フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たたら祭りへの参加・その1 | トップページ | 使っていないソフトの自動更新とは…?? »

2010年8月10日 (火)

たたら祭りへの参加・その2

―初午太鼓とサンバパレードも楽しみました―

亀さんたちが参加した「たたら流し踊り」の前後には、宵祭りのメインイベントの一つの「初午太鼓」と「サンバパレード」が行なわれます。100807051_2 100807062 100807073

「たたら流し踊り」の直前に、「初午太鼓」が行なわれるので、要領が悪いと、「初午太鼓」が見られないのですが、亀さんは、待機場所から抜け出して、「初午太鼓」の前半部分を見ました。

勇壮な太鼓の演奏で、なかなかの盛り上がりでした。太鼓をたたく若者の躍動感が感じられましたが、男にも負けないほど凛々しい女性のたたき手が目立っていました100807081 100807092

また、「たたら流し踊り」の直後に行なわれる、「サンバパレード」は、帰りのバスとの関係で、前半部分だけを見ました。100807103 100807114 100807125 100807136 100807147

この「サンバパレード」は、「たたら流し踊り」よりも観客が多く、男性陣にも人気があり、男どもは鼻の下を長くして踊り手と握手などしているのですが、亀さんは、流し踊りに一緒に参加した奥さんの手前、他の男性陣のようにはしゃげませんでした。

ところが、奥さんは、サンバパレードを見るのが初めてだったようで、結構はしゃいでいましたよ。(記入者:亀さん)

« たたら祭りへの参加・その1 | トップページ | 使っていないソフトの自動更新とは…?? »

コメント

お早うございます。
サンバのパレードが有るとどうしても男性は喜びますね。
あの全身を使った激しいおどりは見て居ても楽しいですね。

初午太鼓の大きさには驚いています。

>ななごうさんへ
サンバパレードは、観衆と踊り手が一体となって歓喜の渦が起こると盛り上がるのでしょうが、観衆の盛り上がりがイマイチでした。
日本人は、ラテン系の明るさはないですからね。

中米系の前に出る性格と常に一歩引いた性格の日本人の違いですね。
なかなか輪の中に入り込めない性格でしょうか?
この日本人の性格も時には良い場合が有るのですがおおむね損をしてる事が多いですね。
これからカワセミ撮影でしょうか?
楽しみにしています。

>ななごうさんへ
そうですね。
カワセミの撮影は、週1のペースで行くことにしています。
今週は夏休みを取るので、その日に行こうと思っています。

亀さんもお祭り大好き人間のようですね。
私もお祭り事は大好きです。
お盆のお祭り(盆踊り)が楽しみですよ!!

> IWATOさんへ
必ずしも、祭り好きではありませんが、嫌いなほうでもありません。
小さい頃には、田舎の八幡さんの秋祭りに太鼓をたたく稚児として参加していましたが…。
仕事人間を卒業して、地域に貢献するには、祭りへの参加が手っ取り早いんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/49099603

この記事へのトラックバック一覧です: たたら祭りへの参加・その2:

« たたら祭りへの参加・その1 | トップページ | 使っていないソフトの自動更新とは…?? »