フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 9月27日のカワセミ | トップページ | 9月29日のカワセミ »

2012年9月29日 (土)

江戸の老舗で昼食

    ―嘉永三年創業の割烹・嶋村―120928011p1120016_3

亀さんは、金曜日は職場の近くの日本橋の飲食店で昼食を摂っています。

職場の仲間と一緒に、毎週1軒ずつ、行ったことのない店を片っ端に回って、食べ歩いているのです。

昨日は、嘉永3年創業の「割烹 嶋村」にしました(注1)(注2)

店に入ってみると、店の壁に文久元年の「魚盡見立」番付が飾ってありました。120928022p1120013_4

亀さんが入った店が、勧進元の一つの「数寄屋町 嶋村」として記載されています。

亀さんは、最近読んだ石川英輔著「大江戸しあわせ指南」(小学館101新書)の95ページにもほぼ同様の見立番付が掲載されたことを思い出しました(注3)

その本の説明によると、その中央に書かれた店は別格の高級店で、なかでも勧進元の「八百善」、「嶋村」などは超々高級店だというのです。120928044p1120014

夜のメニューを見ると、相当な値段の店でしたが、昼のメニューはサラリーマンにとって手頃な値段でした。

亀さんは、900円の日替わり定食にしました。

この日の日替わり定食は、白身魚のフライとメンチカツでしたが、牛蒡の白和え、香の物、味噌汁が付きました。

料理自体は、割烹の料理ではありませんが、牛蒡の白和えや味噌汁やご飯はとても美味しく、老舗割烹としてランチにも手を抜かないという、店の意気を感じました。

何かの機会があれば、夜来てみたいナー!(記入者:亀さん)

(注1)まち日本橋トップ>日本橋を愉しむ>名店のごはん>割烹 嶋村:http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/gourmet/201104/

(注2)ぐるなび>嶋村:http://r.gnavi.co.jp/g202500/

(注3)石川英輔著「大江戸しあわせ指南」:http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784098251414

« 9月27日のカワセミ | トップページ | 9月29日のカワセミ »

コメント

亀さんへ 江戸の老舗で昼食とはうらやましい。ここのところ和田はつ子の「料理人季蔵捕物控」と高田郁の「みをつくし料理帖」シリーズ(いずれもハルキ文庫)にはまっていますのでなおさら!ブログにて<ご相伴>させていただきます。

>野次馬 さんへ
江戸の老舗と言っても、お昼の900円の定食ですから、内容的には、“羨ましい”と言えるものではありません。
やはり、夜のメニューでナイトね。(あっ、ダジャレになっている!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/55766932

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の老舗で昼食:

« 9月27日のカワセミ | トップページ | 9月29日のカワセミ »