フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『大阪人の格言』―野次馬の読書案内(017) | トップページ | 14日のカワセミ »

2012年1月14日 (土)

マカラズヤ?ワカラズヤ?

     ―変な看板?・その2―12011203p1090648_5 

神田神保町の古書店街の中に、三省堂書店の近くの靖国通りに面して、紳士カバンの老舗があります

その名前が変わっています。

読んでみると、一瞬、「分からず屋」と読めますが、カタカナで「レオ マカラズヤ」と書いてあります。

店のご主人が物の道理が分からない「分からず屋」だから、そのように名付けたのかな?”と思って見直すと、やはり、「レオ マカラズヤ」と書いてあります。

そこで、亀さんは探索を始めることにしました。

検索エンジンで、「レオマカラズヤ」で入れて検索すると、すぐに、レオマカラズヤ(株)のHP(注1)が見つかりました。

そのHPの会社案内には、「風変わりの名の由来は、これ以上まからないというところから。明治時代にあった、まけろまけないという風習をやめ、正札主義で貫く意思の表れでした。しかし、現在は、事前に値引きしてあるので、これ以上まけ(ら)れないと意であります。」と書いてあります。

明治39年(1906年)に創業した当時、商品取引では商品の値段は大体「相対(あいたい)」といって、売り手と買い手の駆け引きで決まっていました。一方、越後屋(今の三越)は、17世紀から市場を考慮して価格決定し、値引きをしない「正札販売」をしていました。

この店の創業者は、この「正札販売」をする(値段を「負けない」、「負からん」)と意味で、店名を「マカラズヤ」にしたそうです。また、商戦に負けないという意味もあるようです

この店は、テレビや出版物で色々と取り上げられているようで、神田法人会の広報でも何回も取り上げられているようです(注2)。この広報を見る限り、3代目のご主人の木内武郷さんは、分からず屋ではなさそうです。

今後も、街を歩くときに、変わった看板を探してみようと思います。(記入者:亀さん)

(注1)レオマカラズヤ(株)のHP:http://leo-makarazuya.co.jp/

(注2)神田法人会の広報:(木内武郷さん:ご近所さん訪問)http://www.kanda-hojinkai.com/kinjyo/kinjyo50.html、(老舗を訪ねて「レオマカラズヤ」)http://www.kanda-hojinkai.com/sinise/sinise24.html

« 『大阪人の格言』―野次馬の読書案内(017) | トップページ | 14日のカワセミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/53722588

この記事へのトラックバック一覧です: マカラズヤ?ワカラズヤ?:

« 『大阪人の格言』―野次馬の読書案内(017) | トップページ | 14日のカワセミ »