フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 火を吹くゴジラ? | トップページ | EXILEのリハーサルを聴いたよ! »

2009年11月12日 (木)

超望遠レンズを買うかな?

        ―亀さんの悩みは…―091110031 091110042

亀さんは今悩んでいます。

亀さんは、どうも、”野鳥の撮影に嵌った”ようなのです。亀さんが野鳥を撮るのに今使っているレンズは、ニコンのAF-S VR ZooM-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6で、一応300mmの“幅広い焦点距離をカバーする4.3倍の望遠ズームレンズ”なのですが、今イチ満足できなくなっています。

その理由は、亀さんが見沼田んぼで遭遇する野鳥撮影集団の方たちが持っておられるのは、大体が400mm以上の超望遠レンズです。中には、300mmの明るい(F2.8の)望遠レンズとテレコンバーターを組み合わされている人もいますが、いずれも大口径の超望遠レンズです。

同じ野鳥を撮っても、その人たちの撮った写真と亀さんの撮った写真を比較すると、当然ながら“天地雲泥の差”があります。

そこで、亀さんも、大口径の超望遠レンズを購入すべく、ニコン製品の中古店を含め、色々な店を回って、検討しています。(中古店にはあまりなく、あっても新品よりやや安いくらいで、中古品はあまり期待できないかな。)でも、その購入となると本当に迷ってしまいます。

なぜなら、300mmの大口径の超望遠レンズでも、亀さんの小遣い・昼食代の半年から1年分もするし、400mmや500mmの大口径・超望遠レンズや200-400mmの大口径・望遠ズームレンズだと、その倍くらいするんです。

亀さんのへそくり(奥さん公認ですよ!)の範囲内で買うことには、奥さんも同意しているんですが、それを購入すれば、酒も飲まず、ゴルフも賭け事もしないでコツコツ貯めたへそくりがスッカラカンになります。

しかも、亀さんの野鳥撮影の嵌りの程度が、自分自身でも分からないんで、どのレンズを買っていいのか、決断できません。

一旦、300mmの大口径を買い、もっと嵌った段階でそれ以上のものにするのが、いいかなあとも思っているんですが、すぐに300mmの大口径に満足できなくなるんだったら、清水の舞台から飛び降りる覚悟でそれ以上のものを買うほうが良いし…。

いずれにしても、即断できないので、当分悩むことにします。野鳥撮影を趣味にしている方のご助言を歓迎します。(記入者:亀さん)

« 火を吹くゴジラ? | トップページ | EXILEのリハーサルを聴いたよ! »

コメント

大口径の望遠レンズになると値段も1桁違いますからね~。
私が高校時代にはそんな高価なレンズは買えず
牡蠣屋でアルバイトしたわずかなお金で 
シグマ、タムロン、トキナー、などの安いレンズメーカーを比較して買ってました。

> IWATOさんへ
仮に買うとしたら、亀さんが買うものして、自宅以外では一番高価な買物になりそうです。
野鳥の撮影集団の人に話しかけて「欲しいなあ!」と言ったら、「鳥の撮影に嵌ると金が掛かるよ。それを覚悟してやらないと…」と助言されました。
でも、酒もゴルフもやらないから、これくらいの贅沢はいいかなとも…。

おはようございます、
小鳥の撮影には超望遠が必需のようですね。
バードウォッチャーが立派なカメラを構えているのを
よく目にします。

亀さん、毎度です。
何事も迷っているときが一番楽しかったりしますね(笑
ところで、鳥の場合、大口径単焦点が主要スタイルです。
高価なズームは、報道かスポーツ用途で、鳥の場合はあまり使われていないように思います。描写や精細さは、所詮単焦点にはかないません。
口径や焦点距離の違いは、結局遠くのものをどれだけきれいに取れるかというところに行き着くんだと思います。ナショナルトラストの斜面林あたりで撮る分には、ロクヨンは必要ないだろうなあと思います。
ただ、近づかずに、鳥にストレスを与えず撮れるという意味で大砲は有益だと。
もちろん、サンニッパに1.7テレコンをつけたものとゴーヨンでは焦点距離はほぼ同じでも描写はかなり違います。
このあたり、価格コムの製品別の掲示板を見ると大変参考になると思います。
大きな買い物なので、じっくり悩んでください。

亀さん、本当に野鳥の撮影に嵌ってしまったようですね。Well-Uさんが言われるように、何を買おうか検討している今が一番幸せな時かもしれません。あとは、亀さん本人の価値判断ですね。
ともかく、私は、いまだにNikon-D70で、レンズは標準の18-70mmを愛用していますから、亀さんは随分と先に進みましたね。
(INO記す)

>micoさんへ
若い頃、ケチケチできた反動で、この歳になって、趣味にお金を使うようになりました。
野鳥の撮影に行くと、みんな、いいカメラとレンズを持っておられるので、欲しくなるんですよ。

> Well-U さんへ
亀さんの気持ちは、価格面から、“サンニッパにテレコン”でほぼ傾いていますが、もう少し悩んでみます。
ある家電量販店で、“誕生日の月は、売値の2割引”があり、奥さんの誕生日が1月なので、1月に買うと、かなり安くなるかなと皮算用しているんですよ。

> INO さんへ
そう言えば、18-70mmの標準レンズや105mmのマイクロをほとんど使っていないですね。
通常の写真は、コンパクトデジカメで済ませているんで…。
でも、鳥の撮影は面白いですよ。

亀さんへ 有名な撮影場所へ出かけると琵琶湖周辺でもカメラ機材を揃えたマニアであふれています。中でも野鳥のスポットは私が「望遠レンズ族」と呼んでいる方たちでいい場所は占領された感があります。以前、カタログでしか見たことのないツァイスの超望遠レンズを付けたハッセルを見かけて聞いたところ「一式で1000万ほど」という答えでした。注文生産で1年は待たされるからニューヨークのオークションで手に入れたそうで。「じゃあベンツ2台分ですね」と言っときましたが一緒にいた友人から「すかさず2台分とはうまいね、あの人ずいぶん喜んだもの」と感心されました。機材に凝るのはきりがないし、そこそこまででいいとは思いますけどね。ウーン、短焦点、超望遠ですか。現地まで運んで設置するエネルギーも相当要りますよ、「撮影前」に。

>野次馬さんへ
そこまで本格的には出来ないと思いますよ。
でも、ヘタをすると、軽自動車1台分くらいは掛かるかも…。
重さも自転車で運べるくらいまでにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46729955

この記事へのトラックバック一覧です: 超望遠レンズを買うかな?:

« 火を吹くゴジラ? | トップページ | EXILEのリハーサルを聴いたよ! »