フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ふるさとの味を堪能! | トップページ | 立春の日比谷公園 »

2011年2月 3日 (木)

今日は節分

        ―歳の数だけ豆を食う!―110202022p1050499_2

今日は、節分です。

「節分」は、本来、各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前の日をさすのですが、江戸時代の頃から、立春の前の日をさすようになりました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための行事が行われます。

そして、節分当日の夕暮れ、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、豆撒きをしたりするようになったようです。(上の写真のちりめん人形の真ん中には、柊鰯と豆があるでしょう!)11020201p1050496_2

亀さんが小さい頃は、一通り、「鬼は~外!福は~内!」と豆をまいた後、「福は~内!」とだけ言って、部屋の中に豆を沢山まいていました。

子供たちは、それから、表向きは、歳の数だけの豆を食べるために、豆を拾うのですが、実は、子供たちは、豆とともにまかれた“紙に包んだ硬貨”を拾っていたのです。

豆の中に、お金を入れてまいていたのは、亀さんが育った地方の習慣なのか、亀さんちだけの習慣なのかは知りませんが…。

その頃は、10個以下の豆を食べればよかったのですが、この歳になると、60個以上も食べなければならないので、豆の嫌いな人は大変でしょうね。

亀さんは、炒った大豆が好きなので、食べだしたら、歳の数に止まらず、毎年、100個以上食べています。

なお、この日は、同時に、旧暦の元日(元旦)です。この日のことを、中国では、「春節」といいます。

この日で、寒が終わるので、今までの寒さがどこかに行ってくれると良いですね。(記入者:亀さん)

追記:節分に恵方巻きを食べるという大阪地方の習慣が、コンビニでの販売戦略を端緒に、数年前から全国的に拡がっています。太巻きを鬼の鉄棒に見立てて、邪気を祓うのですから、切らないで、丸かぶりにしないといけませんよ。(今年の恵方は「南南東やや右」です。)

« ふるさとの味を堪能! | トップページ | 立春の日比谷公園 »

コメント

歳の数だけ豆を食う。
100個位で良いんですか?
足りない様な気が。(笑)

田舎に居た頃は豆まきをやりましたが、こちらに来てからは殆どしなく成りました。
階下の方に迷惑に成らない様にとの事で。

コンビニが考えた恵方巻き、当たりましたね。
14日のバレンタインは製菓会社が考えたそうで。
日本人はお祭りが好きですね。

毎年保育園でオニになります。小さい子は「ゴロさんオニが来たんよ」と後で報告してくれます。でも大きい子は「ゴロさんだ~」と大騒ぎ。今年は体操の先生に代わって貰いました。
このような伝統行事は受け継いで欲しい。でも恵方巻き、バレンタイン、ましてホワイトデイ。正に商魂そのものです。
旧暦新年おめでとう。

息子が小さい時には、我が家でも豆まきをしていましたが、最近は、しなくなってしまいました。

で、本日の晩御飯は「湯豆腐」と相成りました。
・・・・これも「大豆」なので・・・・bleah

>ななごうさんへ
100個食べるくらい、長生きできますかね。ムリムリ!
今夜は豆とともに、恵方巻きを食べました。普通の太巻きのほか、肉を巻いた太巻きもありましたよ。

>GORO爺 さんへ
そうですね。
小さい頃は、隣りの兄さんが鬼になっていたような気がします。
確かに、恵方巻きは商魂にやられましたね。

>ubazakuraさんへ
エッツ?豆腐を撒くんですか?
湯豆腐を食べるんですね!

私も豆を100個以上食べました^^
キリがないです。

今日は立春で、春らしいお天気で暖かでしたねconfident

> ほよりんさんへ
今日は暖かかったですね。
亀さんは、昼休みに、陽気に誘われて、日比谷公園に行きました。
多くの人が日向ぼっこに来ていましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/50760726

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は節分:

« ふるさとの味を堪能! | トップページ | 立春の日比谷公園 »