フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神田蕎麦地図めぐり・番外編 | トップページ | 飛行船に乗りたいな~! »

2011年11月21日 (月)

20日のカワセミ

  ―ジンバル雲台のデビュー、成功!?―11112001p1090177

20日は、ジンバル雲台(BENRO GH2)のデビュー日でした。亀さんは、8時過ぎにいつもの公園に行きました。

ところが、公園では大事件が起こっており、大騒ぎです。

なんでも、6時過ぎに来た、いつものカワセミ君が魚捕りで飛び込んで浮かび上がってこない(言い換えると、池の底のヘドロにクチバシを突っ込んで、水死したんでは…)というのです。

確かに、11時頃になってもカワセミ君はやって来ません。

みんなが“そんなこともあるのか”と考えるようになった、11時過ぎ、カワセミ君がやって来ました。死んでいなかったんです。1111200211dsc_0003 1111200312dsc_0013 1111200413dsc_0014 1111200514dsc_0016 1111200615dsc_0017

そして、魚を探して、水面を見ながら、色々と首を振ります。亀さんたちもそれに合わせてカメラのレンズの方向を動かします。

カワセミ撮影仲間からは、“雲台がいいから、いい写真が撮れるよ!”という声が掛かり、亀さんはプレッシャー一杯です。しかも、カワセミ君が15分以上も魚を捕りに飛び込まないので、シャッターチャンスを逃さないように緊張の連続です。

緊張の糸が切れそうになったとき、カワセミが飛び込みました。亀さんは、カワセミが飛び込んだところにカメラを向けてシャッターを切りました。1111200711dsc_0019 1111200812dsc_0020 1111200913dsc_0021 1111201014dsc_0022

1、2枚目はピンボケでしたが、3、4枚目はピントが合ってきれいに撮れました。3枚目は、カワセミと水面に写ったカワセミがきれいに撮れ、4枚目は、魚の目まで写っています。(写真をクリックして見てください!)

亀さんは、このとき、“やっぱり機材が良いときれいに撮れるんだ!”と思いましたが、どうも勘違いだったようです。

その後、カワセミ君は、約30分後に帰るまでに、3回の魚捕りをしましたが、3回ともピンボケなどの失敗ばかりでした。111120182dsc_0066 1111201922dsc_0067

失敗作の中で惜しかったのは、上の2枚です。左はピントが若干合っておらず、右はピントが合っているんですが、クチバシが切れています。

やはり、1回目の魚捕りのとき以外は、緊張の糸が切れていて、カメラの操作が遅れていたことに気がつきました。

反省しきりです。今後も頑張って、いい写真をお届けしたいと思います。乞うご期待!記入者:亀さん)

« 神田蕎麦地図めぐり・番外編 | トップページ | 飛行船に乗りたいな~! »

コメント

新しい雲台、ワクワク気分が届きました。
とても楽しみです。素晴らしい日々ですね。

亀さん、こんにちわ。

雲台を購入した甲斐がありましたね。
水面に写るカワセミ君、凄い作品ですね!!!
ビックリマークを沢山付けたいです。
このような素晴らしい画像、初めて見ました。
ヤッタネ!亀さん。

オメデトウ御座います。
水面に写るカワセミ君、きれいな写真ですネ。
やはり、カワセミ君は飛翔が美しい!雲台高価そうだが効果は有りましたネ。
亀さんの「カワセミ君の日」が楽しみデス、期待していま~す。

こんにちは
素晴らしい写真が撮れましたね。
おかげさまで樂しませていただけました(感謝
5段目の写真に感動です。

上から6段目の写真、最初見た時には二羽のカワセミをゲットしたのかな?と思いました。
クリックしてあーそうゆう事ね。と納得です。
素晴らしい写真だと思いました。
次が楽しみです。

>GORO爺さんへ
昨日は、ワクワク感よりもプレッシャーの方が大きかったですよ。
1回目の魚捕りで、2枚成功してホッとしました。
でも、水から上がったばかりのカワセミのシーンは、上手い人は、チャンと撮っておられるのに、亀さんはピンボケですから、もっと頑張らないといけませんね。
どうも、シャッターを押すのが1000分の何秒か遅れているようです。

> ポンタロウさんへ
お褒めをいただき、感謝します。が、褒めすぎです。
まだまだ、ピントが甘いし、コンスタントにいい写真が撮れませんので…。
いずれにせよ、これに満足せず、頑張るのみです。

> マルチュウ さんへ
雲台は結構高かったのですが、使用してみて、値段だけの価値はありました。
この雲台は、日本企業が指導した中国の三脚メーカーが作ったものですが、性能も良く、カワセミの撮影仲間では、大流行しているんですよ。
カワセミ撮影以外では、大げさな雲台ですが…。

> micoさんへ
シャッターを押した瞬間は、チャンと撮れたかどうかは分かりません。
カワセミの一連の動きが止まった時に、再生してみるんですが、2枚がチャンと撮れたので、ホッとしました。
でも、カワセミは、魚を探してなかなか飛び込まないときは、緊張の糸が切れそうになるんですよ。
そして、シャッターを切るのが遅れるんですよ。

> ななごう さんへ
カワセミの動きは速いので、肉眼では、水面に映ったカワセミはほとんど見ることはできません。
ですから、亀さんも写真を見て、 ななごう さんと同じように、“すごくきれいだなあ!”と感じました。
この時も1000分の1のシャッター速度で、撮っていますので、きれいに撮れているんですよ。

亀さん、今おバカな事をやって見ました。
先程のコメの中の6段目の写真ですが、パソコンをひっくり返して見てもまともに見えましたよ。(笑)

但し、右からでは無く左から飛んでます。
当たりまえですが。

>ななごうさんへ
ハッハッハ…!
誰も同じことをやるんですね。
亀さんも水に映ったカワセミの羽の形がいいので、撮った直後にカメラを逆さにして、“こちらの方がイイネ!”と他人に見せました。
他の人の反応は、???でした。

撮影成功、おめでとうございます!
これから、ますますカワセミにのめりこみそうですね(^.^)
寒くなりましたので、お風邪など召しませんよう。

> ubazakuraさんへ
もうのめり込んでいるようです。手遅れになってしまっています。
ですから、楽しんでいきます。
なお、防寒は、冬山に登っていたときの装備があり、寒さ対策は万全ですので、ご安心下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/53293870

この記事へのトラックバック一覧です: 20日のカワセミ:

« 神田蕎麦地図めぐり・番外編 | トップページ | 飛行船に乗りたいな~! »