フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「耳塚」―苛烈な歴史のひとこま | トップページ | 日曜日はカワセミがあまり来ない! »

2010年4月18日 (日)

あの超有名企業の建物?

正面通りをさらに西へたどって鴨川を渡ったところでこの3階建ての立派な建物を見つけました。近寄ってみると何やら聞いたことのある会社名がありました。

Cimg2352 Cimg2353

「かるた・トランプ 製造元 山内任天堂」、そうあの任天堂ゆかりの建物でした。いまや世界的な知名度を持つゲームメーカーに成長した任天堂は明治22年この京都で誕生した小さな会社でした。山内相談役の曽祖父が「任天堂骨牌(かるた)」つまりかるたや花札の製造をする会社を興したのがはじまりです。その後、トランプ製造やファミコンなどゲーム機器を手掛けて急成長しました。「スーパーマリオブラザーズ」「ニンテンドーDS」最近ではWiiにはまっている方もあるのでは。帰宅して同社の歴史を調べてみたらこの建物は昭和30年ごろに営業所として使われていたことを知りました。意外な歴史に触れる「京のちょっと散歩」もなかなかおもしろいですよ。 (記入者:野次馬)

« 「耳塚」―苛烈な歴史のひとこま | トップページ | 日曜日はカワセミがあまり来ない! »

コメント

昔、任天堂と言えば、梅にウグイス・猪鹿蝶の花札ですよ。
小中学生の頃は、花札、麻雀牌とか遊び人の道具を作っている会社という認識でしたよ。
今とは違いますね。

亀さんへ 最近の任天堂の人気商品のリストを書き直しておきました。「Wii」も「WII」と書いてしまいましたしね。正直なところうちの孫に聞いた方が正確だったかも。トランプは「ナポレオン印」で全国を席巻したそうです。箱の大きさをショートピースなどタバコと同じ大きさにして日本専売公社(現・JT)とたばこ販売店への販売提携に成功したそうです。なかなかのアイデアですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/48119048

この記事へのトラックバック一覧です: あの超有名企業の建物?:

« 「耳塚」―苛烈な歴史のひとこま | トップページ | 日曜日はカワセミがあまり来ない! »