フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 久しぶりに「気まぐれ温泉紀行」                     (曽爾高原「お亀の湯」) | トップページ | 久しぶりのショッピングセンター »

2010年10月25日 (月)

ホトトギスに遭遇!

       ―野鳥の?花の!―

23日にカワセミ撮影に行くときに、ホトトギスに遭遇しました。亀さんがホトトギスに初めて遭遇したのは、登山をしていたときです。

「エッ? 他の鳥に自分の卵を育てさせる(托卵する)野鳥のホトトギスですか?」と尋ねられているんですか?

いいえ、遭遇したのは、野鳥のホトトギスではなく、下の写真のユリ科の山野草のホトトギスですよ。(間違エナイデネ!)

この花は素敵な形や色をしており、いつ見てもうれしいですね。101023152p1040003 10102315p1040006

でも、この野鳥と山野草は、同じ名前なんでしょうか?

前から疑問だったので、調べてみると、“山野草のホトトギスの花の点々が、野鳥のホトトギスの胸の模様に似ているから”ということです(注2)注1)の写真で確認してください。10102314dsc_0002

また、この日、可愛いキチョウ(多分)にも、久しぶりに遭遇しました。図鑑で見ると、モンキチョウにも似ているんですが、大きなモン(紋)がないので、多分キチョウだと思います。

この日は、カワセミにはあまり会えなかったのですが、可愛い花と蝶に会えたので、幸せでした。(記入者:亀さん)

(注1)下の写真は、「デジラル図鑑」の「野鳥図鑑」の「ホトトギス」より:http://www.digital-dictionary.net/wildbird/wb_6_029.html06029003

(注2)ホトトギス(ユリ科):http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Hototogisu.html

« 久しぶりに「気まぐれ温泉紀行」                     (曽爾高原「お亀の湯」) | トップページ | 久しぶりのショッピングセンター »

コメント

こんばんは。
挨拶の言葉がどれが良いかに時々迷います。
こんばんは。と云う言葉ははたして何時頃までが良いのかなー?なんて。
夜勤に勤める方は、最初のあいさつは多分おはようだと思うのですが。

前置きが長く成りました。
ホトトギスの花、綺麗な模様と変わった形ですね。
鳥と花が同じとは、名前を付けるのは案外にも簡単に付けるんですね。

キチョウな写真ですね。良く覚えとく様にします。
突然変異では無いですよね。

我が家のホトトギスも満開で目を楽しませてくれています。
キチョウにも出合えて何よりでしたね。

初めまして、いつも素敵な写真を拝見させてもらっています。ホトトギス満開です。花は野草。お花屋さんには悪いが、カタカナでしか表せないいろんな変種は、加工物としか呼べない・・・・・言い過ぎかな。

>ななごうさんへ
2時頃までは、「今晩は」でしょうね。
このホトトギスは、山で初めて見たときには、驚きましたよ。
キチョウは、図鑑で調べても、春と秋とでは少し模様が変わっていて、判断しにくいんですよ。

> micoさんへ
micoさんは、ホトトギスも栽培されているんですか!
実に素敵な花ですよね。

> GORO爺さんへ
いつもご愛読いただき、有難うございます。
今後のコメントもよろしく。
亀さんは、登山の際に、植物の名前を覚えたので、山野草の花の名前は分かるのですが、外国原産の花の名前はほとんど分かりません。
山野草の方が面白いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/49837037

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギスに遭遇!:

« 久しぶりに「気まぐれ温泉紀行」                     (曽爾高原「お亀の湯」) | トップページ | 久しぶりのショッピングセンター »