フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雨に濡れるツバメ | トップページ | ど根性夏みかんと故郷の甘夏 »

2012年5月 7日 (月)

カワセミ三昧?カワセミ散々!

   ―6日はGセンターでカワセミ撮影―120506011dsc_0007

ES園でのカワセミ撮影が連日の空振りだったので、9連休最終日の6日は、9時過ぎに、市内の最大の公園のGセンターへ行きました。

公園にはカワセミ撮影仲間が沢山来ており、連休のイベント中でかなりの人出の中でも、カワセミはそこそこに来るようです。

この日も、カワセミは10時半頃から1時過ぎまで5回ほど来て、魚を捕って、メスに持ち帰りました。120506101dsc_0067_2 120506112dsc_0068_3 120506123dsc_0069

ただ、ここでは、魚捕りの場所が一定しておらず、魚捕りのシーンの撮影はあまり上手くいかず、1回撮影に成功した場合には、背景が悪いうえに、カワセミ君が魚捕りに失敗しました。

この日の魚捕りに関しては、面白いシーンに遭遇しました。120506021dsc_0023_2 120506032dsc_0028_2 120506043dsc_0030 120506054dsc_0031 120506065dsc_0036 120506076dsc_0041 120506087dsc_0048

それは、カワセミ君が魚と一緒に枯葉を咥えて四苦八苦して、枯葉を落とし、無事魚をメスに持ち帰ったのです。

本当にオスの苦労は人間と同じですね。

その後、ES園にもカワセミが来ていると連絡があったので、背景の良い所で撮った方が良いと思い、撮影場所を移すことにしました。

しかし、なかなかカワセミは来ず、やっとカワセミが出た途端に強烈な雷雨に見舞われ、撮影中断を余儀なくされました。

この9連休は、カワセミ撮影中心の生活でしたが、「カワセミ三昧でしたか?」と聞かれれば、「カワセミ散々!」と答えざるを得ません。

でも、楽しい9連休でしたよ。(記入者:亀さん)

« 雨に濡れるツバメ | トップページ | ど根性夏みかんと故郷の甘夏 »

コメント

カワセミの雄の苦労がよく分かりました。
突然の雷雨は大変でしたね。

カワセミの色がとてもきれいです!
突然の雨で、カメラはぬれませんでしたか。

> micoさんへ
この日は、2時頃まではいい天気でしたので、カワセミの色もきれいに出ていました。
3時前に急に空が暗くなり、雷が遠くで鳴り、急いでカメラをしまって、車に飛び込みました。
大粒の雨、数センチの雹、雷と強風で大変でした。
北関東では、竜巻で大きな被害が出たようですが、亀さんの方では、そこまでにはなりませんでした。

> トノ さんへ
夏のような好天から一転して、真黒い雲と雷鳴がして、急いでカメラをしまいました。
間一髪で、カメラがずぶ濡れになるのを回避できました。
あと1、2分遅れていたら、大変なことになったと思います。
ただ、帰宅して、荷物を下ろすだけでも亀さんはずぶ濡れになりました。カメラはバックの中で大丈夫でしたが…。

先日、田舎に帰省した際に遊行柳なるものを笠を差しながらコンデジで撮影しました。
自分では注意したつもりでしたが雨粒がレンズに着いた様です。どうも変だと思いレンズを見ますとレンズの内側にほこり?らしきものがついており外側からいくら拭いても取れませんでした。
修理に出すべきか?そのまま使用するか迷っています。工賃を考えると買い替えした方が良いのかな?なんて。
高級一眼でしたら修理に出すべきでしょうね。
安すぎるカメラも善し悪しです。
地球のエコに反してますね。

小枝と魚を上手に分けましたね。

カワセミくん、魚を落とさなくて良かったですね。この苦労をメスは知っているのでしょうか。

>ななごう さんへ
短焦点のレンズにはあまり雨粒やごみは入りにくいのですが、ズームレンズは入りやすいようです。
雨粒だけなら自然乾燥すると思いますが、ゴミが入っているのなら、カメラのサービスセンターで点検してもらい、修理費を試算してもらうと良いですよ。
ところで、カワセミ君は魚を落とさず、よくゴミだけを落としましたが、見ていてハラハラしましたよ。

>ぴいちゃんさんへ
これから子育ての期間は、オスは大変です。
カワセミのメスも、人間界と同じように、亭主の苦労は知らないと思います。
でも、それが宿命なんでしょうね。

こんばんは^^

「カワセミ三昧&散々」の楽しいGWでしたね♪

カワセミ君、枯れ葉を落として魚だけをメスの所へ持ち帰るなんて
偉いですね(o^-^o)
感心してしまいましたheart04

明日明後日も不安定なお天気になるようで、雷雨や竜巻が起きないといいですね・・・

> ほよりんさんへ
いつもメスが食べやすいように、メスが魚の頭から飲み込めるようにして持っていくのも、オスにとっての心づかいです。
頭を前にした時に、「持って帰る!」と亀さんたちが言うと、周囲で見ている人が「何故分かったのですか?」とよく聞いてこられます。
冒頭のカワセミのオスの習性をお話しすると、感心されるんですよ。

GW中はカワセミ三昧でしたようですね!
自分は百姓三昧でGWが終わりましたよ。
広島も雨の日が多くて農作業もボチボチ・・雨の日は育苗ポットに野菜の種蒔き、納屋の整理などで忙しく過ぎていきました。

GW.関東の天気は大変でしたネ。
それでも、亀さんは毎日挑戦!カワセミ君の魚と枝の仕分け技もすごいですが、亀さんの「良い写真を届けよう~」との執念、努力に脱帽ですネ。
綺麗なカワセミ君をアリガトウ御座いました。

> IWATOさんへ
甘夏とキンカン、届きましたよ。
さっそく食べたら、美味しかったですよ。
ところで、“春に花が咲き、秋に実るのに、なぜ夏みかんと言うのか?”という疑問がありましたが、翌年の夏に収穫するからなんですね。
この辺のことをブログに書きました。

>マルチュウさんへ
天気が悪く、残念なGWでしたが、皆さんに出来る限り色々なカワセミをお届けできたかな?と思っています。
おほめをいただき、ホッとしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/54650098

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミ三昧?カワセミ散々!:

« 雨に濡れるツバメ | トップページ | ど根性夏みかんと故郷の甘夏 »