フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄道2題 | トップページ | 寒い朝 »

2011年1月15日 (土)

かわいそう?美味そう!

      ―上海蟹を食す!―

昨夜は、仕事の関係でお世話になった大学の先生たちと一緒に食事をしました。

この店は、上海蟹と紹興酒で有名な中華料理店です。110114011p1050322

この店で出される上海蟹は、中国から生きたままで輸入され、料理の直前まで生きたものが客の前に置いてあります。

蟹はブツブツと泡を吐いています。

見ていると、“かわいそうだなあ!”という、女神のような気持ちが湧いてきます。

しかし、同時に、“美味そう!”という、悪魔のような食欲が湧いてきます。110114022p1050323

結局は、食欲が勝ち、30分くらい経つと、見事に蒸され、解体されて、客に提供されます。

そして、ついさっきまで生きていた上海蟹は、亀さんたちの腹に入ってしまいました。

美味かったですよ。(記入者:亀さん)

追記:亀さんは、故郷でよく食べたガザミ(ワタリガニ)の方が美味しいと思いますが、東京にガザミを食べさせる店はないんですかね。

« 鉄道2題 | トップページ | 寒い朝 »

コメント

カニと言えばガンドウ(モクズガニ、モクゾウガニ)。塩水が入る小さな川の石垣の間を、カギ棒でかきだしたり、満ち潮の時は、網かごに餌を入れて食べに来たところを掬いあげていた。
ガザミ(ガサミ)は特別扱いのカニで、ホンガドウと呼び、これは塩水の砂の中にいて、動きが素早いのでなかなか獲れなかった。
上海ガニなど食べる事ないな。

>GORO爺さんへ
上海蟹は、モクズガニの一種です。
亀さんの生れた吉浦は、秋祭りでガザミを食べる習慣があり、秋祭りのことを「カニまつり」と言っていました。
確かに、モクズガニもいましたが、あまり食べませんでした。
なお、10月の第一日曜日の吉浦のカニ祭りは、頂載というダンジリが練るなど勇壮な祭りですよ。
http://cucanshozai.com/kure_travel/2009/10/yahatashrine-festival.html

http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%91%89%E5%B8%82%E5%90%89%E6%B5%A6%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E4%BE%8B%E5%A4%A7%E7%A5%AD&aq=f

GORO爺の田舎の祭りは、だんじりに中学2年生の男の子が乗って、太鼓を叩き、神輿と練り歩きをしました。その時の掛け声が「チョウヤッサ」太鼓が「ドンデコドンデン」でした。頂載と関係ないかな。

> GORO爺さんへ
吉浦の祭りのダンジリは、頂載と船宮、神龍宮で、前2者は、それぞれ、中に太鼓を打つ子が乗っています。
一番の見ものは、八幡宮の100段以上の階段の上りと下りです。
上るときも下りるときも、何度も上ったり下りたりしながらするんです。
担ぎ手や落ちないように綱を引く人たちが「そりゃ上げた」とか「そりゃ下げた」と言いながら、一致した行動をとるのですが、何度か失敗して下まで転げ落ちたことがあるようです。
ですから、無事に下りると、観客がみんな拍手します。
さっきの返事のコメントのYouTubeで、見てみてください。

確かに生きている蟹を見てしまうと複雑な気持ちになりますね。
でも、蟹は好きです^^

お早う御座います。

ユーチューブで御祭を見ましたが迫力有りますね。
上がる時は多少楽でしょうが、下がる時は階段の段差が有りますから肩に掛かる重量はかなりのものと思います。
全員の力を均等に合わせないと大変危険ですね。
神輿の中に居る子供さんも大変ですね。
これで万が一ですが潰れたときはどの様な結果に成るのでしょうか?
私が前に書いた鏡餅の件を引きだす訳では有りませんが、潰れた場合には負傷者が出ます。
大人の場合は、何とか今日の祭りは上手くいかなかった位で護摩仮せますが子供さんの場合簡単には済まないのではないでしょうか?
万一、子供さんが負傷した時にはその親御さんは多分賠償責任を問うと思います。
祭りの最中に起きた不幸な事故と思うか?それとも
断るに断れない雰囲気が作用して乗せたと云うかは判らない処です。

先日の鏡餅の私の意見ですが、皆さんに分けて頂くと云うのは充分に判ります。しかし万一に事が起きた時にはその当事者は賠償責任を問うのでは無いでしょうか?

これを回避するためにも勿体無い事では有りますが処分するのが妥当かな?と思った次第です。

美味しカニの記事から随分ずれた事に反省しています。

> ほよりんさんへ
所詮は、蟹を食べに来ているんですから、仏心もいい加減なものです。
そして、「この蟹も私に食べられて幸せだよね!」で終わってしまうんですよ。
人間ほど残酷な生き物はいませんね。

>ななごうさんへ
そうです。下りるときが大変なんですよ。
ちょうさいに乗って太鼓をたたく子供は希望者が多く、地区で抽選になるようです。
振り落とされないように、ちょうさいに縛り付けられているので、ちょうさいが石段から転げ落ちても大きな怪我はしないんではないかと思います。
それにお祭りに参加するメンバーは村落共同体意識があるので、多少の怪我では揉め事は起きないと思います。
亀さんも町を練り巡る地区の太鼓をたたく稚児役に選ばれましたが、お祭りまでの2ヶ月間、毎晩地区の青年団にしごかれましたが、村落共同体の中で名誉でしたよ。

こんにちは。

良かったです。
亀さんの様な考えを御持ちでしたら多少の怪我等についてあ――だ、こーーだと云う方は居ないと思います。
何故か今の時代ほんのちょっとした事についてもすぐ裁判に持ち込む風潮が見られる様に感じられます。
変な権利意識の強さでしょうか?

>ななごうさんへ
ななごうさんの言われる通り、今は、権利意識が強すぎるようです。
ボランティアで子供をキャンプに連れて行って、子供が怪我をすると、賠償させられるんです。
これでは、ボランティアのなり手はいませんよ。
でも、これが時代の風潮なんでしょうね。

上海かに 美味しいですね
濃厚な味噌がたまりません

ワタリガニも大好きです

> ryuji_s1さんへ
ワタリガニの料理の情報、有難うございます。

上海ガニは一度現地(上海出張時)で食べたことがあるけどそんなに美味しいとは思いませんでしたね。
GORO爺さんのコメントのように自分も小さい頃は近所の川(汽水域)でモクズガニを捕ってました。
今年のお正月にも甥っ子たちと川に遊びに行って3匹ほど見つけましたが逃がしてやりましたよ。

> IWATOさんへ
現地で食べた人に聞くと、品質的な管理がされていないので、現地では水質汚濁がひどく、問題があるようです。
また、日本では、店の方で、食べやすいように切り分けてくれるんですが、現地ではそうではないので、食べにくいようです。
なお、今の子供は、捕ったものを目の前で殺して食べるのは駄目かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/50587650

この記事へのトラックバック一覧です: かわいそう?美味そう!:

« 鉄道2題 | トップページ | 寒い朝 »