フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 17日のカワセミ(1) | トップページ | 夏日!桜満開へ! »

2013年3月19日 (火)

17日のカワセミ(2)

       ―亀さんもカワセミも大満足happy01

4時過ぎに来たカワセミが、4時20分過ぎに魚を持って帰っていき、多くの仲間が“暗くなってきたし、店仕舞いだ!”と、帰っていきました。

しかし、亀さんは、家が近いので、少し粘ることにしました。1303172480dsc_0239

すると、4時29分にカワセミがやって来ました。ラッキー!

この時点で、カワセミを待っていた仲間は、亀さんを含めて3人。これに、帰る準備をしていた仲間2人が加わり、5人がこの日最後の撮影に始めました。

“池面が暗いので、魚を探すのに時間が掛かるかな…”と思って、気を抜いていると・・・。1303172481dsc_0243 1303172582dsc_0244 1303172683dsc_0245 1303172684dsc_0246

カワセミは、すぐに水に飛び込んで、大きな魚をGETしました。

このシーンの撮影には、カメラの再セット中の人は間に合わない人もいましたが、亀さんは、遅れながらもシャッターを押しました。

後で見ると、上のように、なかなかの写真が撮れていました。(3、4枚目は少しぶれていますが、)1、2枚目は、多分、この日一番の写真かも…。(写真をクリックすると大きくなります!)

この後、5人の仲間の幸運は突然やって来ました。1303172785dsc_0252

カワセミは、魚を捕った後に、20メートルくらい先のムクゲの木の枝に止まりました。普通だと、ここで魚を処理して、持って帰ります。

しかし、この時は、突如、7、8メートルの止まり木に飛んで来て、撮影しているみんなの目の前で、カメラ目線で誇らしげに魚を披露します。130317281dsc_0253_2 130317292dsc_0259 130317303dsc_0260 130317314dsc_0263 130317325dsc_0266 130317336dsc_0268 130317347dsc_0273 130317358dsc_0274 1303173710dsc_0278 1303173811dsc_0283 1303173912dsc_0285

かなり長い時間、みんなに見せた後、ようやく魚を枝に打ち付けたりして弱らせていました。

止まり木にいた時間は2分間と長く、また、わざわざ止まり木に飛んでくる必然性はないので、“大きい魚でしょう!”と自慢しに来たとしか考えられません。

こんなことは初めてで、みんな大喜びをしていました。

最後まで頑張っていたカワセミ仲間にサービスをしてくれたんでしょうかね。(記入者:亀さん)

« 17日のカワセミ(1) | トップページ | 夏日!桜満開へ! »

コメント

亀さん、やりましたね!
とても生き生きした写真で、つい何度も
見てしまいます。

> トノ さんへ
いつも狙った写真が撮れるというわけではなく、偶然撮れたということが多いんですよ。
でも、この写真は、“久しぶりにいい写真が撮れた”といった感じです。

粘ったかいがありましたね。
カワセミの誇らしげな表情を楽しませていただきました。

> micoさんへ
カワセミ撮影の趣味を持たない人にとっては、無駄に時間を使っているように見えるようですが、粘っていて、いい写真が撮れると、嬉しいものですよ。
この日は、粘り甲斐がありました。

亀さん、確かに一枚目、二枚目は素晴らしい写真ですね。水の煌めき、カワセミの羽根の美しさが完璧。
腕とカメラ性能の絶対的な確かさを感じます。
INOさんより

>INOさんへ
お褒めをいただき、感謝します。
何でも練習・研鑽が必要ですね。
ところで、INOさんもたまには、書いて下さいよ!

亀さん素晴らしいシーンが撮影出来て大満足でしょうね。先に引き上げた方たちはこのシーンを拝見して悔やんでいるんでしょうね。最近は明るくなってきたので5時過ぎても場所によっては充分飛び物も対応出来るので粘る事は重要なんですね。
ナイスショット!

>scarletさんへ
亀さんとしては、1年ぶりのベストショットだと思っています。
次に、この公園に行ったときに、皆に見せて回りましたよ。
久しぶりに皆が褒めてくれました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/56981129

この記事へのトラックバック一覧です: 17日のカワセミ(2):

« 17日のカワセミ(1) | トップページ | 夏日!桜満開へ! »