場の人は、一番人気の“やき鴨せいろ”を注文しましたが、亀さんは、蕎麦の上に酢橘のようなものが乗った、“平兵衛酢/鴨付”を注文しました。

“平兵衛酢/鴨付”は、コクのある蕎麦の味に柑橘系の酸っぱさが混じって大変美味しく、また、鴨の燻製も美味でした。

ところで、山形の最上鴨が売りなので、亀さんは、てっきり、この店が山形県の店だと思い込んだのですが、“平兵衛酢”は宮崎県の特産というので、調べてみると、塚田農場は、亀さんの第二の故郷・宮崎県に関係のある店であることが分かりました。

ひょっとすると、最初は、宮崎地鶏を使っていたかも…。(記入者:亀さん)

追記:店内の掲示では、最上鴨の増産体制の整備のため、今週から、最上鴨の生産を休止したため、9月の初めまで、青森県産の鴨を使用するようです。

(参考)塚田農場:http://www.apcompany.jp/shop/http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13166361/

15070805p1050738

« カープと原爆 | トップページ | 竹泉・三色もり »

コメント

それにしても酢橘の数がすごいですね。

お蕎麦と鴨の組合せは私も大好きです。

(また、食べ物に釣られました。)

上から3番目の写真の

「付け汁」の中に浮かんでいるのは

太いおネギですか?

> トノ さんへ
平兵衛酢は、酢橘の仲間ですが、酢橘よりも大きく、カボスよりも酸っぱい気がしました。
それがスライスして、冷たいかけそばに乗っていました。
ところで、つけ汁の中に入っているのは、ねぎの太くて白い部分を焼いた焼きねぎです。

平兵衛酢
おそばnoodleの商品名かと思っていました。
衝撃的な写真!! 味が想像できない・・・coldsweats02
夏の酢みかんと言うのですね。
初めて知りました。ライムやシークワーサー
みたい・・・・
平兵衛酢うどんでも美味しそうですね。
ゼリーもいいかなsmile

>RIKU さんへ
おそばの商品名になっていますが、柑橘類の名称です。
亀さんは、この平兵衛酢を4、5切れ食べましたが、全部食べる人もいるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/61859827

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨そば・塚田農場:

« カープと原爆 | トップページ | 竹泉・三色もり »