フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月7日のカワセミ(3) | トップページ | 新島襄の生誕の地は… »

2013年9月 9日 (月)

東京五輪2020決定を喜ぶ

     ―復興に繋げよう!―

皆さんは、9月8日の未明はどうされていましたか?1309080120201p1010515

亀さんは、4時半に起きて、NHK-TVで、ブエノスアイレスのIOC総会のライブ中継を見ました。

起きてみると、テレビで予想外の変なことを言っています。

つまり、東京と競っていると言われていたマドリードが落選し、東京とイスタンブールが決選投票だと言っているのです。

1回目の投票では、東京がトップで、マドリードとイスタンブールが同数となり、両者について再投票して、イスタンブールが勝ち、マドリードが落選したのです。

しかし、1回目の投票での各都市の票数が分からないので、このことが東京が優勢なのかどうかはほとんど分かりませんでした。1309080220202p1010517 1309080320203p1010518

5時から、IOC総会の放映が開始されましたが、前置きが長く、結果の発表がなかなか始まりません。1309080420204p1010522 1309080520205p1010526

5時17分に、ジャック・ロゲ会長が演台に移り、19分にIOC関係者が五輪開催都市を書いたカードを入ってきました1309080620206p1010527

そして、5時20分、ロゲ会長が「TOKYO 2020」と発表しました。1309080720207p1010529

2020年の五輪開催都市が東京に決定したのです。

“震災からの復興が先だ!”とか“五輪に使う金があるなら、福祉の充実を!”などという意見があります。

しかし、亀さんは、7年後の開催に向けて、福島原発事故を含む震災からの復興を急ぎ、日本全体が喜んで、東京五輪・パラリンピック2010を迎えられるように、国民全体が力と心を一つして頑張れば良いのではないかと思います。

端的に言えば、復興に繋げる東京五輪2010であれば…と思います。(記入者亀さん)

« 9月7日のカワセミ(3) | トップページ | 新島襄の生誕の地は… »

コメント

私は複雑。福島は250㎞も離れているとか、限定されたところでコントロールされているとか。7年先だからとかの発言には「日本が一つに・・・・・」を感じることが出来ない。
そんなことを感じている一人です。

亀さん、ヾ(≧∇≦*)ゝおはようございます♪
私も亀さんと同意見ですっっsign01東京オリンピック開催は嬉しいnoteけれど…やはり、まだ福島の問題が大きな課題として残されていますsweat02
最後のオリンピック招致に向けたプレゼンで、阿部総理が「福島はすべて管理下にある(から安心して!)」というスピーチがありましたが、正直シェリーは疑問でしたよ!(笑)

口から出まかせの様にしか聞こえませんでした。
前回の様に任期途中で辞める可能性も有り得ますね。
その時は、なんと発言するんでしょうか?
想定外を口にするんでしょうか?
行ったり来たりしている波をどのようにコントロールしているんでしょうか?
誰が見ても判りますよね。

> GORO爺さんへ
逆に負けていたときのことを考えた方がいいと思います。
これで、負けていれば、日本人は勝つことを忘れ、自信喪失の国民性を確定させたのでは…と思います。
オリンピックを契機に、原発事故解決を東電任せの姿勢から国が対応していく姿勢に変わったことを評価すべきだと思うんですが…。
これは、国際公約だから、首相が変わっても政権が変わっても、やらざるを得ないと思いますが…。

> シェリーさんへ
管理下にあるというのは疑問ですが、言った限りはそれを実現する義務があるということだと思います。
7年後のオリンピックを喜んで迎えるためには、福島原発事故の終息が不可欠ですよね。

>ななごうさんへ
口から出任せ!というのではなく、“言った限りは、やってもらいましょう!”という姿勢が良いのでは…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/58155510

この記事へのトラックバック一覧です: 東京五輪2020決定を喜ぶ:

» 7年後「東京」で [mingoh's観戦レポート]
日本時間の深夜から2020年のオリンピック開催都市を決める総会。3都市が2都市「東京」と「イスタンブール」となり…「5時に発表」と言ってましたが発表は5時20分すぎ出勤時間ギリギリ... [続きを読む]

« 9月7日のカワセミ(3) | トップページ | 新島襄の生誕の地は… »