フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(おまけ) | トップページ | 庭のアオバナが咲きました »

2010年7月19日 (月)

魚の運搬を再開したカワセミ

      ―17日のカワセミ(1)― 

17日、亀さんは全英オープンのテレビ放映を見ていて寝坊し、カワセミ撮影のため近所の公園に行ったのは、9時半でした。

カワセミの出はまずまずで、亀さんがいた5時間半の間に、5回・計60分、来ていました。1007171628dsc_0086_2  

この日のカワセミの特徴は、魚の運搬を再開したことです。

このことは、巣でメスが卵を温めているか、ヒナ(多分、2番子)が孵ったのではないかと言うことでした。

以前にも書きましたが(注)魚を運ぶ時には、相手が食べやすいように、魚を弱らせて、くるくる回して、魚の頭を前にして咥えます。1007170921dsc_0070 1007171022dsc_0072 1007171123dsc_0073 1007171224dsc_0074 1007171325dsc_0075 1007171426dsc_0081 1007171527dsc_0084

上のように大きな魚だとこの作業に時間が掛かりますが、小さい魚の場合は、下の2例のように、あっという間に回転します。1007170711dsc_0007_2 1007170812dsc_0010_2 1007171731dsc_0225 1007171832dsc_0226

このように、カワセミ(主としてオス)は、せっせと餌運びをしなければならないので、以前に比べて、ずいぶんやせ細ったような気がします。

まるで、サラリーマンの悲哀を見るようです。

頑張れ、カワセミくん!(記入者:亀さん)

(注)2010.5.1付のブログ「カワセミの捕った魚は…」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-ea4d.html

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(おまけ) | トップページ | 庭のアオバナが咲きました »

コメント

カワセミのお父さんも大変ですね。
珍しい光景を楽しませていただき有り難うございます。

おはようございます。

今日の写真、魚の咥え方を見事の捉えてますね。

なるほど、この様に変えているのかと一目でわかります。

カワセミも人間も家族の為に頑張ってますね。

> micoさんへ
そうなんですよ。最近、オスはやせ細っていますよ。
人間のオスも大変なんですよ。
子供が独立して、ようやくホッとするんですよ。

>ななごうさんへ
どうも解説的で、ゴメンナサイ!
喜んでいただき、ウレシイですよ。
最近、魚捕りの写真が撮れず、平凡な写真になっていますが、今後も頑張っていい写真を撮りますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48903534

この記事へのトラックバック一覧です: 魚の運搬を再開したカワセミ:

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(おまけ) | トップページ | 庭のアオバナが咲きました »