フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「勢多唐橋東西大綱引合戦」レポート(その1) | トップページ | 富山に行ってきました! »

2013年10月20日 (日)

「勢多唐橋東西大綱引合戦」レポート(その2)

西軍の大将の一人はなぜか隻眼の伊達正宗、もう一人は誰でしたっけ。むこうが選手です。

Dscn0583

いよいよ綱引開始、勝負は1分ずつの3回勝負、2勝した方が「天下を制する=勝利」となります。合図は大津市の越直美市長です。

Dscn0585

ところがまず東軍の1勝の直後にハプニング発生!何と西軍の先頭のお父さんがギブアップ。「心臓バクバクでどなたか交代を」となりました。

すぐに手を挙げたのが私、野次馬。願ってもないチャンス到来です!さっそく着替えてカメラを預けて、いざ出陣!!

Dscn0601

Dscn0599

2戦目は西軍が大差で勝利、私が入ったせい?で二ヤリ。

しかしここからが大変でした。5分以上の休憩の後の3戦目、もう手が抜けそうで息も上がり綱が思うように動かず。西軍が序盤リードしたままかと思いましたが・・・・・判定は「引き分け」。両軍とも全員、疲労困憊。あともう一度とならなくてよかった。

(記入者:野次馬)


Dscn0602_2

« 「勢多唐橋東西大綱引合戦」レポート(その1) | トップページ | 富山に行ってきました! »

コメント

野次馬さんの頑張りでしたね。
2枚目の写真の美女が越市長さんですか?
このお祭りに参加するのなら、やはり、時代装束を着て、参加すべきでは…と思いますが…。

亀さんへ 夕方のNHKニュースに私の顔のアップが出ましたので「見ました電話」を複数いただきました。けさの新聞各紙も大きく取りあげていましたから、新たな観光取組になったのでは。橋の車両通行止めも1時間だけでしたが、スムーズにいったようです。「市長さんも時代装束で!」のご意見、このブログをご覧になったらぜひご検討を!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/58417170

この記事へのトラックバック一覧です: 「勢多唐橋東西大綱引合戦」レポート(その2):

« 「勢多唐橋東西大綱引合戦」レポート(その1) | トップページ | 富山に行ってきました! »