フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嵐電に乗って(おまけ) | トップページ | こんな魔女なら大歓迎! »

2009年10月19日 (月)

都内に登山鉄道?

    ―飛鳥山公園に登場!―

JRの京浜東北線の王子駅のところに、江戸時代から桜の名所として有名な「飛鳥山公園」(注1)があります。

この飛鳥山公園は、都区内で一番低い山と国土地理院が認める愛宕山(25.7m)よりも低いのですが、そこに行くには、JR王子駅からは急な坂を登るか、都電で1駅乗って行くかする必要がありました。09101701_2

ところがJRの電車の窓から見ると、今年7月中旬から、登山電車のようなものが運行しているようです。

そこで、亀さんは“どんなものなのか?”、“有料なのかどうか”を調べに行ってきました。

結果は、押しボタン式の無人運転の自走式モノレールでした(注2)つまり、エレベーターのように、自分でボタンを押すと動くモノレールでした動画はココをクリック←なかなかの動画!)

料金は無料で、自転車はダメですが、車いす・ベビーカーはOKで、亀さんが乗ったときも車いすの方が乗っておられました。また、現在、モノレールの施設・車両の愛称が募集中でした。

このモノレールで登ったところが、標高25.4mの山頂です。09101703 091017041 091017052 091017063

飛鳥山は、桜が素晴らしいのですが(注3)この時季、落ち葉の中を散策するのはなかなか気持ちがいいものです。亀さんが行ったときにも、風が吹くとドングリがパラパラと落ちてきて秋を感じました。(記入者:亀さん)

[追記]このほか、飛鳥山公園には、児童公園や多目的広場や以下の施設があります。09101707 09101707_2

隣接して、旧渋沢庭園(旧渋沢家飛鳥山邸)があり、国の重要文化財の青淵文庫や晩香盧という明治の建物を見ることができます。09101708_2 09101709 09101710

さらに、飛鳥山の3つの博物館(渋沢史料館、北区飛鳥山博物館、紙の博物館)もあり、ゆっくり1日を費やすことができます。

(注1)飛鳥山公園:http://www.dentan.jp/ouji/asuka.htmlhttp://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/055/005518.htm

(注2)飛鳥山公園モノレール:http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/inform/437/043733.htmhttp://www.city.kita.tokyo.jp/docs/inform/437/atts/043733/attachment/attachment_1.pdf、なお、無人運転可能なのですが、現在は安全確保のためか、モノレールの上下に案内人がおられ、その人がボタンを押しておられました。

(注3)08.4.09付けの記事「都電で飛鳥山の桜を!」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_2165.html

« 嵐電に乗って(おまけ) | トップページ | こんな魔女なら大歓迎! »

コメント

おはようございます。
動画を楽しませていただきました。
都会の中の登山電車、素敵ですね。
乗って見たくなりました。

亀さん、毎度です。
私は最近湘南新宿ラインで通勤しているのですが、赤羽を過ぎてしばらくいったあたりに山らしきものがあるのは気がついていました。あれが飛鳥山なんでしょうね。モノレールはこのところのバリアフリーの流れでしょうか、エスカレーターよりは乗って楽しいでしょうね。

>micoさんへ
亀さんもずいぶん前から気になっていたのですが、ようやく行くことが出来ました。
国の補助金でつくったようですが、無料だということとバリアフリーという点で、評価できると思います。
動画はインターネットで見つけたものですが、なかなか良く撮れていると思います。

>Well-U さんへ
湘南新宿ラインは、赤羽から(埼京線沿いではなく)京浜東北線沿いに走り、田端の手前で右に曲がり、山手貨物線に合流します。
赤羽を過ぎて5分くらいすると王子駅付近を通過するときに右側に見えるのが飛鳥山公園で、電車からも、このモノレールは見えますよ。
確かに、機能的にはエレベーターと同じですが、景観や面白さからいってモノレールに軍配が上がりますね。

可愛い登山鉄道ですね。
歩いて登った方が早く着きそう。

> IWATOさんへ
所要時間が2分ですので、確かに、走って登れば、そちらの方が早いかも知れません。
でも、タダで、バリアフリーですから、多くの人が使っています。
また、動画で分かるように、景色もいいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46511002

この記事へのトラックバック一覧です: 都内に登山鉄道?:

« 嵐電に乗って(おまけ) | トップページ | こんな魔女なら大歓迎! »