フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 紅葉の比叡山「探<索>行」(その4) | トップページ | 紅葉の比叡山「探<索>行」(おしまい) »

2010年11月23日 (火)

紅葉の比叡山「探<索>行」(その5)

探<索>行もいよいよ終盤へ。3番目は坂本ケーブルです。ご覧の「ケーブル延暦寺駅」は大正14年に建てられた洋風鉄筋2階建ての駅舎で同時に建設された下の「ケーブル坂本駅」とともに国の登録有形文化財になっています。看板も「驛」の旧字が使われ「近畿の駅百選」に認定されています。2階テラスからは琵琶湖や大津の町並みが眼下に広がります。空気の澄んだ冬などには遠く伊吹山や加賀の白山が見えるそうです。

Cimg3254 Cimg3256

Cimg3248 Cimg3255

左が大津市街と琵琶湖、右の写真には琵琶湖大橋と琵琶湖でいちばん大きい沖島が写っています。テラスから下を見ると交代の運転士さんが野鳥に餌をやっているのを偶然見つけました。しかも手のひらに置いた餌を直接食べるのもいます。種類を聞いたところヤマガラだそうで「警戒心が強くてここまでになるのには長いことかかりました」とおっしゃっていました。指先のところに見えるかな。

Cimg3253

もらったパンフレットには「景色も、長さも、日本一」とあります。「あれっ、最初の叡山ケーブルも日本一とあったはず」と見直したら「高低差が」でした。こちらは「全長が」で2,025メートルで日本一、所要時間も11分かかります。今では珍しい硬券切符を買って待っていると「福」号、「縁」号のうちの「福」号が到着しました。 (記入者:野次馬)

Cimg3270

« 紅葉の比叡山「探<索>行」(その4) | トップページ | 紅葉の比叡山「探<索>行」(おしまい) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/50105480

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の比叡山「探<索>行」(その5):

« 紅葉の比叡山「探<索>行」(その4) | トップページ | 紅葉の比叡山「探<索>行」(おしまい) »