フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第51回 東京名物 神田古本まつり | トップページ | 興福寺・多川俊映貫首からのお礼状 »

2010年10月29日 (金)

近所のお宅のミカン畑

    ―ミカンとキンカンとデコポン―

近所に、庭に柑橘類の果樹をたくさん植えておられるお宅があります。10102316p1040011

そのうち、ミカンの実が熟れて、黄色く色づいてきました。10102317p1040010 10102318p1040013

その隣りに植えてあるキンカンの実は、たくさんの実を付けており、デコポンは小さい青い実が生っています。

なんでも、そのお宅のご主人が柑橘類が大好きで、キンカンは毎日1個食べられるように、数本植えてあるようです。10102319p1040016

ところで、亀さんちのアケビは、先週末にも収穫し、今までに収穫した累計が、159個(五ツ葉:145個、三ツ葉:14個)になりました。

あと、20個ほど、未収穫ですので、夏に数えて時にご報告した数字の2倍ほどの収穫になりそうです。

近所には、庭に柿を植栽されているお宅もあり、実りの秋は本格的に到来しそうです。(記入者:亀さん)

(参考)2010.6.26付けブログ「亀さんちのアケビの実」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-f95e.html

« 第51回 東京名物 神田古本まつり | トップページ | 興福寺・多川俊映貫首からのお礼状 »

コメント

実りの秋ですね。
蜜柑が色づき美味しそうです。
アケビたくさんの収穫でしたね。

最近ではあちこちのお宅でアケビが栽培されて、珍しくないみたいだけど、GORO爺の少年時代は山に入り、木に巻きついて伸びているアケビを散々苦労して採った時の喜びは最高だった。
それにしてもスゴイ収穫ですね。

ご近所さん収穫の秋ですね。

この際 物々交換すると良いですね。
友の所は、今年柿が不作で何個かあった柿も
カラスのご馳走になってしまったとか・・・

人間様は今年は柿味わえないと嘆いていました。

実りの秋ですねぇ。
あけびは豊作で、よかったですね。

今、我が家では、柿が採れてますが、今年は小ぶりで甘味もイマイチです。(残念!)
「台風が来る」といって義父母が、あわてて収穫したので、我が家は柿だらけになっていますが・・・。

こんにちは。
柑橘類をたくさん植えて居るお宅なんですね。
私もキンカンの鉢植えを育てて居ますが残念ながら実が成りません。しょっちゅうチョウが卵を産みつけ幼虫のエサに成っている状態です。
みかんの鉢植えを買おうかどうか?迷っています。ホームセンターに有る鉢植えが果たして来年も実を確実に付けるかどうかが気に成っていまして。
一鉢だけで実の成るのを楽しめるのなら買いたいなーと思っているんですが。
実りの秋は誰でも楽しみですね。

> micoさんへ
亀さんは、アケビを近所に配っています。
近所には。柿やミカンが生っています。
それが熟れたら…と思っているわけではないのですが…。毎年、お裾分けがありますよ。

>GORO爺 さんへ
亀さんも、昔、山で採りました。今は、園芸農家もあるようですよ。
亀さんは、明日晴れたら、最後の収穫をするつもりです。総計は昨年の倍くらいになりそうですよ。

>福寿草。さんへ
物々交換を期待してはいませんが、近所からはお裾分けが毎年あります。
近所の柿は、今年は不作年のようですが…。

>ubazakuraさんへ
柿が一杯で、当分、柿尽くしですね。
亀さんは、毎日、アケビを4、5個ずつ食べていますよ。
台風は、大した被害もないようですが、今、強い雨が降っています。

>ななごうさんへ
亀さんちの柑橘類は、昨年、鉢植えを買ったのですが、しょっちゅう、葉っぱが青虫に食われています。
ご近所の柑橘類は、無農薬なんですが、毎年、かなりの収穫ですよ。

亀さんの住んでる県でも柑橘類が育つんですね。最初の写真の柑橘は少し黄色くなってますがこの時期だと温州ミカンの早生でしょうかね?温州ミカンにしては丸っこいんでちょっと??です。ポンカンにも似てるし。。。
デコポン(不知火)もデコってますね。

> IWATOさんへ
温州のようです。
今日貰って食べましたが、美味しかったですよ。
デコポンは、2段目の右の写真です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/49837874

この記事へのトラックバック一覧です: 近所のお宅のミカン畑:

« 第51回 東京名物 神田古本まつり | トップページ | 興福寺・多川俊映貫首からのお礼状 »