フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近所の公園のカワセミは…?! | トップページ | 東京メトロの吊り広告で納得! »

2013年2月19日 (火)

「抗菌」って何?

    ―エスカレーターの手すり―130218011p1130601130218022p1130617  130218033p1130599

亀さんが通勤の際に最近気になることがあります。

それは、東京メトロ後楽園駅の南北線から丸の内線への連絡通路にある、エスカレーターの手すりに、上の写真のように「抗菌」マークが沢山つけられていることです。(このようなエスカレーターは、JRの東京駅や上野駅にもあるようです。)

安全のために手すりにつかまって欲しいのですが、手すりにつかまる人が少ないので、手すり用フィルム表面に抗菌コート加工を施すことなどにより、エスカレーターの手すりを抗菌化しているようです(注1)

この「抗菌」という言葉は、殺菌ということではなく、細菌の繁殖を抑制するということらしい。

日立製作所製のエスカレーターだったので、その原理を調べてみると、「抗菌ハンドレールは、その表面を覆う化粧ゴムの中に、特殊化合物(抗菌剤)が含有されているため、ハンドレールの表面に付着した細菌類は、抗菌剤の働きにより細胞膜が破壊され、不活性化される」(注2)ということらしい。

確かに、細菌を防止しているようですが、人体に安全なんだろうか…と不安に駆られてしまいます。また、ウィルスには効果がないとも…。

亀さんは、そんなことより、外出から帰ってきたときに、手洗いを励行すればいいのでは…と思います。(記入者:亀さん)

(注1)「抗菌コーティングでエスカレーターの安全性を促進」(2009.07.27):http://mechanical-tech.jp/node/2206

(注2)「エスカレーター用の抗菌ハンドレールを開発」(1997.02.24):http://www.hitachi-cable.co.jp/products/news/19970224.html

« 近所の公園のカワセミは…?! | トップページ | 東京メトロの吊り広告で納得! »

コメント

確かにそうです。あちらこちらに『抗菌』が多すぎます。所謂潔癖症の人には役に立っていないとのことです。安全は自分で守るのが本当かな。

>GORO爺 さんへ
そうか、潔癖症の人向けなんですか…。
でも、エスカレーターの手すりが原因で、病気になったというのを聞いたことがないんですがね…。
院内感染予防のために、病院の色々な器材が抗菌加工されるのは分かるんですが…。

亀さんが言われる通りですね。手洗いで足りると
思います。

ただ、私も履いているビジネスシューズの中が
抗菌処理されているので、夏場でも靴下が臭く
ならないという利便性もありますね。

>トノさんへ
確かに…。
そう言えば、抗菌防臭加工靴下っていうのもありましたね。
それに使われている銀イオンって安全なんですかね?
数足の靴を代わる代わるに履き、履かないときには風を通せば、臭くなりませんが…。

私、詳しい事はぜんぜん判りません。
世の中に潔癖症の方が増えている様ですね。
綺麗な事に越した事は無いと思うのですが、多少汚れていても良いのではないか?と思いますが。
あくまでも自分の体の事です。
小さい時から安全の方向で過ごして居たら、いざと云う時に直ぐ被害を受けるのでは無いかと危惧して居ます。
少しのホコリを吸ってもなんら影響されない体力を持ってほしいと云うのが私の考えです。

体質でどうしようも無い方には、必要かなと思いますが、なんでもかんでも抗菌その他で守られていったら最後には体力の無い弱い体の方ばっかりに成ってしまうんではないでしょうか?

長々とスミマセン。

>○○さんへ
確かにそうですね。
少しくらい汚れていたほうが抵抗力がつくような気がしますね。

スミマセン。
↑のコメント、私でした。
名前入れたつもりでしたが、今見てあらビックリ。
名無しのゴンタに成ってました。大(笑)

こんにちは。
気がつきませんでした。駅に抗菌マークのあるとは知りませんでした。面白いですね。気を遣いすぎると言うか行き過ぎだと思います。

> シゲさんへ
その通りです。
エスカレーターの手すりは、いつも、清掃の人が拭いているんですよ。それなのに…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/56794355

この記事へのトラックバック一覧です: 「抗菌」って何?:

« 近所の公園のカワセミは…?! | トップページ | 東京メトロの吊り広告で納得! »