フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『恋に効くパワースポット温泉』―野次馬の読書案内(014) | トップページ | 帝国ホテルのクリスマス飾り »

2010年11月20日 (土)

赤いリボンは何?

     ―厚生労働省の庁舎に―

昨夜は、日比谷公園内の松本楼で旧友たちと食事をしました。

開始時間まで時間があったので、公園近辺を散歩しました。10111901p1040673

公園の側の厚生労働省の庁舎を見ると、赤いリボンで飾られていました。一部のブラインドカーテンを赤く着色しているのです。

一瞬、クリスマス・デコレーションかと思いました。10111902p1040659

と言うのも、日比谷公園の入口にある日比谷花壇のお店が、クリスマス・デコレーションの一環として、ピンクのリボンで飾られていたからです。

でも、お堅い中央官庁がクリスマス・デコレーションをするはずがありませんよね。

どうも、厚生労働省が“エイズに対する理解と支援の象徴”としてのレッドリボン(注1)を掲示しているようです。

ところで、最近は色々なリボンがあり、分かりにくいですね。

例えば、最近、総理大臣や各省の大臣が紫色のリボン(パープルリボン)を胸につけていますが、亀さんは何の意味か分かりません。調べると、女性に対する暴力根絶運動のシンボルのようです(注2)

このほか、ブルーリボン(北朝鮮に拉致された日本人の救出・注3)ピンクリボン(乳がん・注4)グリーンリボン(移植医療普及)ティールリボン(卵巣がん征圧)、ティール&ホワイトリボン(子宮頸がん啓発活動)オレンジリボン(児童虐待防止)などがあります。

さらに、赤い羽根(共同募金)緑の羽根(国土緑化運動)青い羽根(水難救済)白い羽根(赤十字・今は廃止)黄色い羽根(交通安全又は腎臓移植推進)などの羽根もありますよ。

これだけ沢山のリボンや羽根があると、付けたり外したりで、大変ですね。(記入者:亀さん)Kicx7634_2

追記:このブログを愛読してくださるGORO爺さんが、障害のある人びとの、その人らしい自立と社会参加をめざす“イエローリボン運動” (注5)に賛同されているようですので、紹介します。

(注1)レッドリボンとは:http://redribbonlive.net/k-01.html

(注2)パープルリボンとは:http://www.gender.go.jp/dv/campaign/Purple_Ribbon.html

(注3)北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会:http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1145

(注4)ピンクリボンとは:http://konicaminolta.jp/pinkribbon/about/index.html

(注5)イエローリボンについては、世界各国で異なった使われ方をしており、アメリカでは戦争に行った愛する人の帰還を待ちわびる思いを表すシンボルとしてつけるようです。我が国では、障害のある人びとの、その人らしい自立と社会参加をめざす運動で、使われています。http://www.normanet.ne.jp/~jadh/1031/1031yribbon.html

« 『恋に効くパワースポット温泉』―野次馬の読書案内(014) | トップページ | 帝国ホテルのクリスマス飾り »

コメント

リボンは色々有りますね。GORO爺は黄色。
障がいを持つ方々の社会参加への応援のため、
黄色リボンピンバッチをアピールしています。
黄色は平和・幸福等の象徴であり、いろんなところで使われている様です。

>GORO爺さんへ
イエローリボンは、色々なところに使われているので、記載しなかったのですが、追加で記載しておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/50076831

この記事へのトラックバック一覧です: 赤いリボンは何?:

« 『恋に効くパワースポット温泉』―野次馬の読書案内(014) | トップページ | 帝国ホテルのクリスマス飾り »