フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オナガの撮影は結構難しいな! | トップページ | INOさんと撮影散歩(1) »

2010年5月 5日 (水)

近江花紀行―再び信長ゆかりの安土へ

先日の沙沙木神社に続いて再び安土へ出かけて来ました。お目当ては「文芸の郷」の庭園に咲く珍しい桜「ギョイコウ=御衣黄」です。亀さんの「遅咲きの桜を愛でる―皇居外苑」(2010.4.10)の注に紹介されていましたが、花弁に葉緑素をもつために薄緑色をしています。八重咲きのサトザクラの中でもオオシマザクラに近い栽培品種です。この花色が高貴な身分の方の「御衣」にそっくりというのでこの名がついたとされます。咲き始めは薄紫ですが咲き進むにつれて花弁に虹色の筋が入ります。すぐにわかるかなと心配していましたが立派な説明看板がありました。いまがちょうど満開、やがて花弁全体が反り、ポトリと落ちるのだとか。花吹雪と散る一般的な桜とはそこが違いますね。

Cimg2414 Cimg2418

庭園にはサトザクラなどの八重桜もきれいに咲いていました。入魂?の1枚は幹から直接咲いたショットかな、「ひこばえ」というのでしょうか。

Cimg2419 Cimg2416

他には姉妹提携したイタリア・マントヴァ市から贈られた同市の木であるクワ(左)やユズリハが花をつけていました。ユズリハはおめでたい木として正月飾りに使う地方もありますね。 (記入者:野次馬)

Cimg2439 Cimg2441

« オナガの撮影は結構難しいな! | トップページ | INOさんと撮影散歩(1) »

コメント

野次馬さん、御衣黄は珍しい桜ですね。私も、近年になって、家内と神代植物園を散歩した時に、初めて教えて貰いました。緑色の桜というのは不思議な気がしますが、もしかしたら品種の系列が違うのでしょうか。(INO)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48270873

この記事へのトラックバック一覧です: 近江花紀行―再び信長ゆかりの安土へ:

« オナガの撮影は結構難しいな! | トップページ | INOさんと撮影散歩(1) »