フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月14日のカワセミ(2) | トップページ | 12月14日のカワセミ(4) »

2013年12月16日 (月)

12月14日のカワセミ(3)

―セイタカアワダチソウからの魚捕りを撮る!―13121428110dsc_0533

12時半を過ぎてから、カワセミ君は、止まり木ではなく、セイタカアワダチソウに止まりました。13121428111dsc_0535 13121429112dsc_0536 13121430113dsc_0537 13121431114dsc_0538

足元が不安定でしたが、カワセミ君は飛び込み、小さな魚をGETしました。13121432121dsc_0560 13121433122dsc_0561

その後、カワセミ君は、小さな魚を1匹捕まえて帰りました。

そして、次にカワセミ君が来てくれたのは、1時間半後でした。

その間に、カワセミ仲間のKRさんの撮った写真を見せて貰いました(参照)が、亀さんと違って、ほとんどすべての魚捕りのシーンをジャスピン撮っておられました。

亀さんの技術はKRさんに比べると、雲泥の差があるのですが、KRさんの撮られた写真を見ていると、亀さんの向上心が燃え上がります。これが亀さんがKRさんと一緒に写真を撮る理由です。(つづく)(記入者:亀さん)

(参照)KRのブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/knpkingfisher

« 12月14日のカワセミ(2) | トップページ | 12月14日のカワセミ(4) »

コメント

水面に映るカワセミも大変美しいですね。

> NXさんへ
波静かなときは、カワセミそのものではなく、水面に映ったカワセミにピントが合っていることがありますね(苦笑)。
それにしても、14日はカワセミ君が随分サービスしてくれましたね。

お世話になりました。
この日撮った写真をいっぱい見せたのでショックを受けていないか心配していましたが、大丈夫なようですね。
今度また行こうと思います。

> KR さんへ
この日撮った写真をいっぱい見せられ、ショックを感じないわけではありませんが、それは亀さんの負けん気の火をつけるんですよ。
亀さんもまずまずの写真を1日で数枚撮れるようになったので、成果は少しずつ出ていると自分で勝手に思っていますが…。

連写で連続シーンがうまく抑えられていて素晴らしいですね。
親指AFを設定されお使いだと思いますが、飛び出し場所でAFボタンを一回押してそのまま飛び出し方向にレンズを振れば被写界深度に入るので飛び出しが撮影し易くなります。
ホバもファインダーに入ったら親指でAF釦を押せば被写界深度から外れた場合も対応できます。

池面に写りこんだ飛翔カワセミ素敵です。こちらではこういう条件が無いのでなかなかこういうシーンが撮れないのが悩みです。
距離は20m位あるんでしょうか。レンズ構成は328+1.7Xあたりですか?。差しさわりなければお教え下さい。

>Scarlet さんへ
ご助言、ありがとうございます。
ただし、亀さんは親指AFが苦手で、焦りまくっています。
また、"飛び出しから魚捕り、そして飛び上がり”の一連のシーンを撮る技量がないので、今は、魚を捕ってからを撮るのに専念しています。
なお、ホバについては、亀さんは大の苦手で、カワセミがホバしだすと、脳みそが凍ってしまいます(大笑い)。

>Scarlet さんへ
カワセミのスピードが速いので、水に映ったカワセミは、肉眼では見ることはできず、写真で見るだけです。
ところで、距離は、15メートルくらいです。10メートルくらいの止まり木からも飛び込みます。
亀さんは、328+1.4のテレコンです。
2.0のテレコンも持っていますが、カワセミの時は使いません。
なお、カワセミ仲間でノートリのKRさんは、328の時は1.7のテレコンを使われています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/58762911

この記事へのトラックバック一覧です: 12月14日のカワセミ(3):

« 12月14日のカワセミ(2) | トップページ | 12月14日のカワセミ(4) »