フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さくらんぼ2態 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸までとは言うが… »

2013年5月 6日 (月)

ことしの桜、撮り納め

京の隠れ里、広河原の奥ではこの連休ようやく枝垂桜が満開でした。気候はちょうど秋田・角館あたりと同じという。京都市左京区とはいっても義経ゆかりの鞍馬神社から花背峠を越えて小一時間。遅咲きの桜は今年の見納め、撮り納めになりました。

Imgp1627_2

Dscn0419_2

さらに峠を越して久多に入ると花梨の大木が白い花を付けていました。

Dscn0432

一見、桜かと思い民家を訪ねてお年寄りに聞くと梨だそうだ。「小さい実がなってそれを子供のころ口にしたけどうまくはなかったな。いまは稲もよう作らん。田んぼもイノシシ、シカ、ウサギの運動場になっとる」と話してくれました。垣根のサザンカもちょうど満開でした。(記入者:野次馬)

Dscn0435

« さくらんぼ2態 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸までとは言うが… »

コメント

京都からの桜の便り、素敵ですよ。
果樹園の梨は、収穫しやすいように、背が低いのですが、この梨の木は、背が高いですね。
ところで、サザンカと書かれている花は、ツバキでは…?

亀さんへ カーブミラーに映る桜は珍しいと思いましたのでシャッターを押しました。こんな発想が野次馬流ですね。
「サザンカではなくツバキでは」というご指摘はその通りです。見分け方は咲く時期(サザンカは11月頃、ツバキは3月頃)と花びらの散り方でしたっけ。全体が落ちるのがツバキでした。あの「さざんかの宿」の歌詞を思いながら書いたもので・・・。花にはさすがにお詳しい!

おはようございます。

桜の最終でしょうか?
夏は暑く、冬は寒いと良く聞きますが花の咲く時季は秋田と同じ位なんでしょうか?
枝垂れ桜、良い景色です。
カーブミラーのも。

サザンカと椿、たまにですがこれはどっち?と思えるのが歩道の植栽に見られます。

ななごうさんへ 紹介した広河原や久多は京都市左京区とはいっても同じ区内の京都盆地最奥の鞍馬からひと山もふた山も越えたところにある文字通りの「隠れ里」です。(夏暑く)冬冷え込むとはいっても京都盆地には雪はほとんど降りませんがこちらはかなり積もり、桜の時期が大きくずれ込むことになります。毎年、角館で桜が満開というニュースのころにこちらもやっと満開というのは地元の方にとってはそれなりの<実感>なのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/57326802

この記事へのトラックバック一覧です: ことしの桜、撮り納め:

« さくらんぼ2態 | トップページ | 暑さ寒さも彼岸までとは言うが… »