フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江「蓮」紀行(その1) | トップページ | 近江「蓮」紀行(その3) »

2013年8月 4日 (日)

近江「蓮」紀行(その2)

アトリウム=温室では世界のさまざまな「熱帯スイレン」が楽しめます。

017_2

エジプト原産のブルーロータスはクレオパトラも愛した花だそうで、ちょうど満開でした。

013

白いのはオーストラリアのギガンテア、むこうにあるマイアミローズという情熱的なネーミングの赤いスイレンに比べて清楚な感じです。(記入者:野次馬)

022

« 近江「蓮」紀行(その1) | トップページ | 近江「蓮」紀行(その3) »

コメント

亀さんは、数年前、行田の「古代蓮の里」で、古代蓮の苗を買ってきて、育てているんですが、なかなか花が咲きません。
浮き葉→立ち葉→花芽という順序の立ち葉まで行っているんですが、なかなか花芽が出ません。
今年何とか咲いてほしいんですが、どうなりますやら…。

日本の蓮に見慣れているせいか、外国の花の形を見て驚きました。
形が違うんだなーと。

亀さんへ 古代蓮は花を咲かせるのが難しいところがまた魅力でしょうか。気長にかわいがってあげてください。そのうちきっと咲くと信じて。

ななごうさんへ 水面から花だけが伸びるのがスイレン、葉も一緒に立ちあがるのが蓮です。見慣れないから余計にその色鮮やかでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/57928922

この記事へのトラックバック一覧です: 近江「蓮」紀行(その2):

« 近江「蓮」紀行(その1) | トップページ | 近江「蓮」紀行(その3) »