フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お盆の話題 | トップページ | 嵐山寸景(その1) »

2011年8月19日 (金)

伝統的工芸品の熊野筆

―「なでしこジャパン」への国民栄誉賞の副賞―11081801p1080129_2

サッカー女子ワールドカップで優勝し、日本中に勇気と元気を与えてくれた「なでしこジャパン」へ、昨日(8月18日)、国民栄誉賞が授与されました。

その副賞として、広島県の熊野町が世界に誇る「化粧筆」が贈られました。

この熊野町の「化粧筆」は、「書筆」と同じく日本一の生産量の80%以上を占め、伝統的工芸品に端を発するその技術と品質は、大手化粧品メーカーやハリウッドのメーキャップアーティストなどに広く認められています。

熊野町は、広島、呉、東広島の三市の囲まれた人口2万5千の町ですが、その1割が筆作りに携わっています。また、経済産業大臣の認める伝統工芸士である筆づくりの名人が19人もいます。

なぜ、副賞に熊野町の「化粧筆」が選ばれたのかな??

きっと、この「化粧筆」が、「なでしこジャパン」の選手が、ピッチの外でも、より一層輝けるよう、ナイスアシストをしてくれるように…ということなんでしょうかね?(記入者:亀さん)

追記:冒頭の熊野筆のストラップは、このブログの愛読者から頂いたものです(多分?!)。
参考1)熊野筆Q&A:http://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/genre/0000000000000/1000000000642/index.html

(参考2)筆の華ページ:http://www.urban.ne.jp/home/yasue/

(参考3)具体的には、贈られたのは、「竹田ブラシ製作所」の化粧筆のようです。http://takeda-brush.com/

« お盆の話題 | トップページ | 嵐山寸景(その1) »

コメント

「なでしこに化粧筆」何の意味も有りません。              単に伸子夫人のアイデアです。有り難くも「夫人のお手紙付」             「国民栄誉賞」授与を個人的行事と「管違い」してるだけデス。
「雌鶏鳴けば国傾く」(田嶋先生、瑞穂先生に叱られそう・・・)

>マルチュウさんへ
あのでしゃばりの伸子夫人のアイデアなんですか…。
でも、亀さんの故郷の隣町の産品が使われたのは、亀さんとしては、喜ぶべきなんでしょうかね。

女性としては、化粧筆を貰えたら嬉しいです(o^-^o)
心地いいんですよね~confident

>ほよりんさんへ
そうらしいですね。化粧ののりが良いと聞きました。
でもね。いまさら…。
でも、買ってプレゼントして、点数稼ぎをするかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/52509275

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統的工芸品の熊野筆:

« お盆の話題 | トップページ | 嵐山寸景(その1) »