フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月13日のカワセミ | トップページ | 「桜島の分身」が届きました »

2009年12月15日 (火)

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル

    ―フランス国外、初開催!―0912140101

ストラスブールは、フランスのアルザス地方の都市で、ドイツとの国境の町で、映画「最後の授業」で有名です。ここは、クリスマスツリー発祥の地だそうです。

その町のクリスマス・マーケット「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル」注1)が、東京国際ホーラムにきているというので、昨日の昼休みに行ってみました。現地の職人が本格的なストラスブールのクリスマス文化を日本に伝えに来日しているのです。0912140202 091214040409121408080912140707

マーケットでは、中央にクリスマスツリーとメリーゴーランドがあり、クリスマスグッズはもちろん、リネン、陶器などストラスブール地方独特の雑貨を販売してます。09121409090912140303 

アルザスワインやアルザス伝統のコンフィチュール(ジャム)も売られていました。09121405050912140606

また、ストラスブールの名物料理タルト・フランベや、クリスマスには欠かせないパン・デ・ピス、クリスマス・ビールやホットワインなどここでしか味わえない料理も楽しめますが、亀さんは既に食事をしていたので、ここでは食べませんでした。0912141010_2 0912141111

亀さんは、奥さんへの土産として、この町のシンボルのコウノトリ風サンタクロースのぬいぐるみとドイツ民芸のケーテ・ウォルファルト(注2)のクリスマス人形を買い求めました。奥さんは、喜んでくれるかな…。(記入者:亀さん)

(注1)ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル:http://www.t-i-forum.co.jp/noel/

(注2)ケーテ・ウォルファルト:https://shop.wohlfahrt.com/Startseitebestofchristmas/?pSessionSprachID=4&pWAIdentID=eshop&pWAStufeID=4&start=1&pFolderFrom=World2004&neustart=1&flg=jp&noflash=1&change=1

« 12月13日のカワセミ | トップページ | 「桜島の分身」が届きました »

コメント

見ているだけでもクリスマスグッズは楽しいものが
あります。
心が躍る様な・・・。
でも新型インフルのお陰で28日まで給食作り。
なんとなくクリスマスムード無しの状態。
クルシミマスです。
奥様大喜びでしょうねぇ。クリスマス仕様の亀さん家が賑やかになりましたね。

>福寿草。さんへ
実は、左の写真のサンタクロースを買って家に帰る前に電話をしたら、喜んでくれました。そこで調子に乗って、右のクリスマス人形を買いました。
後者については特に喜んでくれました。
早速、亀さんちの室内装飾に仲間入りしています。

ニュースで見て、行きたいなあと思ったところでした。私好みのイベント!お土産もかわいいですね。

>堺のママさん さんへ
同僚の話だと、「夜は光とかがあって、もっときれいで、行くといいよ!」ということです。
しかし、亀さんは最近、仕事が終わると、寄り道をしないで家に帰っているので、夜のクリスマスムードはほとんど分からないんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/47023882

この記事へのトラックバック一覧です: ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル:

« 12月13日のカワセミ | トップページ | 「桜島の分身」が届きました »