フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪の日に確定申告! | トップページ | カワセミは小魚を捕ったよ!(1) »

2010年2月20日 (土)

全然大丈夫!?

        ―スポーツ新聞を見て―

先日、スポーツ新聞を読んでいて、気になったことがあります。100216031

上の記事の見出しを見てください。 西武のドラフト1位、雄星投手(菊池雄星)の不調が続けば、2軍行きもありうるという記事です。

亀さんは、ある日本語に引っかかりました。みなさんは気がつきませんか?100216042

亀さんの気になったのは上の部分です。

「全然」ときたら、「ない」でしょう。「ある」だったら、「当然(ある)」でしょう…。

亀さんたちが小中学生の頃の国語では、「全然」の後に「打消の言い方や否定的意味の言葉を伴う」と習いました。

今でも、「広辞苑」にはそう書いてあります。ただ、「俗な用法で肯定的にも使う」として、「全く、非常に」の意味と「全然同感です」の用例を挙げています。

しかし、「ウィキペディア(Wikipedia)」を調べてみると、“「全然」という言葉が中国から入ってきた江戸時代には、既に肯定で使用されることがあった。ただし、広まったのは明治時代である。その後、昭和中期には肯定用法の使用が減り、肯定用法で「全然」を使用することが間違っているとの迷信が生まれた”と書いてあり、“明治時代には… 夏目漱石のほかに石川啄木、森鴎外、芥川龍之介らも「全然」を肯定表現で使っている。”と書いてあります。

つまり、「完全に、まったく、すっかり」といった肯定的な使い方も“全然大丈夫”だというのです。そういえば、一昨年、「全然大丈夫」という映画(注)があったような…。)

でも、亀さんは、「全然大丈夫」は、「全然(心配ない)。大丈夫。」を省略したもので、俗的には許されるにしても、「全然ある」と言い方は、そのような省略形でもなく、“全然ない”と思います。

まあ、スポーツ新聞の表現だし、西武の渡辺監督がそう言ったのなら仕方ないのかも知れませんが、亀さんとしては、あまり使いたくない用法です。(記入者:亀さん)

(注)映画「全然大丈夫」:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/18524/

« 雪の日に確定申告! | トップページ | カワセミは小魚を捕ったよ!(1) »

コメント

私も間違った言葉をよく使いますが、食事に同席したとき
『これ全然おいしいやん。』とか使われて
『どっちやねん!』と苦笑いしました。
表情で判断してますが、活字になると、意味が判らなくなりますdespair

娘の学校の職員室の入り口に、
「先生に用事があるときは 『○○先生はいらっしゃいますか?』 と声を掛けてください。」

 と張り紙してあるそうです。
以前に間違った日本語と指摘された事を覚えていて、悩んでいる娘です。

 『○○先生はおられますか。』 で通したら? と私は答えていますが、私もどっちだったか判らなくなってしまう毎日です。

おはようございます。
私も全然の使い方に違和感を覚えます。

確かに使い方間違っていますが・・・
今は通用するんですよねぇ。

それがおかしいのですが。

こんばんは~
私もいつも思っていた事なのですが
それで通じているというのが、何か変ですよね!

突然ですみませんが、
のんびり進んでいきたいと思い、ブログ引っ越し
してみました!これからもよろしくお願いいたします。
新しいURL記しておきましたのでよろしく
お願いいたします。又伺います^^

私も、とても違和感を覚えます。
活字にすると尚更ですねぇ。

先日、沖縄の基地問題で「問題の解決を頭ごなしに決定することはない」と首相がおっしゃったそうですが、これって「頭越しに」の間違いじゃないでしょうか?
でも、だれもそのことに触れませんでしたねぇ(NHKのニュース担当のアナウンサーが、戸惑っていた位でしょうか)。

書き文字だけでなく、TVやラジオでの「変な日本語」に戸惑う今日この頃です。

>ちずやんさんへ
同じ感覚の人がいて、ホッとしています。
なお、「いらっしゃる」は「居る」の尊敬語なので、(先生をそこまで尊敬するかどうかは別にして、)掲示は間違っていません。
以前間違いを指摘されたのは、「存じていらっしゃる」というような謙譲語+尊敬語の形か何かになっていたのでは…。

> micoさんへ
同感の人が安心しました。
でも、最近は高齢者でも「全然いいよ!」ということがあるんですよ。

>福寿草。さんへ
誤ったものでも使う人が多くなると、正しくなることがあるんですよ。
亀さんは、「すべて」を「全て」とは書きません。正しくは、「総て」ですから。「全」は「まったく」ですよ。
でも、パソコンでは、「全て」が先に出ます。

> ubazakuraさんへ
全く同感です。
アナウンサーが間違えることすらありますからね。

> 安曇野さんへ
最近、 安曇野さんのブログが更新されないので、どうしたんだろうと思っていました。
でも、コメントは頂いたりしていたので、“ブログを変更されたかな?”と思っていました。
さっそくお伺いします。

遅くにすみません
娘と読んでいて、前回のコメント逆に気づきました(大汗)


張り紙が 『おられますか?』 で、
私自身が中学の先生に『いらっしゃいますか?』 を訂正されたんでした。

本当にどっちが本当だったか 判らなくなりました。

ちなみに私の言葉を訂正してくださった先生は 『おっしゃった。』を 『おっしゃられた。』と使う先生です。

もう一つ訂正、私自身が→ 娘も私も訂正されました。  
亀さんの言うとおりですね。

「おる」は「居る」の謙譲語なので、
「られる」 をつけても無駄だという話をしてたのに、この始末(トホホ)

地方の人間は、外国人並に標準語に気を遣います。

> ちずやんさんへ
実を言うと、亀さんも「見られる」を「見れる」などと間違えて使うこともあり、尊敬語も時々間違えるんですが、「全然ある」などには抵抗感があります。
こんな話題で、お騒がせしましたかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/47586510

この記事へのトラックバック一覧です: 全然大丈夫!?:

« 雪の日に確定申告! | トップページ | カワセミは小魚を捕ったよ!(1) »