フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カワセミは今日も来なかったが…。 | トップページ | 犯人は誰だ! »

2012年11月26日 (月)

カワセミが来なくなった理由は?

      ―魚釣りの人も激減―12112506knpdsc_0014

最近、カワセミの出が急に悪くなりました。

その原因について、カワセミ撮影の仲間内は百家争鳴状態です。

その一つに、“池の水深が浅いために、カワセミが魚を捕るために飛び込んだときに、池の底にぶつかり、それを嫌がってこなくなった”というものがあります。

上の写真で、池の底の足跡のような凹みがカワセミがぶつかった跡だというのです。

確かに、池の水深は浅いところで、30~50cmしかないのですが、直ちに信じられない説です。

亀さんは、“水深が浅く、気温の低下に伴って、水温が急激に低下したため”ではないかと思っています。

魚が比較的に暖かい池中央のホテイアオイの下に潜り込んでいるために、カワセミが魚を捕りにくくなっているのでは…と思うのです。

このことは、魚釣りの対象の魚にも同様の影響があるようで、最近、常連の釣り人がほとんど来られず、釣り人が激減するという現象を生んでいるのです。

いずれにしても、水深が浅いと気温の影響を受けやすく、氷も張りやすいので、池のヘドロが浚渫され、池が深くなることが不可欠のようです。

情報によると、2月から池の浚渫工事が予定されているようです(~4月)。

カワセミ撮影をする者として、浚渫工事が予定通り行なわれ、池の環境が改善されることを期待しています。(記入者:亀さん)

(参考)昨年の記録を見ると、昨年の今ごろは、1日1回(11月20日、23日)の日が続いた後、1日3回(11月26日)、1日6回(12月4日)と日によって変化しています。(昨年は、その後、猫や猛禽類のツミに4羽のカワセミが次々と食べられています。)

« カワセミは今日も来なかったが…。 | トップページ | 犯人は誰だ! »

コメント

おはようございます。
カワセミの棲みつく環境が悪くなっているようですね。

>micoさんへ
この池が浅いために来ないだけで、自然環境が悪くなっているわけではありません。
毎年、カワセミは氷の張らない流れのあるところで、エビやウシガエルのオタマジャクシなどを食べており、春先には戻ってくるので、あまり深刻に考えていません。
ただ、この公園に来なくなると、遠征しなければいけないので、少し手間です。

私のMFの川は深い場所は数センチ深い場所は60Cm位の川です。カワセミは川の深さが判るようで浅い場所はひらひらっと舞い降りて足を付いて得物を捕獲します。深い場所で高さがある止まり場所からは一直線に飛び込みますが、低い枝の場合は上に上がって勢いをつけて飛び込みます。
と言うわけで原因は亀さんが書かれているように寒くなって獲物が根に潜ってしまい獲りづらくなった(居なくなった)ためだと思います。
何処かに良い餌場があるんでしょうね。

>scarletさんへ
この公園の池は、毎年、冬の時季には魚が深いところに移動し、例年はエビ、ザリガニやウシガエルのオタマジャクシ(カエルになるのに2年掛かります)を食べていました。
しかし、ブルーギルが池に入り込んで、ウシガエルやザリガニが減ったし、12月下旬くらいから氷が張るので、ほとんど絶望的です。
したがって、1、2月は、亀さんたちは、別の公園などに遠征しています。
というわけで、これからのカワセミ撮影は、大変です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/56192194

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミが来なくなった理由は?:

« カワセミは今日も来なかったが…。 | トップページ | 犯人は誰だ! »