フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世界最大の花を見れず! | トップページ | 24日のカワセミ »

2010年7月25日 (日)

ショクダイオオコンニャクの花を見たよ!

  ―始発電車で小石川植物園に―

亀さんは、昨日(24日)、世界最大の花のショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)の花を見ました。100724091p1020946 100724102p1020948 100724113p1020949 100724124dsc_0010

花のピークは前日の午前中だったようで、少し閉じ気味でしたが、実に大きな花でした。

花の前面、左側、裏側から写すことができました。裏面の仏炎苞(花びらに見える部分)には、花序付属体(真ん中の炎に見える部分)の根元に有る雌花が見えるように四角く窓が作ってありました。(写真は文章の順)

なお、沢庵の腐ったような臭いがするとの話でしたが、ピークを過ぎていたので、臭いはしませんでした。

以下、亀さんの奮闘記を読んでください!10072401p1020929100724021p1020931 100724032p1020932 10072403p1020969

ブログに既に書いたように、亀さんは、前日の入園に失敗していたので、昨日(24日)、4時に起床し、5時13分の始発電車で、小石川植物園に向かいました。

6時15分に同植物園に着くと既に300人くらいの人が行列しています。しかも、7時から発売される予定の入園券も売られています。亀さん、まず、入園券をGETです。100724043p1020935 10072405p1020942

7時前には行列はどんどん長くなり、最後尾が見えなくなりました。入園開始時間が急遽7時からに繰り上げられました。亀さん、7時1分、いよいよ入園です。100724061p1020944 100724072p1020945  100724083dsc_0001 10072413p1020950

園内に入っても、また行列です。しかし、すぐに、展示場所のテントが見えてきました。眺めていると、20人ぐらいずつのグループに分けられ、1グループ3、4分だけ、見物と写真撮影が許されるようです。直前には、カメラと携帯の撮影準備をするように、係りの人が何度も叫んでいます。

見物は、わずか4分、あっけなく終わりました。10072414p1020952 10072415

その後、ショクダイオオコンニャクの苗やその生活史のパネル展示を見た後、植物園の先生の説明を聞きました。7時50分にすべての見物が終わりました。100724164p1020951

このときには、園内の行列は相当長くなっており、最後尾の人は2時間待ちということでした。

亀さんは、出かける前に“待ち時間4時間”を覚悟していただけに、“早起きは三文の得(徳)”という感じでした。(記入者:亀さん)

追記:亀さんは、“苗や実が山歩きで見るミミガタテンナンショウ(注1)やマムシグサなど(注2)とよく似ているなあ”と思ったので、先生に「苗や実がマムシグサに似ていますが、同じ仲間ですか。また、実は有毒ですか?」と尋ねたところ、先生の答えは「同じサトイモ科です。多分有毒です。」でした。

(注1)ミミガタテンナンショウ:http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_2328.htm

(注2)マムシグサとサトイモ科の肉穂花序:http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/mamushigusa.html

« 世界最大の花を見れず! | トップページ | 24日のカワセミ »

コメント

おー、タイムリーな話題ですね。匂いがしなかったのは残念!炎天下での行列はきついから、朝早く行って正解でしたね。

早起きは3文の得 とは良く言ったものです。

この暑さでは正解でしたよ。
素敵な画像が撮れましたねぇ。

匂いが強烈と聞いていたので体験して欲しかったなぁ~。

>名無しの権兵衛さんへ
においは、23日の午前中だけだったようです。
7時に券売開始でしたが、開園予定は9時だったので、暑さ対策の為、凍ったスポーツ飲料2本、凍ったタオルなどを保冷袋に入れて持っていたんですよ。
それも使わないほど、あっけないほど早く終わってしまいました。

>福寿草。さんへ
早く起きて行った方が、待ち時間が少なかったようです。
なお、カメラは、一眼レフのカメラに望遠レンズやマイクロレンズを付けて持っていったのですが、近すぎるので使えませんでした。
結局、コンパクトデジカメが主役でしたよ。

お早うございます。
花を見ることが出来て良かったですね。
私も亀さんの写真で見る事が出来て嬉しいです。
ニュースでは見られない部分が確実に見られると云うのが良いですね。
ブログの強みですね。
早起きは三文の得、確かにそうですね。
他の人と同じ事をしていると苦労するんだよ。とでも言えますね。
御苦労さまでした。
そして、労もせず見せて頂けた事に感謝です。
有り難う御座いました。

新聞で見ました。
実物を見ることができて早起きした甲斐がありましたね。

亀さん、こんにちわ。こんなに早くから行かないと見れないんですか。
見物はわずか4分とは!撮影もままならないですね。
でも現物を見るには、行かないと見れないですからね。
早起きご苦労さまでした。

亀さんへ ショクダイオオコンニャク撮影お疲れ様でした。悪臭も含めて「食べよう」とする人はいないでしょうが<押さえ>の質問が面白かったですね。たしかに有毒でしょうねえ。「コンニャクはコンニャクでも燭台を食べようなんてヤツはいねえよ!」といったら落語になっちゃうか。

本物を見たくて行ってきました。
早起きは…を実感した1日でしたよ。

> micoさんへ
この日は1万1千人の入園者だったそうです。
植物園の方も慣れないことで大変だったようです。
早く行って良かったですよ。

> ポンタロウさんへ
亀さんは、マイクロレンズ、望遠ズームレンズ、コンパクトデジカメの3台のカメラを持っていったのですが、近すぎて、コンデジだけしか使えませんでした。
撮影も4分では無理でしたよ。
でも、本物を見られて満足すべきですよね。

> ポンタロウさんへ
実がなっているときは、悪臭はしないんですよ。
ミミガタテンナンショウもこのショクダイオオコンニャクも、その実が真っ赤でキレイなんですよ。
前者の実は、鳥が食べても良さそうなのに、食べないのが不思議だったので、調べると、有毒でした。
鳥もよく知っていますね。

亀さん、こんにちは_φ(・ω・`)
すごい!すごい~~~~sign03
世界一大きな花を見に行かれたんですね?
私も見てみたかった・・・けど、
こんな行列ができていたとは露知らずsweat02
亀さんのご苦労のお陰で、この写真に出会えて嬉しいですnote
亀さん、ご苦労様でした&ありがとうございますhappy01

すごい大きな花ですね。
コンニャク芋の花は知ってましたがショクダイオオコンニャクの花は初めてです。

> シェリーさんへ
亀さんは、好奇心が旺盛で、ミーハーですので、見に行かざるを得ないんですよ。
早く行ったので、待ち時間は少なかったのですが、遅く行った友人は、入園券の行列に並び、入園後、見物の列に並んで、あわせて3時間以上並んだようです。
でも、亀さんが行った日だけで、1万1千人が入園したそうですから、大した人気ですね。

> IWATOさんへ
コンニャクもサトイモ科ですから、似たような花が咲きますね。
この花やマムシグサの花はグロテスクですが、カラーの花や水芭蕉の花は可愛くてきれいですね。
同じサトイモ科でも、ずいぶん違いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48965105

この記事へのトラックバック一覧です: ショクダイオオコンニャクの花を見たよ!:

« 世界最大の花を見れず! | トップページ | 24日のカワセミ »