フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« こんなモノを捨てた奴は誰だ! | トップページ | 神田蕎麦地図めぐり7 »

2011年10月 3日 (月)

10月2日のカワセミ

     ―この日最大の後悔は・・・―111002061dsc_0008 111002072dsc_0137 111002153dsc_0150 111002164dsc_0179

この日、亀さんは、カワセミ撮影のため、9時頃にいつもの公園に行きました。

この日は、公園にいた14時頃までの5時間で、カワセミは2回・3時間半も来て、しかも、1回目はオス親と若オスが交互に、2回目は一緒のタイミングで来ました。

だから、魚捕りのシーンを撮る機会は何度もあったのですが、亀さんは、失敗ばかりでした。

そこで、亀さんは、途中からオートで撮ることを諦め、カワセミが飛び込みそうなところに置きピン(注)をして撮ることにしました。下の写真は、その結末です。11100201dsc_0209

置きピンの位置はピッタリでした。カワセミが飛び込んだところに波紋ができています。

しかし、カワセミが写っていない大失敗作です。

亀さんは、置きピンをした後、カワセミがなかなか飛び込まないので、気持が緩み、レリーズのもつれを直していました。その時に、カワセミ君は飛び込んでしまい、シャッターボタンを押し遅れたのです。

この日最大の後悔ですcrying11100217dsc_0115_2

カワセミが飛び込むタイミングを掴むのは大変で、上の写真のときも結局は飛び込みませんでした。1110020211dsc_0103 1110020312dsc_0106

この日は、カワセミの食事シーンは4回撮りましたが、上は一番きれいに撮れたものです   

次回こそ、今日のような後悔をしないように頑張りたいと思いながら、帰路についた亀さんでした。(記入者:亀さん)

追記:カワセミと言えば、魚を探して下の方ばかり見るイメージがありますが、この公園の池はオス親と若オスとの間で縄張りが確定していないようで、お互いに相手を気にしており、しばしば上の方を気にしています。111002113dsc_017111100208dsc_0158111002091dsc_0114111002102dsc_0157

(注)シャッターを切る場所にあらかじめピントを合わせておくこと。

« こんなモノを捨てた奴は誰だ! | トップページ | 神田蕎麦地図めぐり7 »

コメント

撮影のタイミングが難しそうですね。
いつも綺麗に写されて樂しませていただいています(感謝

亀さんが写真機の回りをウロウロしてる様子が目に浮かびます。大変な時間と体力を使って、お届け頂くスバラシイ映像を、楽しませて頂いております。
カワセミ君は、どんな場面でも美しくて、映像だけでも動きが伝わって来るようです。
亀さんの努力とコメントで、こちらへも元気を頂く思いです。感謝、感謝ですョ。(亀さんがウロウロ、熱中し過ぎて、池にドボン!も楽しみにしてます)

> micoさんへ
ここのところ、カワセミの魚捕り、飛翔はタイミングを外しっぱなしです。
でも、偶然、赤トンボを見つめるカワセミ(9月25日のブログ)など、いい写真も撮れるので、病みつきになってしまうんですよ。

>マルチュウさんへ
ここのところカワセミの出がよく、一度に2羽が来ることもあるので、確かに、ウロウロバタバタしております。
カメラを池にドボンすると、大損害になりますので、そうなりそうなときは、亀さんがドボンします。
ご期待下さい(ナンチャッテ)。
でも、今後も頑張りますよ!

毎回UPされるきれいなカワセミ君は、こんなご苦労とご努力の結果なんですね。
カメラって、奥が深いですね~。

来週もがんばってくださいね。

> ubazakuraさんへ
みんなとワイワイやりながら写真を撮っているので、あまり深刻なわけでもなく、苦労というほどではありません。
でも、訓練をしないといい写真は撮れませんから…。
色々と上手い人に助言を貰って工夫をしているんですよ。

池にドボンを期待しながらもカワセミのドボンも見たいですね。
あせらず構えて下さい。
池ポチャしたら後が大変です。

> ななごう さんへ
池に落ちないように、また、カワセミのドブンを撮れるように、ガンバリマ~ス!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/52894475

この記事へのトラックバック一覧です: 10月2日のカワセミ:

« こんなモノを捨てた奴は誰だ! | トップページ | 神田蕎麦地図めぐり7 »