フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 灯台下暗しというけれど・・・。 | トップページ | 亀さんちの七夕飾り »

2014年7月 2日 (水)

7月2日は半夏生!

    ―半夏生の花が咲き、タコを食う!―

月2日は、雑節(72候)の一つ「半夏生」です。

この日は、夏至から数えて11日目で、梅雨も後半となります。旧暦時代は、この日までに農家が田植えを済ます節目となった日のようです。

14070202dsc_0023_2また、この日には、タコを食べる風習があるようで、亀さんちも食卓にタコのてんぷらが出てきました。これは、農作物がタコの吸盤のように大地にはいつき、しっかり根付くようにという願いと、これから夏に向けて体力・精力を付けるという意味のようです。

14070201dsc_0044ところで、亀さんがカワセミ撮影に行く、近所の公園では、この季節に、ドクダミ科のハンゲショウの花が咲きます。

この草は、半夏生の時季に咲き、穂状の花が咲く頃だけに、花に近い葉っぱが白くなるので、「半夏生」と「半化粧」の連想から、こう名付けられようです。(このことから、片白草とも言われます。)

このように葉っぱが白くなるのは、授粉を媒介してくれる、虫をおびき寄せるための自然の摂理で、葉の表面だけ白くなるのです。

不思議ですね。(記入者:亀さん)

« 灯台下暗しというけれど・・・。 | トップページ | 亀さんちの七夕飾り »

コメント

「半化粧」は化粧の途中と教わった。でも山歩きではおばさんたちに、「説明できない状態?」と言葉を濁す。名前を絶対忘れないからね・・・・と猛反撃を受ける。

>GORO爺さんへ
面白い花ですね。
珍しい草のようですが、亀さんが行く公園では、愛好家が大切に保護しており、たくさん繁茂していますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/59899717

この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日は半夏生!:

« 灯台下暗しというけれど・・・。 | トップページ | 亀さんちの七夕飾り »