フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この木何の木?というより・・・ | トップページ | 帰省 »

2014年8月17日 (日)

この木何の木?というより・・・(続き)

ではもう少し近づいてみます。

Dscn0989

向こうにいる鹿はこちらが「鹿せんべい」などを持っていないことは先刻承知なので知らんぷりです。

さて、答えはこの木の裏側にあります。それがこちらです。

Dscn0987

何と!幹に開いた<うろ穴>が「ほうき入れ」になっているではありませんか!!毎日出し入れするとハチなどが巣を作らないということもあるし、目立たないから「環境にマッチするアイデア」でもあります。

近鉄奈良駅からの公園入り口にあたる「登大路園地」での珍百景は「フン フン フフン」のショットです。

(記入者:野次馬)

« この木何の木?というより・・・ | トップページ | 帰省 »

コメント

「何に利用されているか」という問を、「原料として利用する」と受け止めていたので、箒入れなどは頭をかすめもしませんでしたよ。
いい使い方ですね。

亀さんへ 
紹介したかったのは「開いた穴の使い方」だったのですが、説明不足でしたか。紹介手順として「クイズ仕立て」にしましたが最近のニュースでも突然大木が倒れてけがをしたとか車に当たったなんてこともあります。この木もこれほどの大穴が開いていますから「要注意」かもしれません。鹿に当たって「シカたない」じゃすみませんからねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/60167284

この記事へのトラックバック一覧です: この木何の木?というより・・・(続き):

« この木何の木?というより・・・ | トップページ | 帰省 »