フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

今日は4月下旬の天気!

  ―明日・あさっては冬に逆戻り!―140228011p1030040

今月の14、15日の大雪は、25センチを超える積雪でした(注)が、日陰になっているところでは、その雪は2週間経った今朝もわずかに残っていました。

ところが、今日は4月下旬の天気で、最高気温が東京の都心では19度、さいたま市では18度でした。

お昼はコート無しでも暖かい1日でした。140228022p1030042

夕方、帰宅してみると、朝残っていた雪は、全部消えていました。

ただ、天気予報は、“明日から、天気が冬に逆戻りし、雨か雪が降る”と言っています。

もう寒いのは勘弁して欲しいですね。(記入者:亀さん)

(注)「昨日の大雪で庭木が被害!」(2014.02.15):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-154a.html、「ノンスリップスパイクで雪対策!」(2014.02.15):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-f331.html

2014年2月25日 (火)

確定申告、完了!

―今年も還付はなく、追加の納税が必要!―

25日、亀さんは、“納税の義務を果たすため”に、確定申告に行ってまいりました。140225011p1030014 140225032p1030015

亀さんの住む市の確定申告会場は、市内のSKIPシティーの多目的ホールでした(注)140225033p1030026140225055p1030020_3 140225044p1030019  

建物内に入り、総合案内に行ってみると、「ただいまの待ち時間はおおむね時間です」と書いてあり、その奥には、たくさんの人が椅子に座って待っておられました

この人たちは、ホールにあるパソコンを使って申告書を作る人のようですが、亀さんは、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して、申告書を作成しているので、椅子に座って待つ必要はありません。140225066p1030018_2

ふと見ると、完成済提出コーナー入口」という旗が立っていたので、そこに入っていくと…140225077p1030021

そこは、確定申告書の提出場所で、税務署の人が確定申告書を受け付けておられました。

列には10人くらい並んでいましたが、わずか10分くらいで受付け完了でした。

結果は、3年連続で、還付される税金はなく、源泉徴収不足で、追加で税金を払うことになりました(注2)

税金の還付もないのに、確定申告するのは、冒頭に書いたように、“納税の義務を果たすため”なんですよ。

本当は少しくらい還ってきて欲しいんですがね…。(記入者:亀さん)

(注1)SKIPシティーは、中小企業の振興と次世代映像産業の導入・集積並びに国際競争力を備えた人材育成を目指してつくられたものです。(https://www.skipcity.jp/

(注2)亀さんの場合、4年前までは、C型肝炎の治療で高額の医療費を支払っていたため、医療費控除による税金の還付を受けていましたが、4年前に勤務場所が複数になったので、源泉徴収額が不足となり、医療費控除があっても追加の税金を払うようになりました。

2014年2月23日 (日)

2月22日のカワセミ(2)

   ―サボることを覚えたのかな?―

この日、“カワセミがサボっている”と感じることが何度もありました。140222233dsc_0480

カワセミは、魚を捕ると、水面から止まり木まで上昇して食べるのが普通です。14022236dsc_0223

しかし、この日のカワセミは、そこまで上昇しないで、水面の近くの白いパイプ(注)で、食べることが多かったのです。1402220821dsc_0242 1402220922dsc_0243 1402221023dsc_0245 1402221124dsc_0246 1402221225dsc_0247 1402221326dsc_0250

その模様は何度も撮りましたが、その中で、比較的にきれいに撮れたものを載せておきます。1402222441dsc_0529_21402222542dsc_05301402222643dsc_05311402222744dsc_05321402222845dsc_0533

向こう向きですが、はっきり撮れたものも載せておきます。

5年以上カワセミ撮影しますが、こんなに手抜きをするカワセミは、初めてです。

(記入者:亀さん)

(注)夏になると、池の水質保全のため、この白いパイプに囲まれた枠内に、ホテイアオイが池に入れられます。

2014年2月22日 (土)

2月22日のカワセミ(1)

    ―2週間ぶりのカワセミ撮影―140222321dsc_0029 140222332dsc_0285

2週続けての大雪のため、ここ2週間、カワセミ撮影に行っていませんでしたが、22日は好天だったので、オリンピック観戦で寝不足でしたが、11時過ぎに近くの公園に出かけました。

行ってみると、カワセミ仲間は1人しか来られておらず、カワセミの出が悪いのかと思ったのですが、カワセミの出はすこぶる良く、カワセミ仲間も昼からはたくさん来られました。

結局、カワセミは、亀さんが16時に帰るまでの間(5時間)、約4時間公園内にいて、亀さんたちを楽しませてくれました。

また、亀さんたちも、概して、いい写真を撮れました。

この日の亀さんのベストショットを載せておきます。1402220111dsc_0154 1402220212dsc_0155 1402220313dsc_0156 1402220414dsc_0157

途中の5枚がピンボケになるのですが、何故か、ムクゲの木に止まるところはピントが合っていました。1402220515dsc_0162 1402220616dsc_0163 1402220717dsc_0164

次回以降には、まずまずの写真を載せたいと思いますので、ご期待ください。(記入者:亀さん)

グリーンジャンボとBIG

    ―買わなきゃ、当たらないが…―140221011dsc_0022

現在、高額当選金額のグリーンジャンボ宝くじとtotoBIGが販売されています。

ジャンボ宝くじとtotoBIGが高額当選金額を争っており、前者は前後賞を合わせて5億円、後者は通常は最高6億円ですが、キャリーオーバー発生時には最高10億円になります。

今回は、その高額なグリーンジャンボとtotoBIGがほぼ同じ時期に販売されているのです(グリーンジャンボは2月14日~3月7日、totoBIGは2月15日~3月1日)140221022dsc_0019_2

さて、宝くじとtotoとは、その運営主体が異なるので、通常、その売り場が異なっています。

しかし、昨日、東京の八重洲地下街を歩いていて、宝くじとtotoの両方を売っている便利な売り場を見つけました。140221033p1030011 14022104bigp1030012

そこで、宝くじやtotoBIGは、“買わなきゃ、当たらない”ので、亀さんは、グリーンジャンボを30枚、totoBIGを10口、購入しました。

とはいえ、買っても当たらないんですよね…。(記入者:亀さん)

追記:totoBIGの対象試合の甲府VS鹿島の試合は、先日の大雪の被害のため、中止になったので、totoBIGは残りの13試合の結果で当選を決めることになりました。

だから、当る確率が増えることになり、当選金額は下がるんでしょうね。

2014年2月18日 (火)

河津桜は3分咲き!

    ―大手濠・平川濠付近―140217031p1020993

ここのところ、大雪が降り、“春未だき”という感があります。

しかし、ブログ友達のubazakuraさんが、浜松の「ちょっぴり春」(注)として、河津桜の開花を伝えてくれました。

そこで、亀さんも、昨日の昼休み、皇居の大手濠・平川濠付近のM紅本社の河津桜の開花状況を見に行きました。140217011p1020976 140217022p1020977

途中、道路の残雪の状況を見ると、陽の当る大幹線道路の車道は雪がありませんが、日陰の路地の雪は融けていませんでした。140217042p1020984

河津桜は、3分咲きといったところでした。140217053p1020987 140217064p1020992

河津桜は、白い大島桜と紅い寒緋桜が自然交配して出来た園芸種ですが、花の形は大島桜、花の色は中間のピンク色です。

その河津桜がきれいに咲いていました。

雪が降って寒い日が続くのですが、春はそこまでやって来ているんですね。(記入者:亀さん)

付記:今、M紅本社のあるところは、江戸時代、一橋徳川家の屋敷があったところで、「一橋徳川家屋敷跡」の石碑が建っています。14021707p1020980

(注)「ちょっぴり春」(2014.02.16):http://ubazakura47.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-5538.html

2014年2月17日 (月)

バレンタイン・チョコ、3個追加

   ―義理チョコだけど、嬉しい!―140215113p1030008

16日付のブログで「チョコレートなど6個!」(注)で、奥さんたちから貰ったバレンタイン・チョコを報告しました。

その際、ブログの最後に、“亀さんにバレンタインチョコを贈ろうと思いながら、贈りそびれた方は、亀さんとしては、来週を「聖バレンタインウィーク」ということにして、チョコレートを受け取りますので、ご遠慮なくお贈りください。”と、なお書きしました。

昨日、出勤すると、15日に亀さんが退社した後に届けられた職場の女性からのチョコが3個がありました。

義理チョコだということは明白なのですが、嬉しいものですね。

ホワイトデーのお返しは、9個必要です。(記入者:亀さん)

(注)「チョコレートなど6個!」(14.02.16):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-7ffe.html

お雛様バージョンに

    ―亀さんちの室内装飾は…―140216110p1030009

昨日、亀さんち恒例の季節に合わせた室内装飾の模様替えが行われました。

奥さんは、1日掛けて、せっせと節分バージョンのグッズを仕舞いこみ、お雛様などを取り出して、飾り付けていました。

お雛様は、毎年少しずつ増えていき、並べ方も毎年変化します。140216011p1020850_2 140216033p1020864_3 140216022p1020855_2

今年は、玄関で奥さんが作ったちりめん細工のうさぎと立ち雛の押し絵2枚がお迎えします。14021608p1020882 140216041p1020867 140216063p1020868 140216052p1020865

居間に入ると、その壁には、上村松園の「御ひな之図」の複製画が、また、出窓には、奥さんが還暦記念で購入した、柿沼東光作の立ち雛を中心にして、亀さんが昔奥さんにプレゼントした、・クリスタルの立ち雛・大内雛と奥さんが作った刺繍のお雛様が飾られています。14021607p1020870

また、居間の壁には、ピアノの上には、雨宮冗快作の版画のお雛様が飾ってあります。140216091p1020843 140216102p1020863

和室に入ると、伝統工芸の和箪笥の上には、孫娘の親王飾り(柿沼東光作「千代雛」)が飾られています。

このお雛様は、孫が小さいうちは…という約束で預かっていますが、来年からは孫の住む家で飾ることになりますかね。

この親王飾りの隣には、孫のために、チロルチョコレートのお雛様が飾ってあります。この雛飾りには、三人官女や五人囃子も揃っています。140216122p1020846_2

和室の床の間には、(冒頭の写真のように、)いせ辰のお雛様の版画を中央にして、つるし飾りと傘飾りを左右に飾り、その前に、色々なお雛様が飾られています。(画像をクリックし拡大してご覧ください。)

ここにあるもののうち、向かって左端のつるし飾りと陶製のものを除いて、ほとんどは奥さんの作ったちりめん細工です。140216144p1020847

このうち、最新のものは、貝雛です。普通はハマグリで作るのですが、大きなハマグリが入手困難なので、ミル貝で作ったそうです。奥さんの体格に似たお雛様になったのかな…(苦笑)(記入者:亀さん)

(問)床の間に飾ってあるお雛様は何対でしょうか?

追記:トイレにもお雛様があります。140216162p1020889140216151p1020886

(参考)昨年の雛飾り:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-50ee.html

(答)14対です。

2014年2月16日 (日)

チョコレートなど6個!

  ―14日は聖バレンタインデー!―140215091p1020950140215102p1020963

一昨日の14日は、女性から男性に愛の告白をしてよいと言われている、聖バレンタインデーでした。

聖バレンタインデーが日本で定着するのは、1970年代前半と言われています。

亀さんは、その頃には結婚していたので、若い頃、“恋人や意中の人からチョコを贈られて大喜び!”ということはありませんでした。

したがって、亀さんが今までに贈られたチョコレートは、ほとんどが義理チョコですが、男としては、義理チョコでも貰うとうれしいものです。

冒頭の写真は、亀さんが今年貰った義理チョコなどで、個数は6個でした。

呉れたのは、奥さんやお嫁さんという身内のほか、近所の奥さんの友人、昔の仕事関係の方々、現在の仕事仲間たちです。

今年特筆すべきなのは、次の2つです。

①現在の仕事仲間の一人からは、亀さんがダイエット中だということで、チョコではなく、「徳川将軍珈琲」というコーヒー豆(注1)をいただいたこと。

②奥さんが亀さんがイチゴが好きだということで、六花亭のストロベリーチョコ(注2)を呉れたこと。

なお、亀さんにバレンタインチョコを贈ろうと思いながら、贈りそびれた方は、亀さんとしては、来週を「聖バレンタインウィーク」ということにして、チョコレートを受け取りますので、ご遠慮なくお贈りください。(記入者:亀さん)

追記:亀さんの小学1年生の孫は、チョコレートを4個貰ったそうです。結構、モテルん出すね。

(注1)徳川将軍珈琲:http://www.saza.jp/saza_jp/saza_trivia/shogun_coffee/

(注2)六花亭のストロベリーチョコ:https://www.rokkatei-eshop.com/eshop/app/catalog/list/init?searchCategoryCode=schoco

(参考)過去のバレンタインデーの記事:(2008.02.15)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_026d.html、(2010.02.14)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-fcb7.html、(2011.02.15)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-c908.html、(2012.02.15)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-3bd4.html、(2013.02.15)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-fb5c.html

2014年2月15日 (土)

昨日の大雪で庭木が被害!

     ―常緑ヤマボウシの幹がポキリ―140215041p1020959 140215052p1020961_2

昨日の雪は、“午前0時頃には雨になる”とのことでしたが、雪は、亀さんがNHK-BSで、フィギュア男子・フリーのLIVEを見ている間にも降り続いていました。

そして、フィギュア男子・フリーで有力選手が登場した3時頃にやっと雨にかわりました。

羽生結弦さんが金メダルを獲った4時半頃に、亀さんは寝床に入ったのですが、その頃から、“ドカン、ドカン!”と音とともに地響きがするようになりました。

屋根に積もった雪が地面に落ちる音です。先日の大雪と異なり、昨日の雪が水分を多く含み、その後に雨が降ったために、生じた現象です。140215061p1020973 140215072p1020964

朝起きると、屋根から落ちた雪で、庭の通路が雪だらけになっていました。140215011p1020965 140215022p1020971_2 140215033p1020972

ふと見ると、常緑ヤマボウシの木が折れています。

この木は、2年前、外壁のリニューアルに併せて植え替えたもので(注1)、庭木の中では一番新しい木で、やっと根付いてきたのに、残念です。

とはいえ、今回の雪で、東急電鉄のホームの屋根が落ちたり(注2)、埼玉県内の公共体育館の屋根が崩壊したりしたんです(注3)から、仕方ないかな…。(記入者:亀さん)

(注1)「ヤマボウシの実が生った!」(2012.10.31):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-4104.html

(注2)「ホームの屋根、線路上に落下 東急・こどもの国駅」(朝日デジタル2014.02・15):http://www.asahi.com/articles/ASG2H3Q36G2HULOB00X.html

(注2)「体育館の屋根崩落 雪の重みか 埼玉」など:http://news.goo.ne.jp/article/nhknews/nation/nhknews-10015269741.htmlhttp://plaza.rakuten.co.jp/kikisaitama/diary/201402150010/

ノンスリップスパイクで雪対策!

     ―再び大雪でしたが…―

先週の土曜日、積雪27センチの大雪が降ったばかりですが、昨日、朝の天気予報では、大雪とは言っていましたが、積雪は先週よりは少なく、5~10センチと予想していました。14021401p1020891 14021402p1020896

朝、出勤するときに既に雪は降っていましたが、水気を含んだ雪で、家や勤務先の付近の道路には積もっていませんでした。

しかし、夜になると雪が積もるかもしれないので、亀さんは後で述べる雪対策グッズを持って出勤しました。14021404p1020902

午後4時頃、神保町に行く用事があったのですが、その頃になると、気温が下がりだし、歩道に雪が積もりだしました。14021405p1020906

そして、神保町で用事を済ませて、5時過ぎに外に出てみると、歩道だけでなく、車道にも雪が積もるようになっていました。14021406p1020912

これでおとなしく帰宅すれば良いのですが、昨夜は、昔の職場の年1回の同窓会があったので、出席するために麹町のホテルに行きました。ホテルに着く頃には、大雪になり、車道にも雪がかなり積もるようになっていました。14021408p1020925

同窓会は、雪のことを考えて1時間半くらいでお開きになりましたが、8時頃ホテルを出てみると、先週に匹敵するほどの大雪になっていました。140214091p1020923

亀さんは、早速、用意してきた雪対策グッズを活用することにしました。

すなわち、靴に滑り止めのスパイク(注)を着け、雪道を安心して歩いて、駅に急ぎました。

(最寄り駅の駅前広場)140214101p1020933 140214112p1020938 140214123p1020937

(亀さんち付近)140214131p1020940 140214142p1020945 そして、9時半頃に最寄り駅に着きましたが、駅前広場や亀さんちの周辺は、歩くのも困難なほどの雪になっていました。

しかし、亀さんは、靴にスパイクを着けていたので、滑ることもなく、楽々と帰宅しました。

その後、雪は降り続け、2時現在、積雪26センチと先週末並みの大雪となっています。

なお、亀さんは、NHK・BS1で放映しているフィギュアスケートの男子フリーを見ながらこのブログを書いていますが、BSのアンテナに雪が積もって受信状況が悪くなるので、時々、アンテナの除雪をしています。(記入者:亀さん)

付記:羽生結弦さんの金メダル、おめでとう!

(注)靴に着けるスパイクは、「ノンスリップスパイク」と総称されているようです。140214152p1020952 140214163p1020947 140214174p1020946

2014年2月14日 (金)

東芝縦型洗濯乾燥機・プリウス

―連続リコール。亀さんもリコール?―

亀さんちの東芝縦型洗濯乾燥機とトヨタのプリウスについて、共通した事件が連続して発生しました。14021301p1020862_2

まず、先週の4日、テレビニュースで、東芝が2005年7月~2011年11月の製造の縦型洗濯乾燥機のリコールと無償点検・修理の実施を発表した(注1)と報道していました。

最近、色々な製品のリコールが公表されていますが、亀さんちでは、今まで、リコールされる製品を持っていたことがなく、“リコールは自分とは無縁のものだ”と思っていました。

しかし、調べてみると、果たして、亀さんちの洗濯機は東芝製でリコール対象のものでした。

奥さんは、「うちでは乾燥機は使っていないので大丈夫では…。」とわけの分からないことを言いますが、“本体内部の配線が断線し、使用時に発煙・発火の可能性がある”というので、放っておくわけにはいきません。

受付センターに電話で申し込んだところ、直ちに点検・修理の日が10日と決まり、当日、1時間くらいかけて点検・修理していただきました。14021302p1020884_2

これでホッとしていると、12日に、トヨタがプリウス(ZVW30)のリコールを発表しました(注2)。ハイブリッドシステムが停止し、走行不能となるおそれがあるというのです。

“亀さんちのプリウスも該当するのかな?”と思って、帰宅すると、トヨタのディーラーからも連絡が来ました。

リコールの連チャンです。今までに未経験だったリコールを連続して経験するなんて、運が良いのか、悪いのか…。

いずれにしても、“2度あることは3度ある”と言いますから、3度目のリコールで、亀さんが奥さんからリコール(解職請求)されないように気を付けないとね…。(苦笑)(記入者:亀さん)

(注1)東芝・縦型洗濯乾燥機の無償点検・修理:https://www.toshiba.co.jp/tha/info/140204.htm

(注2)TOYOTA/プリウスのリコール:http://toyota.jp/recall/2014/0212.html

2014年2月13日 (木)

バス停前にカワセミ!

    ―コンデジで証拠写真!―

今朝、出勤のために、最寄のバス停でバスを待っているとき、バス通りの前の排水路にカワセミが来ていないか、覗いてみました。14021303p1020885

すると、排水路の向こう側の護岸の一番上のステップにカワセミがいました。

慌てて、鞄の中からコンデジを取り出し、金網越しに、カワセミの証拠写真を撮りました。

そのあと、金網の間から、チャンとした写真を撮ろうとしたのですが、警戒心が強いカワセミは、飛んでいってしまいました。

カワセミは清流に棲むと誤解されていますが、住宅地のバス通り沿いの排水路にもいるんですよ。(記入者:亀さん)

久しぶりにチェ・ゲバラ!

   ―神田西口・蕎麦人(そばっと)―140212044dsc_0019

昨日、仕事で同僚と一緒に神田西口商店街付近に行ったとき、12時になったので、昼食を摂ることにし、蕎麦屋に入ることにしました。140212011dsc_0026

この商店街には、蕎麦屋さんが何軒かあるのですが、「蕎麦人」という新しく出来た、手打ちそばの店に入ることにしました。140212022dsc_0025 140212033dsc_0022

立て看板を見て、亀さんは、“鶏肉ときのこの温かいつけ汁せいろ”を食べることにしました。

そして、“蕎麦人”と書かれた暖簾をくぐって、地下への階段を降りる途中にあったのが、冒頭のチェ・ゲバラのポスターです。

亀さんは、そのポスターを見た途端に、“蕎麦屋さんではない!”と感じ、引き返しそうになりました。

30代の同僚が、“どうしたんですか?”と尋ねますので、亀さんは、“ゲバラのポスターがあるので、蕎麦屋ではないのでは…”と答えました。

しかし、同僚の後ろから降りてきた店員さん(店長?)が“蕎麦屋ですよ!”と言われますので、そのまま店に入りました。

店に入って、同僚からは、“チェ・ゲバラって…?”と問われましたが、亀さんは“時代が変わったなあ!”と実感しました。

すなわち、チェ・ゲバラは、カストロ(のちにキューバ共和国議長)と一緒に、キューバ革命を行った後、国際的な革命闘争に身を投じた革命家で(注)、亀さんたち大学紛争世代の学生たちにとって、毛沢東やマルクス、レーニン以上に魅力的な革命家でしたが、今の時代には忘れられた人物のようです。

本当に久しぶりに、学生時代を思い出しました。

なお、蕎麦の味は、結構美味かったですよ。(記入者:亀さん)

追記1:なぜチェ・ゲバラのポスターなのかを店員さん(店長?)に尋ねたところ、その人はブラジルにいたことがあり、そこで、チェ・ゲバラが尊敬されていたので、ポスターに使ったそうです。

追記2:ポスターをよく見ると、“そば革命”、“100%蕎麦人”という“プロパガンダ”が書いてあり、店長の意気込みが感じられました。

(注)チェ・ゲバラ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%90%E3%83%A9

(参考)手打ちそばバル「蕎麦人」:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13147621/http://r.gnavi.co.jp/gd78200/http://loco.yahoo.co.jp/place/67440e71fc3e164a68bddcc94979e95c2be9e5e6/

2014年2月11日 (火)

2月9日のカワセミ(3)

   ―ペレットを吐き出してスッキリ!―140209324dsc_0387_2

カワセミが魚を探すでもなく、休むでもなく、妙な姿勢をとることがあります。

大きな池の角材の上で、そんな姿勢を見せているので、亀さんは“変だな…”と感じました。140209330dsc_0410

すると、カワセミは小さな池の畔の枯れた葦の茎に飛んできて、じっとしていました。

何か、胸のつかえがあるようにも見えたので、“ペレットを吐くのでは…”と思って構えていると、その通りでした。140209331dsc_0411_2 140209342dsc_0412 140209353dsc_0413 140209364dsc_0414 140209375dsc_0415

残念ながら、ペレットの飛んでいくところは写っていませんでした。140209386dsc_0416

カワセミは、ペレットを吐き、スッキリして、魚捕りを再開しました。(記入者:亀さん)

(参考)「ペレット:前に呑み込んだ魚等の骨」 :http://www.azami.sakura.ne.jp/animal/kawasemi/kawasemi-f.htm

2014年2月10日 (月)

2月9日のカワセミ(2)

   ―遠い場所で何度も水浴びを!―140209121dsc_0158

最初のメスが帰って15分後には、別のメスがやって来て、90分後に亀さんが帰るときにも公園内に居ました。140209132dsc_0185

しかし、近くにいたのは、最初だけで、40、50m離れた大きな池の対岸の木道の橋のロープからの魚捕り・水浴びでほとんどの時間を費やしていました。1402091721dsc_0204 1402091822dsc_0205 1402091923dsc_0206 1402092024dsc_0207 1402092125dsc_0208 1402092226dsc_0209

そして、そこで10数回も水浴びをしていました。

しかし、遠すぎて、サンニッパ+1.7倍のテレコンでは、いい写真を撮ることは無理でした。14020931dsc_0344 140209324dsc_0387

その後、大きな池で魚を捕って食べた後、しきりに妙な姿勢をとりました。

その原因は、次の記事で…。(記入者:亀さん)

2月9日のカワセミ(1)

     ―雪かき・選挙の後で―14020900p1020839

9日は、雪かき、市長選挙の投票をして、午後1時頃、近所の公園へカワセミ撮影に行きました。

雪の公園には、カワセミ仲間が5、6人来ておられました。

雪の中でカワセミ撮影とは、“好きだなあ~!”と思いましたが、そう言う亀さんも好き者ですね。

この日は、亀さんが公園にいた3時間半のうち、カワセミがいたのは2時間半で、2羽のメスが交代でやって来ました(注)

しかし、長時間、遠い所で魚を捕っていました。140209011dsc_0009 14020902dsc_0022

まず、最初のメスは、遠くの木道の橋に止まっていましたが、近くの小さな池にやって来ました。140209062dsc_00421402090311dsc_0033  1402090412dsc_0034 1402090513dsc_0035

そして、魚捕りをしてくれましたが、少しカメラを振るのが遅く、いい写真にはなりませんでした。140209072dsc_0059

その後も、このカワセミの魚捕りの写真はピンボケばかりでした。

次にやって来たカワセミの撮影はどうだったのかは、次回のブログで…。(記入者:亀さん)

(注)最初に来たメスは45分、次に来た別のメスは90分以上いました。

2014年2月 8日 (土)

13年ぶりの大雪警報!

 ―亀さんちの近所も積雪10センチ!―

今朝未明、ソチ冬季五輪の開会式のLIVE中継を見ていると、天気予報どおり、外で雪が降り出しました。140208041p1020820 14020801p1020826

朝起きてみると、亀さんちの庭の木々は綿帽子を被り、家の近くは白一色の雪景色でした。14020802p1020825 140208052p1020827

青空駐車している自動車は、雪まみれでした。亀さんちの駐車場は屋根付きですが、車は雪まみれになっていました。

13年ぶりの大雪警報、16年ぶりの10センチを超える積雪のようです。14020803p1020823

こんな大雪なのに、近所の公園では、子供たちが雪だるまを作ったりして、元気に遊んでいました。

亀さんは、KRさんの助言により、雪が小止みになったら、“雪カワセミ”を撮りに行こうかと思っていたのですが、とても無理でした。

サムイヨー!(記入者:亀さん)

追記:記事をアップした後も、雪が降り続き、積雪は20センチを超えたようで、20年ぶりの大雪だったようです。

2014年2月 6日 (木)

今年一番の寒さ!

   ―画材店の石膏像も真知子巻き!―14020501dsc_0021

昨日(2月5日)、前夜の雪の影響もあって、東京都心で朝の気温が-0.5℃まで下がり、今季一番の冷え込みとなるなど、立春を過ぎても、まだまだ厳しい真冬の寒さでした(注1)

昼食を摂るために、マフラーをして神田神保町のすずらん通りに外出しましたが、冷たい風がピューピュー吹き付け、ブルブル震えました。

ふと、通りにある画材店(注2)を見ると、石膏で作られた女性像には、赤い毛糸のマフラーが真知子巻き(注3)で巻いてありました。

心優しく、ユーモアのある店員さんがこの女性が風邪を引かないように、巻いてあげたんでしょうかねか?(記入者:亀さん)

追記:美術関係の知識の乏しい亀さんは、この石膏像がミロのヴィーナス胸像かと思ったのですが、調べると、バジャント(バヂアント)胸像(注4)という石膏像でした。

(注1)「立春過ぎても真冬の寒さ」(日本気象協会tenki.jp・2014.02.05):http://www.tenki.jp/forecaster/diary/kimutaka1003/2014/02/05/7281.html

(注2)信画堂:http://www.jimbocho.com/S30964.html

(注3)真知子巻き:http://www.fashion-rekishi.com/cinema.html

(注4)バジャント(バヂアント)胸像:http://sekkouzou.shop-pro.jp/?pid=22272683http://webshop.sekaido.co.jp/product/details.php?pid=13803&cat=080103

2014年2月 5日 (水)

立春の日に雪が…

      ―しかも初積雪―

一昨日は節分、そして、昨日は立春で、暦の上では「春」の初日でした。140204011p1020799 140204022p1020802

しかし、東京は、夕刻から雪が降り、冬に逆戻りです。亀さんも、退社のときに雪まみれになりました。

東京メトロの丸の内線から見ると、御茶ノ水駅付近の神田川の堤はうっすらと積雪していました。東京の「初積雪」のようです。140204031p1020807 140204042p1020812

亀さんの最寄り駅に着くと、雪は止んでいましたが、駅前広場の歩道には雪が積もっており、駐車場の自動車も雪を被っていました。140204053p1020817 140204064p1020818

亀さんちの近所の公園や亀さんちの庭も雪化粧をしていました。

今週は明日からも寒い日が続くようですから、風邪には気をつけないといけませんね。(記入者:亀さん)

2014年2月 4日 (火)

2月2日のカワセミ(3)

  ―徐々にタイミングは合ってきたが…―

2日は、午後2時を過ぎると、青空が見えて明るくなりました。

また、カワセミも近くで魚捕りをするようになり、カワセミの首の動きでその飛び込む方向が推測できるようになって、シャッターのタイミングも合うようになりました。14020226b41dsc_0647 14020227b42dsc_0648

そして、上のような写真が撮れるようになりました。14020223b31dsc_0592 14020224b32dsc_0593 14020228a21dsc_0668 14020229a22dsc_0669

しかし、魚捕りの一連のシーンは、水面の明るい所と暗い所がまだらになっているためか、上のように、最初の1、2枚でピントが合ってもすぐにピンボケになりました。14020234a41dsc_07572 14020235a42dsc_07582

上の写真(ノートリ)も“最後はジャスピンの写真が撮れた!”と思ったんですが…。

今後も頑張らねば…。(おわり)(記入者:亀さん)

最後に、カワセミの可愛い仕草を…。最後の写真は、小さなエビなのに、振り回していましたよ。14020222bdsc_0570 14020225bdsc_0605

2014年2月 3日 (月)

2月2日のカワセミ(2)

    ―午前中は暗くて、遠くて…―

最近、カワセミは、大きな池の遠くで魚捕りをすることが多いため、サンニッパ+1.4倍のテレコンでは撮りきれないので、1.7倍のテレコンにしました。14020206b11dsc_0285_2 14020207b12dsc_0286 14020208b13dsc_0287_2 14020209b14dsc_0288 14020210b15dsc_0289

しかし、この日も、午前中、天気が悪くて暗いうえに、カワセミは遠くで魚捕りをするため、上のように、なかなかピントが合わず、ジャスピンの写真が撮れません。

いいレンズ・いいカメラなどの道具を揃えると、いい写真がすぐに撮れると誤解しがちなのですが、技術が伴わないとなかなかいい写真が撮れません。

いい写真を撮るのが難しいから、趣味が長続きするとは言え、いい写真が撮れないと落ち込みます。 14020215b22dsc_0397 14020216b23dsc_0398 14020217b24dsc_0399 14020218b25dsc_0402_2 14020219b26dsc_0403

午前中の魚捕りのシーンでまずまずだったのは、上の写真ですが、この写真もピン甘です。しかも、途中の2枚は、ボケていました。

午後は、果たして…。(つづく)(記入者:亀さん)

2月2日のカワセミ(1)

    ―カワセミの出は良いが…―

2月2日は、孫たちが来ることになっており、また、天気も良くないので、カワセミ撮影に行くかどうか、迷っていました。

孫たちから“夕方来る”との連絡があった、10時半頃、カワセミ仲間から「来ないの?」と電話があったので、近所の公園に、カワセミ撮影に行くことにしました。14020201a1dsc_0201 14020205b1dsc_0257

この日のカワセミは、亀さんが行ってから、いつものメスともう一羽のメス(注)が約30分毎に交互にやって来て、7回、計約120分間、亀さんたちに付き合ってくれました。14020203a11dsc_0240 14020204a12dsc_0241

しかし、最初に、まあまあの魚捕りのシーンの撮影に成功したので、“今日は撮れるぞ!”と意気込んだのですが、結果としては、絶不調で、いい写真は撮れませんでした。

明日以降、いくつかの魚捕りシーンをアップしますが、期待しないでくださいね。(つづく)(記入者:亀さん)

(注)撮影しているときは、オスだと思っていましたが、写真で確認すると、メスのようです。

2014年2月 2日 (日)

「飛び出し坊や」の元祖・0系発見!(その2)

ついでに変わったのも紹介しておきます。

変わりバージョンには「ペコちゃん(もどき)」とか「ピカチュウ(もどき)」、最近では「くまモン(もどき)」までさまざまあります。商標やデザイン盗用といったら厳しすぎるかもしれませんが、お隣の国でも問題になりました。たかが、が曲者ですので「もどき」としておきます。

もちろん手作りのも多いのですが<デザイン盗用>に手を貸すわけにもいきませんから「甲賀忍者の里」の甲賀市で見つけた「飛び出し忍者」を紹介しておきましょう。

こちらが「赤忍者」です。大原小PTAとありますね。背中に赤鞘の刀を背負っています。忍者といえば黒装束のイメージですから、これでは<目立ちすぎ>かもしれません。まあ「お役目ゆえ仕方なかろう」ということで!

Dscn0973_2

があれば・・・

Dscn0974

こちらは「青忍者」。油日小PTAは「あちらがならこちらは」ということになったのでしょうか。どちらも髪がのぞいているのがなんとなく現代風です!

(記入者:野次馬)

「飛び出し坊や」の元祖・0系発見!(その1)

昭和48年に滋賀県の八日市市(現・東近江市)で誕生した「飛び出し坊や」もいまやすっかり<全国区>になりました。別名「飛び出し小僧」「飛び出し人形」「飛び出し君」「とび太くん」などとも呼ばれますが横断歩道の脇に取り付けられている注意喚起の看板です。

昭和48年生まれということは当年とって40歳。名前は「飛出とび太」というそうで、イラストレーターのみうらじゅんさんが最初のデザインのものに新幹線になぞらえて「0系」と命名して話題になりました。

これが「0系」です。

Dscn0959

サイズは高さ88cm、幅58cmで頭部はよく見えるように横長の楕円形、上着が赤色、ズボンが黄色、卵型の黒目は縦長で、まっすぐ前に<飛び出しそう>です。考案したのは久田工芸を経営する久田さん。当初はわずか10数体を試作しましたがドライバーだけでなく子供にも交通安全への注意喚起ができるということで増え続け、さまざまな変わりバージョンも登場しています。

ちなみに滋賀県ではホテル(ホテルラフォーレ琵琶湖)の売店でも、お土産として関連グッズといっしょに売られています。

最近私が見つけた「0系」はこちらです。

Dscn0934

発見現場は守山市の「びわこ地球市民の森」の道路脇。裏表リバーシブルですから逆向きですが鼻がちょっと違うけど「0系」ということにしておきます。

ではこちらは?

Dscn0971

甲賀市の旧東海道・土山宿ちかくで見つけました。いたずらか事故かで真っ二つにされたのを修復してありました。まさしく正真正銘の「0系」です。やったー!壊されてもけなげに頑張る姿にちょっと感激!

同じ土山宿の一枚はこちら。

Dscn0972

レレレ!白目あり、鼻の形で、形は久田工芸製のようですが残念ながら「0系」ではないという判定!この判定に目を白黒されても困るけど・・・。要は新しいということですね。

(記入者:野次馬)

狙う!ベストショット!!=琵琶湖畔・なぎさ公園(その2)

作品1:「咲き競う」

Dscn0925

作品2:「菜の花と船」

Dscn0947

これは何の船だろうと帰って検索してみました。そうしたら滋賀県の「びわ湖フローティングスクール」の学習船「うみのこ」でした。滋賀県出身の方なら体験学習で乗ったことがあるでしょうからおなじみですね。

左のカメラマンは船と雪山を狙っているようです。私も船がもうちょっと入るように、ホンの気持ち少し高い位置から撮れば良かった!

(記入者:野次馬)

狙う!ベストショット!!=琵琶湖畔・なぎさ公園(その1)

琵琶湖大橋近くにある守山市の第一なぎさ公園はいま菜の花が7分咲き。背景に冠雪した湖西の比良山が絶景を演出して休日ともなると多くのカメラマンで賑わっています。

約4,000㎡に早咲きのカンザキハナナ12,000本が植えられているそうで、遠くは神戸や名古屋ナンバーの車も。みなさんベストショットを狙って<寒さも何のそのの熱気>が伝わってきます。

Nerau1
手前に菜の花、向こうに雪の比良山というのが「定番」のアングル、風が吹くと花が揺れるので慎重に構えて・・・。

Nerau4
立ったり、座ったり、場所を変えたりで、もう夢中!

Nerau5
老いも若きも、ベテランも初心者も!

Nerau3
こちらは携帯でパシャ!

Nerau2
自転車マニアは愛車を入れてパシャ!

野次馬さんは? はい、(その2)で紹介します!

(記入者:野次馬)

2014年2月 1日 (土)

ふるさとの味を堪能!

     ―広島のミカンが届く!―

亀さんは、ふるさとのブログ仲間でミカン農家のⅠさんが生産されたミカンを毎年直接送ってもらっています。

今シーズンは、苗木の植え替え等のためか、十分な生産量が確保されなかったようで、亀さんが食べるだけのミカンを得ることができませんでした。

しかし、昨日、Ⅰさんから八朔、ネーブルなどの晩柑類が届きました。140131101p1020767

一つのダンボールには、ネーブル、ハルミ、八朔、グレープフルーツが入っていました。140131112p1020782

また、もう一つのダンボールには紅八朔が入っていました。

亀さんは、ミカン(柑橘類)の中でも、八朔が大好きです。

今回送っていただいた八朔・紅八朔もあっという間に亀さんの胃袋に納まるでしょう。

実を言うと、Ⅰさんからの産直も、“亀さんの好きな八朔が東京ではあまり売っていない”という愚痴を聞いて、Ⅰさんが八朔を送ってくれたことから始まったのです。

これから1、2週間は、ふるさとの味を堪能できそうです。(記入者:亀さん)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »