フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 恵みの涼しさと雨 | トップページ | 超大輪朝顔は咲き始めたが… »

2010年9月10日 (金)

ほおずきを活用した飾り

    ―六本木朝日神社のほおずき―100909032

ほおずきを活用した飾りが出来ました。ほおずきの実の繊維の中に、ちりめん細工の玉を入れたものです。

亀さんは、今年7月に六本木朝日神社のほおずき市に行き、ほおずきを買ってきました(注)100709071_2 10090901_2

最初は、上左の写真のように、買ってきたままを飾っていたのですが、すぐに緑の葉が枯れました。

そこで、奥さんは、その実だけを飾ったりしていましたが、さらに、これを活用して何か飾りが出来ないか、調べたようです。

その結果、出来上がったものが冒頭の写真の飾りです。

外側の繊維は、上右の果実を水に入れて毎日水を替えて1ヶ月経つと、中の果実と外側の皮が腐り、このようになるのです。

その中に、ほおずきの果実の代わりに、ちりめん細工の玉を入れてあるんです。

これで、亀さんちの室内装飾のグッズが一つ追加されました。(記入者:亀さん)

付記:ほおずきを水に入れて毎日水を交換する作業は、結構面倒なんですが、亀さんはこの水交換を担当していたんですよ。だから、この作品の製作には、亀さんも貢献しているんですよ!(多少、いい旦那さんぶりをPR!?)

(注)2010.7.11付「六本木朝日神社のほおずき市」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-11a7-1.html

« 恵みの涼しさと雨 | トップページ | 超大輪朝顔は咲き始めたが… »

コメント

お早うございます。

ほおずきの中にちりめん細工の玉ですか?
見事ですね。
それにしても奥さまは器用ですね。

見事な作品が出来上がりましたね。
奥様のセンスの良さに感心しています(尊敬

> ななごう さんへ
奥さんは、ちりめん細工や刺繍などをするときは、自分の作業部屋にこもって頑張っています。
結構楽しそうですよ。
付記で、追加の記載をしましたが、亀さんもこの作なお、品の製作に協力したんですよ。

> micoさんへ
中の玉も、一つずつ丁寧に作っていました。
全体の作業として、1ヶ月以上掛かったので、この完成は大変うれしいようですよ。

繊細な感じのほおずきの飾り、とっても素敵ですね~o(*^▽^*)o
亀さんの陰の協力のお蔭ですね^^

>ほよりんさんへ
そうです。亀さんも結構協力してるんですよ。
奥さんが喜び、家の中が素敵になるんですから、一石二鳥ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/49401993

この記事へのトラックバック一覧です: ほおずきを活用した飾り:

« 恵みの涼しさと雨 | トップページ | 超大輪朝顔は咲き始めたが… »