フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月12日のカワセミ(2) | トップページ | 6月12日のカワセミ(4) »

2011年6月15日 (水)

6月12日のカワセミ(3)

 ―ゴイサギの幼鳥とカワセミのツーショット― 110612241dsc_0100_2

午後3時頃、ゴイサギの幼鳥がやって来ました。ゴイサギの成鳥は、黒緑色と白色のツートンカラーですが、幼鳥は褐色をしています。110612252dsc_0101

運が悪いことに、ゴイサギの幼鳥がとまった所は、カワセミがよくとまるところで、幼鳥は毛繕いをしながら、腰を落ち着けています。

亀さんを含め、写真を撮っていた人は、「これじゃあ、カワセミは来ないなあ!」と溜息をついていました。110612261dsc_0104

ところが、15分くらいして、ゴイサギの幼鳥のすぐそばに、カワセミがやって来ました。

ゴイサギの幼鳥とカワセミのツーショットです。

でも、サンニッパ+2.0倍のテレコンのレンズで撮ると、どちらかがボケてしまいます。110612283dsc_0016

そこで、70-300mmのレンズで撮ってみると、どちらもあまりボケず、ツーショットらしく撮れました。

“どちらかがちょっかいを出すのかな?”と興味を持って見ていましたが、お互いに無視しあっていました。110612294dsc_0024

でも、カワセミは鬱陶しかったのか、少し離れた枝に飛んで行きました。

カワセミ親子のツーショットは撮れませんでしたが、面白いツーショットが撮れ、みんな満足しましたよ!(記入者:亀さん)

付記:カワセミが飛んで行った後も、ゴイサギの幼鳥は水を飲んだり、木の枝を咥えたりして遊んでいました。110612313dsc_0107

« 6月12日のカワセミ(2) | トップページ | 6月12日のカワセミ(4) »

コメント

珍しい光景を見せていただき有難うございます。
感動しました。

おおっ、よく撮れてますね。
ズームレンズ(テレコン使用?)のほうがどちらにもピントが合って良いな~。
F値の違いによる被写界深度のせい??

珍しい瞬間が撮れましたねぇ。
双方にピントが合っていて、まさに「ツーショット」ですね。

同じ「鳥」でも、大きさ、形、色、すべてが違って面白いですね。

ありがとうございました。

> micoさんへ
本当に珍しいシーンでした。
みんな大喜びでしたよ!

> IWATOさんへ
ズームレンズには、テレコンは付いていません。
原因は、F値の違いによる被写体深度の問題です。
絞り値を上げればいいんですが、咄嗟のことで、F値の大きいズームレンズを使ったんですよ。
亀さんは、Gセンターでは、サンニッパ+D300Sを三脚にのせ、ズームレンズ+D90を肩に掛けて、2丁拳銃状態で、写真を撮っていました。

> ubazakuraさんへ
この日は、楽しい1日でしたよ。
珍しいシーンには、みんな感激しました。
こんな日ばかりだと良いんですが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/51946966

この記事へのトラックバック一覧です: 6月12日のカワセミ(3):

« 6月12日のカワセミ(2) | トップページ | 6月12日のカワセミ(4) »