フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 都心を走る変なバス | トップページ | 「越中・富山紀行」(番外編) »

2009年10月 6日 (火)

銀杏、たわわに!

       ―日比谷公園で収穫する人も―091005201 091005212 091005223

毎年、この時季になると、日比谷公園のイチョウの木の下では、銀杏を拾っている人がかなりおられます。

イチョウの木は雌雄異株で、街路樹として植えるのは、原則として(注)、雄の木です。雌の木には銀杏(ぎんなん)が生り、それが落ちると歩道が汚れるし、車道が銀杏の油分で滑りやすくなるからです。

しかし、公園ではその心配がないので、雌雄両方の木が植えられており、日比谷公園にもたくさんの雌の木があります。

昨日、日比谷公園に行ったら、今年の銀杏の出来は上々のようで、枝には銀杏がたわわに生っています。

路上や園地には銀杏がたくさん落ちており、それを拾っている人もいます。直接銀杏にふれると、皮膚がかぶれるので、ビニール袋を手袋代わりにして拾ったり、割箸で拾っておられます。

拾われた銀杏は、今頃は拾った人の胃袋の中に入っているのかな・・・(記入者:亀さん)

(注)都心では、国会周辺には、雌の木も植えられていますが、亀さんは、“手違いでは・・・”と思っています。

« 都心を走る変なバス | トップページ | 「越中・富山紀行」(番外編) »

コメント

ギンナンが豊作のようですね。
あの臭いは苦手です。
好きな人は居ないでしょうね(大笑い

おはようございます。

当地では時々街路樹の銀杏にもぎんなんがなっているのを見かけます。
植木屋さんが間違えたのか、住民へのサービスでしょうか??

ぎんなんはあの臭い外皮を取り除くのが面倒なので、お店で売っている「製品」を買ってくる方が楽ですね。bleah

亀さんへ 滋賀へ戻った昨年はあちこちの銀杏を食べ歩きました。(買ってきて家で食べたのだから「買い歩き」が正しいかな)結果、最高評価だったのは湖東三山・西明寺境内のを檀家のみなさんが拾って仕上げたもの。これは本当に絶品でした。高速代を払っても行く価値あり。紅葉の名所ですから観賞ついでならそれが一番ですが「売り切れ御免」ですからご注意を。

> micoさんへ
ぎんなんは、味はよく、亀さんは大好きです。
ただ、確かに臭いんで、公園で落ちているのを拾ってくるのはできません。

> ubazakuraさんへ
亀さんも、店で売っているのを買ってきています。
日比谷公園の水飲み場に、「ぎんなんを洗わないように」という注意書が貼ってあるので、拾った後に洗って帰る人もいるんですね。
そうでないと、あんなにおいのぎんなんを持って電車に乗れませんもの…(臭いが洩れると大変!)。

> 野次馬さんへ
亀さんは、どこの銀杏が美味しいか、食べ比べたことはありません。
ただ、茶碗蒸しや串揚げなどで食べますが、殻の付いたままフライパンで煎って食べるのが一番好きです。

小さい頃は近所の病院の敷地にあった銀杏をひらいに行ってましたよ。
病院の施設増築時に枝を全て切ってしまいそれ以来全く成りませんね。
東京では落語家の「コユウザ師匠」が忙しく銀杏拾いしてるかも??

> IWATOさんへ
残念ですね。
ところで、亀さんは落語のことはまるっきり分かりませんので、調べたら、「代脈」という落語に銀杏というお医者さんが出てくるのですが、 IWATOさんはそのことに掛けて、コメントされたんですか?

亀さんへ 自宅での「煎りかた」は電子レンジよりかフライパンがいいです。レンジの「ベストレシピ」を聞いてきてもメーカーや出力が違うのかうまくいったためしがありません。その点、フライパンだとガスでも電磁調理器でも比較的簡単です。フタをして回しながら(銀杏返し、は冗談)4個か5個目がはじけたくらいがちょうどです。私流は「割らないで」「なるべく新しいものを」「熱いうちに食す」です。専用の<銀杏つぶし器>が便利です。うちは夫婦それぞれに別メーカーのがあります。

>野次馬さんへ
私は、「フライパン・少し焦がして・割って・熱いうちに食べる」です。
銀杏つぶし器は無いので、トンカチや牛肉たたきで叩いて割っていますが・・・。

亀さんへ そんな危ないことは絶対いけません。道具屋筋まで行かなくても「銀杏割り器」はホームセンターなどにありますよ。これが実に便利なんです。それも「一家にひとつ」じゃなくて(熱いうちに食べるためには)「一人にひとつ」です。これさえあればもう無心に食べられるんですよね。熱々の焼銀杏、サイコーです。もうひとつ、割ったらだめです。殻が高温の蒸気を封じ込めて実を柔らかくする効果がありますからね。 何でもフリークの野次馬より

> 野次馬さんへ
分かりました。
今度、ホームセンターで買いたいと思います。

>野次馬さんへ
亀さんは使ったことがないのですが、亀さんちにも「銀杏割り器」がありました。「きや」という刻印があり、刃物の「木屋」製だと思います。
奥さんは紙袋に入れ、レンジにかけた銀杏が好きだし、今持っている銀杏割り器は使いにくいので、使っていないそうです。
野次馬さんの持っているののメーカーはどこですか?教えて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46404091

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏、たわわに!:

« 都心を走る変なバス | トップページ | 「越中・富山紀行」(番外編) »