フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小石川後楽園に行ってきました! | トップページ | 緊急地震速報にビックリ! »

2010年9月30日 (木)

涵徳亭の平沼騏一郎の書

       ―先憂後楽―10092900p1030682 100929081p1030683 100929092p1030735

パーティの会場の涵徳亭は、小石川後楽園が創建された時代に造られた萱葺の茶室でした。

硝子紙をもって障子としたため「ガラスノ茶屋」と呼ばれていたのを、享保年間に朱子学者の林信篤が涵徳亭と名づけたそうです。因みに、“涵徳”とは、“徳でたっぷりとひたす”という意味です。)

現在の建物は4代目で昭和六十一年に再建され、集会所として利用されています。

桜や紅葉の時季には、小石川後楽園の桜や紅葉を見ながら料理を楽しむことができます。100929112p1030685 100929101p1030684_2

ここで是非見ておくべきものは、平沼騏一郎(戦前の検事総長・大審院長・首相。参考1)の書です。

一つは、涵徳亭の名前のもとになった「涵徳揚光」という額であり、後楽園の名前のもとのなった「先憂後楽」の掛け軸です。

「先憂後楽」とは、“優れた為政者は心配事については世の人がまだ気付かないうちからそれを心にとめていろいろ処置をし、楽しみは世の人の楽しむのを見届けたあとに楽しむ”ということで、政治家の心がけを表した語です(参考2)

最近の政治家をみると、この「先憂後楽」に真逆の人ばかりで、いささか寂しい限りですね。(記入者:亀さん)

前回のブログの補足:園内の水田の風景ですが、水戸黄門さんの案山子が立っていました。10092911p1030710

(参考1)平沼騏一郎:http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%B9%B3%E6%B2%BC%E9%A8%8F%E4%B8%80%E9%83%8E/

(参考2)先憂後楽:http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&dname=0na&dtype=0&stype=1&p=%E5%85%88%E6%86%82%E5%BE%8C%E6%A5%BD&index=12959210668900

« 小石川後楽園に行ってきました! | トップページ | 緊急地震速報にビックリ! »

コメント

今日は。私は平沼男爵のファンでして、この夏に小石川後楽園の庭園と男爵の書とを見るべく、東京へ行ったのですが、天候の為に断念しました。
こうして貴ブログにて拝見出来て光栄です。いつか実際に見に行きたいものです。

>ゆあさ さんへ
亀さんは、平沼元首相のお孫さん(養子の子供)の平沼赳夫衆議院議員に会ったことがあります。
それで、この書に引き付けられました。
ゆあささんも一度見られるといいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/49608223

この記事へのトラックバック一覧です: 涵徳亭の平沼騏一郎の書:

« 小石川後楽園に行ってきました! | トップページ | 緊急地震速報にビックリ! »