フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カワセミの雛は? | トップページ | 灰皿が無くなった! »

2010年6月 1日 (火)

60年間知らなかったこと

      ―足の指の長さ―10053016_3

最近、長男夫婦に双子の子供が生れました。亀さんにとっては、孫です。

先日、長男が「お父さんの足の指は、親指の方が長いの?人差し指の方が長いの?」と尋ねます。

なんでも、長男の子供たちは、2人とも人差し指の方が長いようです(上の写真)

亀さんは、人によって、足の指の長さが異なること自体、全く知りませんでした。60年以上生きていますが、他人の足の指の長さを気にしたこともありませんでした。10053015

亀さんの足の指をあらためて見ると、親指が一番長く、小指まで段々短くなっています(上の写真)

長男は、「自分も人差し指の方が長く、このように人によって長さが異なることは常識だよ!」と言います。

調べてみると、足の指の形には、①ギリシア型(人差し指が長い)、②エジプト型(親指が長い)、③正方形型(5本の指の長さがほとんど同じ)の3つに大別されるようです(注1)

長男夫婦はともに人差し指の方が長く、亀さんの奥さんもそのようです。

日本人には、人差し指の長いギリシア型が少ないのですが、亀さんの近くには、ギリシア型が多いようです。

俗説によると、ギリシア型は、人差し指が親指より長いので、“親より出世する”ようですから、長男の子供たちの成長を期待しますかね…。(記入者:亀さん)

(注1)あしのかたち:http://www9.ocn.ne.jp/~touei/asikata.htm

(注2)足の指で出世がわかる:http://kara-sen.cocolog-nifty.com/buntai/2004/04/post_57.html

« カワセミの雛は? | トップページ | 灰皿が無くなった! »

コメント

ubazakuraさんの足は、亀さんの足と同じエジプト型
です。私はギリシャ型です。
こんなことまでDNAに書いてあるんですねえ!

こんにちは~。
記事とは別のコメントをお許しくださいね。
本日 6月1日からお仕事復帰いたしました。
まだ びっこをひく歩き方で無理は出来ませんがね。色々と御心配もかけましたがひとまず安心してくださいね。

> トノさんへ
そうですね。
足の形も遺伝するんですね。
自分の足の形をじっくり見たのは、初めてでしたし、他人の足を見たこともありませんでした。
しかし、その後は他人の足の形が気になって仕方ありません。
でもあまりジロジロ見ていると、“変な人”になりますので…。

> IWATOさんへ
結構長引きましたね。
まだ、無理はできないと思いますので、気をつけて仕事をしてください。

亀さん・IWATOさんへ 指先もそうですが<足>は本当に大切です。お大事に!
 「世界記録」をあきらめずにめざしているギリシャ型の野次馬より

> 野次馬さんへ
“缶つぶし”には、ギリシア型が有利なんですかね。
なお、亀さんは、他人の為に“骨を折る”ことはあり、肋骨を折ったことはあるんですが、手足を骨折したことはありません。

亀さん、こんばんは。
我が家は私の家系が人差し指が長くて、主人の家系は親指が長いんです。
んで、我が家の娘は主人似
主人の血をシッカリ引いている『証明』でもあるから、幸せだよ と言い聞かせてますsmile

お早うございます。
改めて自分の足にくぎ付けです。
右がギリシア型、左がエジプト型です。
中途半端って処でしょうか?
納得です。この先もう無理ですね。(笑)

お孫さんの足、可愛いですねconfident
私も自分の足の指を見てみました。
ギリシア型でしたfoot
将来、どうなるんでしょう・・・^^
正方形型の足の方は珍しいような気がしますね。


> ちずやんへ
亀さんちは、人差し指が長い者が多く、親指の長い亀さんの血を引き継いだ者はいません。
でも、俗説を信じれば、親より出世するそうですから、いいのかな…。

>ななごうさんへ
片足ずつが異なるのって、珍しいんではないですか?
俗説では、こんなのって、どうなるんですかね。

>ほよりんさんへ
ギリシア型ですか…。親より出世しましたか?
もし出世していなかったら、長生きするのかな?
亀さんは、エジプト型でしたが、親より短命なのかな…。
なんていう話は、酒の肴になりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48500398

この記事へのトラックバック一覧です: 60年間知らなかったこと:

« カワセミの雛は? | トップページ | 灰皿が無くなった! »