フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 藤野町の「緑のラブレター」 | トップページ | 亀さんちのアケビの実、順調に生長! »

2012年6月24日 (日)

オオヨシキリの餌運び

      ―主な餌はクモ!―120623011dsc_0016

カワセミの雛が来たというので、昨23日は、午後1時過ぎからさいたま市のES園に行きましたが、一度も、カワセミが出てきませんでした。

帰りに、亀さんちの近所の公園に行って、カワセミが来るのを待ちました。人が少なくなると聞いていたのですが、ここも空振りでした。

カワセミを待っていると、オオヨシキリが何度も近くまでやって来て、餌を捕ったり、ヨシの中に入っていきます。120623061p1110309 120623072dsc_0011

何度もヨシの中に入るので、ヨシの茎の間を探してみると、オオヨシキリの巣がありました。(ただ、雛の声や姿は確認できませんでした。また、カメラではなかなか上手く撮れませんでした。)120623022dsc_0021_2 120623033dsc_0022_2 120623044dsc_0024_2 120623055dsc_0027_2

親鳥がヨシの間に入って何度も餌捕りをするので、“何を捕っているのかな?”と思って見ていると、ほとんどがクモでした

クモが捕りやすいためなのか、クモが雛の好物のためなのか、分かりませんが、クモも災難ですね。(記入者:亀さん)

追記:今、NHKTVの「今夜も生でさだまさし」を見ながら、記事を書いています。

« 藤野町の「緑のラブレター」 | トップページ | 亀さんちのアケビの実、順調に生長! »

コメント

オオヨシキリがこんなに近くで観られて羨ましいです。しかし餌がクモとは・・・。私はクモがこの世で一番嫌いなんです。目の前にヨシキリが現れても、クモを咥えていたら、写真が撮れないかもしれません。

>ぴいちゃんさんへ
クモが嫌いとは、うちの奥さんと同じですね。
うちの奥さんは、悲鳴を上げるんですよ。若い時は可愛かったけど、いい歳をして、悲鳴を上げるのはね…。

本題とは外れますが、私の弟は幼少時「だいぞう」と称した「くも」が大好きで、町内に居た元市長に可愛がれていました。闘う「くも」です。
鹿児島地方では、お祭りが有りますネ。

> マルチュウさんへ
あれ?マルチュウさんは亀さんと同じ集落(Y浦)の出身でしたかね?
亀さんも、小さい頃、ダイゾウ(黄金グモ)をそれが大好きだった元市長のS木術(てだて)さんのところに持って行っていましたよ。
ちなみに、亀さんは元市長の奥さんから長唄を習っていましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/55037075

この記事へのトラックバック一覧です: オオヨシキリの餌運び:

« 藤野町の「緑のラブレター」 | トップページ | 亀さんちのアケビの実、順調に生長! »