フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 秋祭りで帰省します! | トップページ | 世界文化遺産・厳島神社を満喫!(2) »

2012年10月10日 (水)

世界文化遺産・厳島神社を満喫!(1)

        ―ふるさと・第1日目(1)―

既報の通り、10月6~8日の3連休、亀さんは、7日に行われた故郷の吉浦八幡神社のカニ祭りを55年ぶりに見るために帰省しました。

まず、6日は、せっかくですから、世界文化遺産の厳島神社を見ようということで、早起きをして、8時過ぎの新幹線のぞみ15号に乗り、12時半過ぎに最寄りのJR宮島口駅に着きました。121006011p1120075 121006022p1120100

宮島への連絡船に乗る前に、“腹が減っては…”と、名物のあなごめしを食べようと、創業明治三十四年のあなごめし うえの」(注1)に行ってみました。

すると、店は満席・3時間待ちです。さらに、店に入るのを断念した多くの人が、「あなごめし弁当」(1470円)を買うために行列をし、また、付近の椅子や石に腰を掛けて食べています。

店で食べるものと味も値段も同じだと言うので、亀さんもあなごめし弁当にしました。宮島港のターミナルで食べましたが、実に美味いあなごめしでした(注2)121006031p1120105_3  121006042p1120082_3 12100605p1120090

その後、連絡船に乗るために港に行くと、JR西日本(注3)と宮島松大汽船(注4)が運賃・所要時間も同じで運航していましたが、観光客が多く、どちらも繁盛していました。亀さんは、船が大きいJRに乗りました(注5)が、船からの厳島神社の眺望が良く、大満足でした。(写真は宮島港ターミナル)

ところで、亀さんが若い頃は、厳島神社の祭神が女神(注6)なので、カップルで来ると、女神の嫉妬で“恋が実らない”ということが信じられており、亀さんも宮島でデートした女性にはすべて振られました(苦笑)。

しかし、今はそういう迷信はないようで、老いも若きも沢山のカップルやグループで一杯でした。世界文化遺産の指定やNHKの大河ドラマ「平清盛」の放映の効果は甚大ですね。(記入者:亀さん)

(注1)「あなごめし うえの」のHP:http://www.anagomeshi.com/。(食べログ):http://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34000065/

(注2)亀さんは、あぶらが乗った鰻を苦手にしていますが、穴子は、鰻に比べてあぶらが少なくあっさりしているので、好きです。

(注3)JR西日本宮島フェリー:http://www.jr-miyajimaferry.co.jp/

(注4)宮島松大汽船:http://miyajima-matsudai.co.jp/

(注5)宮島松大汽船はJRより厳島神社から見て遠い航路を直線的に走りますが、JRはの方が厳島神社に近い航路を多少蛇行しながら走るので、結果として、JRの方が厳島神社の海からの眺望を楽しむことができるような気がします。

(注6)厳島神社の主祭神が市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の3女神です。

« 秋祭りで帰省します! | トップページ | 世界文化遺産・厳島神社を満喫!(2) »

コメント

亀さん、ヾ(゜v ゜*)ノ コンニチワ♪
故郷でリフレッシュしてますでしょうか~?
NHKで清盛見てるから…という訳ではありませんが、シェリーもいつかは絶対×2行ってみたい厳島神社ですnote
失恋しても良いから行ってみたいです~(笑)

> シェリーさんへ
じっくり見ると、色々と面白いですよ。
もみじ饅頭を1個ずつ買って、食べ比べるとか…。
また、天気が良ければ、ロープウェイで新百名山の弥山(みせん)に登ると良いですよ。

亀さんへ 宮島へは往復ともJRのほうだったんですか。好奇心旺盛な私なら帰りは松大汽船にするかも。いや往復割引もありましたかね。大野からシーカヤックで出かけた時は鳥居の下をくぐるのを楽しみにしていたのに干潮でした。

> 野次馬さんへ
たしかに両方乗ればよかったですね。往復割引きはなかったのですが、切符は往復で買ってしまいましたよ。
(3)の写真のように、大鳥居の下を観光の木の船がくぐっていましたが、そのあと、色鮮やかなシーカヤック?カヌー?の集団が来て、写真を撮っている人は怒っていましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/55851843

この記事へのトラックバック一覧です: 世界文化遺産・厳島神社を満喫!(1):

« 秋祭りで帰省します! | トップページ | 世界文化遺産・厳島神社を満喫!(2) »