フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月26日のカワセミ(2) | トップページ | 12月26日のカワセミ(4) »

2010年12月29日 (水)

12月26日のカワセミ(3)

    ―頻繁に来たが・・・―10122619dsc_0043

池の氷が半分くらい融けた、11時半頃、この公園を縄張りにしているオスの登場です。101226201dsc_0051_2

このオスは、やって来て5分で、まずまずの大きさの魚をGETしました。

しかし、この日、このオスがGETした魚は、結果的には、この1匹だけでした。101226222dsc_0063 1012262311dsc_0064 1012262412dsc_0065 1012262521dsc_0083 1012262622dsc_0084 101226273dsc_0093

このオスは、より高い枝に飛び上がったり、ホバリングをしたりしながら、魚を探したりしているのですが、魚捕りに成功しません。(このときのホバリングの撮影には失敗しました。)

魚が池の底でじっとしているため、魚が見つからないようです。

そして、12時前に帰っていきましたので、みんなは、“当分来ないだろう!”と思い、昼食を食べはじめました。

ところが、12時過ぎに、このオスは、舞い戻ってきて、10分間程度、魚捕りにチャレンジしました。101226284dsc_0101 101226295dsc_0114

大きな池だけでなく、小さな池で探したり、メタセコイヤの枝から探したりしていましたが、結局、1匹の魚も捕れませんでした。

カワセミにとって、冬は食糧の確保が大変なことが良く分かりました。(記入者:亀さん)

« 12月26日のカワセミ(2) | トップページ | 12月26日のカワセミ(4) »

コメント

こんばんは。

やはり氷の張った冬は食糧確保が大変なんですね。
と云う事は、フィールドにお住まいの方達も一部の方を除き大変なんですね。
私もいつ同じ様に成るやもしれません。
小金を貯めねば。(笑)
中には発電機を装備の豪華に住まわれている方も居るんですがね。

それにしましても、つい先日からの写真は殆どすべてはっきりくっきりで非常に見易いです。
今までのが見ずらいと云う事では有りませんので。
老眼には助かります。

>ななごうさんへ
そうですね。
アリとキリギリスではありませんが、コツコツやるしかありませんね。
人間は、カワセミのように、その日暮らしではいけないんですよ。
なお、今後も写真技術の向上に邁進したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/50423388

この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日のカワセミ(3):

« 12月26日のカワセミ(2) | トップページ | 12月26日のカワセミ(4) »