フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« この物体はいったい何?(2) | トップページ | 紹介できなかった震災関連本―野次馬の読書案内(016) »

2012年1月13日 (金)

京都・鴨川で「亀」発見!

京都の真ん中を流れる鴨川で「亀」発見!というか「亀の飛び石橋」を見つけました。以前に別の場所のを紹介しましたがこちらは京都府立医科大学付属病院のすぐ東側にあります。

Imgp1193これが病院のある西側から東を見た全景です。いちばん下流に上流=北を向いた3匹、飛び石橋は上流側に東向きの4匹と並んで西向きの4匹で計11匹います。

Imgp1194

Imgp1195Imgp1196

Imgp1197_3

実はこれを撮ったのは先週6日でしたがそのうち紹介しようと思っていました。ところが12日に皇居で行われた新春恒例の歌会始に京都府の大石悦子さんの「とび石の亀の甲羅を踏みわたる対岸にながく夫を待たせて」が選ばれているのを見つけましたので。詠まれたのは間違いなくこの「飛び石橋」ですよね。ご主人が気長に待っておられたのはどちら側だったのでしょう。 
(記入者:野次馬)

« この物体はいったい何?(2) | トップページ | 紹介できなかった震災関連本―野次馬の読書案内(016) »

コメント

何ということ。
かわいい亀の甲羅を踏みつけるなんて、歌会始の選者は何を考えているんでしょうか?
亀さんとしては、断固許せん!なんて。
今度京都の行ったら、親亀の上に小亀が乗ってみますよ。

亀さんへ 「京の川」といえば、まず鴨川ですがこう見えてなかなかの暴れ川です。最後の氾濫は戦前の昭和10年(1935)6月ですが油断はできません。紹介した「亀さん」はコンクリート製ですが大雨時の激流に流された石の直撃で鼻先が欠けているのが多いです。亀さんが「亀さん」の(ああややこし)甲羅を踏みつけるのがかわいそうと言われるなら石橋のほうだけを渡るという手もありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/53725913

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・鴨川で「亀」発見!:

« この物体はいったい何?(2) | トップページ | 紹介できなかった震災関連本―野次馬の読書案内(016) »