フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江散歩 (その3) | トップページ | 見沼田んぼに珍しいトラフズクが… »

2013年1月27日 (日)

1月26日のカワセミ

  ―シャッター押せない病と逆光に悩む―130126011dsc_0020

26日午後、亀さんは、2週間ぶりに、隣町の日本庭園にカワセミ撮影のために遠征しました。

亀さんが公園滞在中のほとんどの時間、カワセミは公園内にいました。130126122dsc_0157 130126063dsc_0085 130126081dsc_0113

この庭園には、止まり木はありませんから、カワセミは、園内の岩や樹木などから魚捕りをします。この日は、灯籠からも魚捕りをしました。

しかし、この日は、逆光で撮りにくいところで魚捕りをすることが多く、また、亀さんのシャッター押せない病(注)が再発して、魚捕りや飛翔などの決定的なシーンがうまく撮れないのです。130126041dsc_0039 13012607dsc_0087

特に、最初の2時間は散々な状態で、撮れた写真でまあ見られるものは、上の2枚だけでした。1301260921dsc_0120 1301261022dsc_0121 1301261123dsc_0124

その後、レリーズを使用してみたり、シャッターを半押ししたりして、帰る間際にようやく上の魚捕りのシーンを撮りました。

でも、この時も最初シャッターが切れず、押しなおしてようやくシャッターが切れたので、ピントがチャンと合っていません。

今後色々と工夫しないといけませんね。(記入者:亀さん)

(注)シャッターボタンの押し方が悪く、それを押しても、シャッターが切れないということ。

« 近江散歩 (その3) | トップページ | 見沼田んぼに珍しいトラフズクが… »

コメント

いろいろ大変なのですね。ただ良いな~と感心しているだけの立場では、解りません。ゴメンナサイ。

8枚目ナイスです。
昨日は、カワセミが思った場所に来てくれませんでしたね。次回に期待です。

機械的な理由ですか?
レリーズ使用でしたらすんなり押せると私は思うのですが。
いずれにしても、早く病は直された方が良いでしょうね。
病には全然、見えないんですけど。

よく撮れてま~す!
私は6枚目、8枚目がいいですネ。
シャター押しの病は、年齢も関係ありますか?(失礼!)風邪ひき等、ご注意を!

(訂正)5枚目、8枚目。
見させてもらってる身で言わせて貰ってるだけデス。

>GORO爺さんへ
グチャグチャ書いているのは、亀さんの愚痴ですから、楽しんで見ていただければいいんです。
まあ、1日に1枚、良い写真が撮れれば満足すべきなんでしょうね。

> KR さんへ
8枚目は、RAWから転換しました。
昨日は、どうもうまく行きませんでした。
ところで、今日はKNPに行きました。
まだ工事をしていませんでしたが、カワセミの出は、日によって極端に異なっているようで、今日は、止まり木に止まったのは1回だけでしたよ。

>ななごうさんへ
機械的な問題でも、身体的な問題でもありません。
寒い日に、亀さんの指先がかじかむと、指が凹んで、シャッターを押しても、シャッターを押し切ることが出来なくなるのです。
レリーズを使えば、その問題は生じないのですが、昨日レリーズを使ってみたのですが、使い慣れていないので、うまくいきませんでした。
まあ、シャッターの押し方を工夫していこうと思います。

「病気」は早く治るのが望ましいですが、素人目にはどれもよく撮れているように思われます。(特に5枚目がお気に入りです)

私のコンデジは時々フリーズしてしまいます。
これはカメラの問題ですが、亀さんの病気も亀さんのせいではなくカメラの「病気」なのでは?

>マルチュウさんへ
シャッター押せない病は、寒いと指先が凹むということに起因していますので、(多分、若いと指先が凹むことはないので、)年のせいだと思います。
もちろん、シャッターの押し方のクセにも関係しているんですがね。

> ubazakuraさんへ
上のマルチュウさんへの回答にも書いたのですが、カメラにも、身体的にも問題はありません。
NIKONのカメラのシャッターは、シャッターの周りを電源のON・OFFのスイッチが囲んでおり、その部分に指が引っ掛ると、シャッターが押し切れないのです。
ですから、カメラ屋さんに持って行ってもダメなんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/56633953

この記事へのトラックバック一覧です: 1月26日のカワセミ:

« 近江散歩 (その3) | トップページ | 見沼田んぼに珍しいトラフズクが… »