フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 迎賓館赤坂離宮前庭に行ってきました! | トップページ | 陽気のなかを隅田川に沿って »

2009年11月30日 (月)

東京スカイツリーの今日の高さは?

    ―東京まちさんぽ・その1―

11月27日、亀さんたちは、東京メトロが主催する「東京まちさんぽ」に参加しました。この日は、春のような陽気で、絶好のウォーキング日和でした。

その日は、半蔵門線押上駅をスタートし、東京スカイツリー→牛嶋神社→隅田公園→雷門→隅田川テラス→江戸東京博物館→北斎通り→亀戸天神→半蔵門線錦糸町駅の約9.7kmです。キャッチフレーズは、「東京の今、昔をみつける秋の下町探訪」でした。091128011 091128022

亀さんたちは10時スタートのグループだったのですが、9時半に着くと既に長い列が出来ていました。参加手続をして、10時に押上駅を出発しました。091128033 091128044 091128055

出発するとすぐ、今日のメインディッシュ・建設中の東京スカイツリーが見えてきます。これは、関東地区の地上デジタル放送のテレビ塔として建設中のもので、2012年には634mのタワーとなり、開業される予定です。

塔には「現在のタワーの高さ 215m」と書かれています。付近には我々以外にも多くの見物人がいて、中には自分で作った完成時の模型を作ってきている人もいました。

東京タワーに代わって一大名所になるんでしょうか・・・。091128066091128066_2 091128077 091128088

亀さんたちは、それから、隅田川を目指して東京の下町を歩いていきましたが、その途中に、江戸時代に「牛の御前」と庶民に親しまれた牛嶋神社に寄りました。

牛嶋神社の鳥居は珍しい三輪鳥居で、境内には狛犬のほか、一対の牛が鎮座しています。

また、神職が牛のお守りをウォーカーに盛んに勧めておられました。亀さんは、家族の健康と安全をお祈りして、牛嶋神社をあとにしました。

すると、すぐに隅田川に出ました。これから先の報告は、次回以降に致します。(記入者:亀さん)

« 迎賓館赤坂離宮前庭に行ってきました! | トップページ | 陽気のなかを隅田川に沿って »

コメント

亀さんへ 相変わらず行動的な日常ですね。東京スカイツリーも3分の1の高さまで出来ましたか。思った以上にハイペースですね。お疲れの感のある地方に比べ東京はまだまだ元気だなあと感じます。いよいよ師走、こちらはKYOTO-WALKERを愉しみます。

おはようございます。
「東京まちさんぽ」楽しそうですね。
近ければ参加したいです。

こんにちは~。

充実した週末をお過ごしでしたね。
やはり、東京は見どころいっぱいで、羨ましいです。(三輪鳥居、勉強になりました!)

スカイツリー完成後は、東京タワーはどうなっちゃうんでしょう?
そのまま観光施設として残るんでしょうかねぇ。

> 野次馬さんへ
確かに、地方に比べると、東京はまだマシですね。
ただ、そろそろ限界ですかね。
なお、亀さんは、意識的に、仕事よりは趣味が中心の生活に転換するために、趣味面で活動的にしているんですよ。

> micoさんへ
東京は、京阪神のように、古墳やお寺をめぐり、自然を味わう散策は出来ないので、 micoさんの参加されている散策の方が楽しいと思いますよ。
でも、10kmくらい歩くと、気持も軽やかになって楽しいですね。

> ubazakuraさんへ
確かに、東京は見るところが沢山あります。
でも、地方に比べると、自然が少ないんですよね。
なお、スカイツリー完成後の東京タワーの使い方は決まっていないようです。観光収入だけでは維持できないので、取り壊すこともありうるようです。
でも、東京タワーには色々な思い出があるので、残して欲しいですね。

東京スカイツリーってもうこんな高さまで建設が進んでるんですね!
新名所になるとは思いますが やっぱり高校の修学旅行で行った東京タワーがすごい思い出がありますよ。

> IWATOさんへ
東京スカイツリーが出来ると、東京タワーは要らなくなるようですが、日本の経済発展の歴史の一里塚であり、亀さんたちの思い出だから残して欲しいですね。
広島から新幹線に乗り、東京タワーが見えてくると、“東京に着いた。さあ、仕事だ!”と思ったものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46885145

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリーの今日の高さは?:

« 迎賓館赤坂離宮前庭に行ってきました! | トップページ | 陽気のなかを隅田川に沿って »