フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『活字たんけん隊』―野次馬の読書案内(010) | トップページ | GW中のカワセミの撮影は…。 »

2010年5月 2日 (日)

新御茶ノ水駅の巨大カレンダー

  ―照準器の購入に神田須田町へ―

カワセミの撮影の際に使う照準器(注)の具合が悪くなったので、30日のお昼休みに、昼食がてら、神田須田町のK産業の東京店ショールームに行きました。

その際、東京メトロ・千代田線の新御茶ノ水駅で降りました。その駅のホームに降り立って、亀さんは驚きました。100430022_2 100430011 100430033

そのホームの壁全体が巨大なカレンダーになっているんです。東行きの方は季節の表示がしてあり(下段左の写真)、西行きの方はカレンダーになっています(上段及び下段右の写真)。しかも、ご丁寧にも、祝日が赤字であるほか、日曜日の日の上には赤い印が付いています。10043007 10043008

照準器の修理と新しい照準器の購入を無事済ませた後は、いよいよ昼食です。10043004 10043005 10043006

せっかく神田須田町に来たからには、亀さんの昼食は、「薮そば」→「竹むら」のあわぜんざいの定番コースです。過去何度もこのお決まりコースで昼食をしています(注2)

「薮そば」では少し待合席で待ったのですが、その待合席から見える庭には、可愛いワニグチソウ(注3)が咲いていました。

大型連休の谷間の30日は、亀さんにとっては充実した1日でした。(記入者:亀さん)

注1)「超望遠撮影に強力な助っ人」(09.12.25付け):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-30fd.html

(注2)「皇居のほとりで満開の河津桜を発見!」(09.03.04付け):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_4c8b.html

(注3)ワニグチソウ:アマドコロ、ナルコユリ、ホウチャクソウなどと同様、ユリ科アマドコロ属の山野草。http://koedokawagoe.web.infoseek.co.jp/pho728.html

« 『活字たんけん隊』―野次馬の読書案内(010) | トップページ | GW中のカワセミの撮影は…。 »

コメント

お早うございます。
記事を読んでビックリしました。
えーー亀さんて元自衛官?
元自衛官でしたら驚きませんが。
私、単純に照準器イコール暗視イコール野戦と思ってましたので。
ゴルゴ13の見過ぎでしょうか。
亀さんはスナイパーでしょうか?
スミマセン、的がはずれまして。

>ななごうさんへ
そこに食いつきましたか!意外でした。
巨大カレンダーか、薮そばか、竹むらのあわぜんざいが食いつき材料なんですが…。
照準器は、カメラのピントの中心点(フォーカスポイント)と照準器の中心点を合わせて、ファインダーを覗かなくても良いようにするのに使います。
カワセミ撮影する人は大体使っているんですよ。
でも、カワセミに照準を合わせて、ナイスショットを狙っているんですから、カワセミ・スナイパーと言っても良いかな?

亀さん、こんばんは。
神田須田町の藪そばで昼食は最高でしょうね。
藪系の総本山とも云うべきお店ですね。
更科系と比べてやはりどこか違いますか?

>ななごうさんへ
このあたりには、薮そばのほかに、神田まつやもあり、それぞれのファンがいます。
亀さんは、薮そばの少なめのそばを食べて、竹むらで甘味を食べることにしています。
亀さんは、うどん文化圏の生まれなので、更科系・薮系・砂場系の3系統のそばの違いは分かりませんが、薮そばのそばはツルッとして喉越しが良いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48228258

この記事へのトラックバック一覧です: 新御茶ノ水駅の巨大カレンダー:

« 『活字たんけん隊』―野次馬の読書案内(010) | トップページ | GW中のカワセミの撮影は…。 »