フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 造幣局 桜の通り抜け | トップページ | 「モンキー・ドッグ」に会ってきました »

2010年4月25日 (日)

列車の話

  ―関東と関西の違いは?―

今回の出張で乗った列車は、電車は16本(新幹線5回、JR5回、京阪5回、市営地下鉄1回)、気動車2本(JR+智頭急行2回)でした。

亀さんは、西日本の電車に乗ると、関東とは違うものをよく見つけます。それを皆さんに紹介します。100420161100420172 100420183 100420194

まず、京阪の「きかんしゃトーマスとなかまたち」ラッピング電車です(注1)関東でも、車体を使ったラッピング電車はありますが、窓ガラスにまでラッピングしてあるのは見たことがありません。関西人は徹底していますね。

“車内から外が見えないのでは…”と心配しましたが、下段右のように、かすかにラッピングしてあるのは分かりますが、ちゃんと見えました。100420201 100420212

次は、優先席のことを、関西では「優先座席」と言うようです(注2)また、関東の場合は、昔、優先席が“シルバーシート” と言っていた名残りか、地味な色が多いのですが、関西では、標示・座席の図柄とも、実にカラフルです。10042022

次は、関西では私鉄もJRも折りたたみ式の補助椅子があります。関東の場合、ボックスシート形式の車両の場合、出入口付近は3人掛けの座席があることが多いのですが…。

移動のために電車に乗るときに、キョロキョロして、新しい発見をすると楽しいですね。(記入者:亀さん)

(注1)京阪電車のHPより:http://www.keihan.co.jp/traffic/topics/event_thomas09/

(注2)優先席/優先座席:http://mito.cool.ne.jp/busbybus/yuusennseki.html

« 造幣局 桜の通り抜け | トップページ | 「モンキー・ドッグ」に会ってきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48174462

この記事へのトラックバック一覧です: 列車の話:

« 造幣局 桜の通り抜け | トップページ | 「モンキー・ドッグ」に会ってきました »