フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富士山がよく見えました! | トップページ | 12月5日のカワセミ(1) »

2009年12月 5日 (土)

学研の「学習」の休刊

―昔なつかしい学習雑誌―8612110910 8412310912

小学生向けに学年別で刊行してきた「○年生の学習」と「○年生の科学」が休刊(=事実上の廃刊)になるようです(注1)

「学習」の創刊が1946年ですから、亀さんの生まれた頃です。一方、「科学」の創刊は1957年ですから、亀さんが小学校高学年の頃です。

亀さんの小学生の頃、これらの雑誌については、学校を通じて購読希望を出し、毎月、担任の先生が配布していました(注2)

亀さんは、1年生から6年生まで「学習」を購読していました。学校では習わないようなことも書いてあったり、素敵な付録が付いていて、亀さんの向学心や探究心の増進に役立ったようです。

当時は、学校の授業だけでは満足できない児童たちには格好の学習材料だったんだろうと思います。中学受験という面から見ると、当時でも「算数の自由自在」などの参考書もありましたが、「学習」などは、受験参考書とは異なり、“勉強や科学の面白さ”を与えてくれる雑誌でした。

還暦・団塊の世代がお世話になった、このような雑誌がなくなるのは残念なことですね。(記入者:亀さん)

(注1)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000912-yom-socihttp://www.gakken.co.jp/news/hd/200912/20091203.html

(注2)“学校という公的機関が一企業の雑誌の販売を斡旋するのはいかがか”などという議論が出て、のちに、訪問販売員による販売となったようです。

« 富士山がよく見えました! | トップページ | 12月5日のカワセミ(1) »

コメント

おはようございます~^^
懐かしいものが消えていくようで寂しいですね!
今にはない温かな思いを感じさせて
くれましたが、これも時代の流れなのでしょうかね!


おはようございます。
子供の頃に馴染んだ本の休刊は残念ですね。

> 安曇野さんへ
このような雑誌を読んで、広い知識を獲得できたような気がします。
受験やテストとは違う、「学ぶ」ことの大切さを教えられたと思います。
このような雑誌がなくなるのは、点数主義の弊害なんでしょうね。

> micoさんへ
本当に残念ですね。
それに、このような雑誌がなくなるという、現在の教育環境=偏差値至上主義が間違っているのでは…と思わざるを得ません。

おはようございます^^
先日ニュースでみたのですが
これに変って、大人の科学という雑誌が
でるそうですね!

>安曇野さんへ
「学習」や「科学」を愛読した、昔の子供をターゲットにしようと言うんですね。
それよりも、今の子供たちに、本当の学問・科学のすごさ、楽しさを教育してもらいたいのですが…。

昭和38年生まれです。小学校に入学する前に保育園で学習の一年生を買ってうれしくて、何度も読み返しました。中でも子牛のメーボーというお話しは、暗記してました。川の土手に子牛がいます。芽が出たばかりの草を食べています。という出だしでした。もう一度読みたいです 。ご存じないでしょうか?

>京子さんへ
コメント、ありがとうございました。
私は、学習に、「ケーブルカーは空の乗物」といって、ロープウェイの絵が描いてあり、その後、テストで、空の乗物だと書いたら、「陸の乗物」が正解だったという、苦い思い出があります。
残念ながら、京子さんの読まれた本のことは分かりませんが、学研に問い合わせると分かるかも…。
でも、ずいぶん前のことだから、学研にもないかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46936202

この記事へのトラックバック一覧です: 学研の「学習」の休刊:

« 富士山がよく見えました! | トップページ | 12月5日のカワセミ(1) »