フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 横田滋さんに会いました | トップページ | 伊豆・城ヶ崎海岸(その1) »

2010年5月14日 (金)

上方落語家の名前の店

    ―「はるだんじ」って?―100512011

神田神保町のすずらん通りに、「はるだんじ」(注1)という名前の食堂があり、亀さんは以前から気になっていました。

“上方落語家の名跡の「桂春團治」に関係するのかな?”とは思うが、「春団治」は大阪(上方)芸能の象徴的な存在で、東京の店になぜ付いているのか、不思議です。

そこで、この疑問を解決するために、先日の昼食は、この食堂に入ってみました。

入ってみても、店の内部に、落語的な要素は何も感じられません。なぜ、「はるだんじ」なのか、全く分かりません。100512022

1階の壁には、墨で描かれた絵画が飾られ、まるで、ギャラリーのようです。

それもそのはず、店の名刺には、「ギャラリー居酒屋 はるだんじ」と書かれており、2階では、湯浅満里子(注2)の作品が展示されていました。10051203

ランチは、海鮮丼、海鮮ビビンバ丼、うなぎ丼、和風ステーキ定食、ミックスフライ定食、サバ塩焼定食と特色はなく、大阪(上方)との結びつきは感じられません。亀さんは、和風ステーキ定食にしました。味は、値段の割りに美味しかったですよ。

これでは、この店に入った目的が達成されないので、思い切って店長さんに尋ねてみました。

その答は、「前の経営者の叔父が桂春團治さんと知り合いだったので、『春団治』という名前にしたんですが、自分は桂春團治さんを知らないので、平仮名の『はるだんじ』にしたんです。」ということでした。

店の雰囲気と店名のギャップはありますが、面白そうな店でした。(記入者:亀さん)

(注1)はるだんじ:http://ggyao.usen.com/0002144930/http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13055253/

(注2)湯浅満里子作品集:http://www2.odn.ne.jp/maryco/

« 横田滋さんに会いました | トップページ | 伊豆・城ヶ崎海岸(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48345057

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語家の名前の店:

« 横田滋さんに会いました | トップページ | 伊豆・城ヶ崎海岸(その1) »