フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(その4) | トップページ | 魚の運搬を再開したカワセミ »

2010年7月18日 (日)

野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(おまけ)

祇園祭は山鉾巡行で終わりとなるわけではありません。約1ヵ月間の長丁場の「神事」ですから「神輿洗い」とか「還幸祭」とか月末まで諸行事が続きます。しかし山鉾はきょうのうちに解体して収蔵庫に収納します。もともと「疫病鎮め」が祭の起源ですし、巡行することで鉾の屋根の上に突き出た(立てた)飾りなどに疫病神が吸い寄せられるとも言われています。山鉾を毎回毎回捨てて新調するわけにはいきませんからその代わりに「早く片づける」とされています。

我々も昼食のあとデパートに立ち寄り、買物をしコーヒーを飲んで2時間くらいで長刀鉾の横を通りかかったらごらんの通りでした。

Cimg2757 Cimg2756Cimg2758

釘1本使わない「縄がらみ」という伝統の技法で組み上げた部材のようすがはっきりとわかります。それにしても見事なものですね。このあと数時間もすれば全て作業が完了するはずです。遅れて見に行ったらもう何もなかった・・・「あとのまつり」とはこのことでしょうか。 (記入者:野次馬)

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(その4) | トップページ | 魚の運搬を再開したカワセミ »

コメント

お早う御座います

京都の山鉾巡行、一度は見たいと思っていますが当分の間叶いそうに有りません。
こうして一連の動きを紹介して頂けると本当に助かります。
90度のターンやその日のうちの解体作業など目にみはる物があります。
先頭や最後あたりに外人さんを参加させる事に依り観客の目を引きつける効果が生かされていますね。今や、国際化時代いつまでも日本人だけで開催していたら取り残されてしまいます。さすがは国際都市京都ですね。
有り難うございました。

ななごうさんへ 地元密着のブロック紙・京都新聞をのぞいていると色々な「祇園祭ネタ」がありました。稚児の徳力君がお兄さんに次いで稚児になったとか、飾りの新調とかプロバスケットの長身選手が裃(かみしも)姿で巡行に参加するとか。私が期待しているのは150年前の「蛤御門の変」(1864)で焼けた「四条町大舩鉾(おおふねぼこ)」の再建の話が上がっていることです。京都駅前に今秋完成する大型家電店に実物大の「飾り鉾」がお目見えします。但し実際の巡行はできないので別に製作するといいそれには数億円の費用がかかるそうです。この鉾は今の船鉾の倍の大きさで巡行のトリをつとめることになります。それをぜひ見てみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48903865

この記事へのトラックバック一覧です: 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(おまけ):

» 祇園祭 山鉾巡行 巡行コース [最新ニュースまとめサイト]
今回、祇園祭の山鉾巡行を見学したのですが、くじ改めのシーンを見ようとしたら人... 今回、祇園祭の山鉾巡行を見学したのですが、くじ改めのシーンを見ようとしたら人だらけで全然見られませんでした。 くじ改めのシーンは人が空いてる違う場所で、モニターなどで放送してる事はあるのでしょうか?(続きを読む) 祇園祭の古いちまきを納める場所 7/18以降(山鉾巡行の翌日以降) 去年の古い厄... 祇園祭の古いちまきを納める場所 7/18以降(山鉾巡行の翌日以降) 去年の古い厄除けちまきは どこに納めたら良いですか... [続きを読む]

« 野次馬の祇園祭山鉾巡行案内(その4) | トップページ | 魚の運搬を再開したカワセミ »